« 伊予大洲城と桜(1) - 桜旅行(5) 愛媛県大洲市 | トップページ | 松山市 城山公園堀之内にて - 桜旅行(7) 愛媛県松山市 »

2012年4月16日 (月)

伊予大洲城と桜(2) - 桜旅行(6) 愛媛県大洲市

 

  加藤家13代で明治を迎えた大洲藩の藩庁であった大洲城は、維新後も20年に亘って地元民によって維持されてきましたが、天守だけは老朽化等によってやむなく取り壊されました。

しかし、それから100年以上の時を経て、2004年に天守が復元され、天守の喪失によって離れ離れになっていた高欄櫓と台所櫓が昔どおりに天守と連結されました。

 

  手前は高欄櫓。

Dsc04988

 

  上から見下ろした苧綿櫓(おわたやぐら)。

Dsc04999

 

  肱川(ひじかわ)橋と富士山。

  富士山も桜の名所となっています。

Dsc05002

 

  台所櫓から天守に入りました。

  観覧料は500円(中学生以下200円)。臥龍山荘との共通観覧料は800円(小人300円)です。

  入ると正面にお城と城下町の図。

Dsc05013

 

  高欄櫓の内部。

Dsc05015

 

  高欄櫓から台所櫓。

Dsc05016

 

  天守から高欄櫓。

Dsc05018

 

  天守から台所櫓。

Dsc05019

 

  天守から本丸の広場と肱川橋、富士山。

Dsc05023

 

  天守内。

Dsc05024

 

  左から高欄櫓、天守、台所櫓。

Dsc05032

 

  高欄櫓と西の方の風景。

Dsc05036

Dsc05037

Dsc05038

Dsc05045

 

  北側の川沿いの方に下りて天守を見上げたところ。

Dsc05048

 

  肱川を見下ろす北側には遊歩道や花見の場所が確保されています。

Dsc05051

 

  予讃線の橋梁のある西の方。

Dsc05052

 

  桜の木はまだ若くて細い感じがします。

Dsc05060

 

  堤防上にある苧綿櫓(おわたやぐら)

Dsc05065

Dsc05067

 

  東側の石垣。

Dsc05070

 

  苧綿櫓(おわたやぐら)のある堤防上に下りてお城を後にしました。

  そして肱川橋の南詰めすぐ南の商店街から肱川橋へ。

  大洲旧市内にやってきたときには、まず向こう側の本町二商店街を東へ向かい、おおず赤煉瓦館を訪れました。

  帰りは反対側から。

Dsc05079

 

  肱川橋の上から大洲城。

Dsc05080

 

  同じく肱川橋から。

Dsc05081

 

  午前中と同じように北側の対岸から。

  もう、この時間は逆光となっています。

Dsc05083

Dsc05094

 

  伊予大洲駅に戻ってきました。

Dsc04831

 

  伊予大洲駅の跨線橋から。

  松山までは特急「宇和海」を利用しました。

Dsc05115

  撮影 2012/04/07

|

« 伊予大洲城と桜(1) - 桜旅行(5) 愛媛県大洲市 | トップページ | 松山市 城山公園堀之内にて - 桜旅行(7) 愛媛県松山市 »

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊予大洲城と桜(2) - 桜旅行(6) 愛媛県大洲市:

« 伊予大洲城と桜(1) - 桜旅行(5) 愛媛県大洲市 | トップページ | 松山市 城山公園堀之内にて - 桜旅行(7) 愛媛県松山市 »