« 丸岡城の桜 - 福井県坂井市  | トップページ | 岡山市北区 庭瀬を散策(2) - 太鼓橋から足守川 »

2012年5月 1日 (火)

岡山市北区 庭瀬を散策(1) - 庭瀬城跡と撫川(なつかわ)城跡

 

  4月の初めに岡山から伊予大洲にかけて、桜を求めて旅をしてきましたが、岐阜から岡山に着いてまず訪れたのは今日紹介する庭瀬城跡と撫川(なつかわ)城跡でした。

両城跡は150~200mほどしか離れておらず、これは手ごろに訪れることができると最初は軽い気持ちで訪れました。

ところが、意外にも庭瀬の町全体が案内標識などで手軽に歩くことができるように整えられていて、ついついほぼ全体を歩いてしまいました。

その結果、岡山城や後楽園での滞在時間を切り詰めなければならなくなる羽目となってしまい、岡山での旅程がかなり窮屈なものになってしまいました。

両城跡のある庭瀬は岡山市北区に属しています。

 

  山陽本線庭瀬駅。

  岡山~倉敷間は伯備線の電車も運行されるので、運行頻度が高く、私も岡山からは伯備線の備中高梁行きで庭瀬駅にやってきました。

Dsc04570

 

  お城跡(陣屋跡)を中心に道標、常夜灯、神社仏閣がコンパクトに散策できます。

  この案内板が各ポイントにあって手助けになります。

Dsc04568

 

  庭瀬駅前の通り。北向きです。

Dsc04567

 

  駅前通りを北に少し歩いて西(左手に)に折れます。

  そのまま西の方に歩いて行くと庭瀬城跡に。

Dsc04571

 

  この案内表示が案内板と共に大変役に立ちます。

Dsc04574

 

     庭瀬城跡。

 

  この辺りで庭瀬城跡と撫川(なつかわ)城跡の関係に触れておかなければなりません。

両城はもともとは備中の三村氏が備前の宇喜多氏への備えに築城された一つの城で、羽柴秀吉の侵攻に対して毛利方の国境防備の城の「境目七城(冠山城、高松城、宮地山城、鴨庄城、日幡城、松島城、撫川城)」の一つとされています。

このとき撫川(なつかわ)城は落城して、その後は宇喜多氏の領有するところとなり、城は無城主となります。

これが、本能寺の変の1582年の話です。

その後、「宇喜多騒動(詳細は省略)」で宇喜多家から離れた重臣の戸川達安(たつやす/みちやす)が関が原の戦いでは東軍として戦い、その功で2万9千2百石の大名として立藩。

戸川達安は撫川(なつかわ)城の二の丸を中心として陣屋を設け庭瀬藩として一帯を治めました。

その陣屋を中心としたのが現在で言う庭瀬城跡となります。

戸川家庭瀬藩は4代目の安風が早世して廃絶、藩も一時廃藩となります(1679年)。

しかし戸川家宗家の名跡は安風の弟の達富が継ぐことを許され、5000石の旗本として存続して、知行地の陣屋をを撫川(なつかわ)城本丸跡に置き、これが現在の撫川(なつかわ)城跡となります。

庭瀬藩は廃藩の4年後に久世家が3年間治めて藩が復活、その後久世家は一代で移封、7年後に松平(藤井)家が入封して4年治めて移封、2年後の1699年に板倉家が2万石で入封。

この板倉家で庭瀬藩は確定して11代存続して明治に至ります。

Dsc04575

Dsc04577

Dsc04578

Dsc04580

Dsc04584

 

  さて、庭瀬城跡から西に150m~200mぐらい歩いて行くと撫川(なつかわ)城跡があります。

  もとの撫川城の本丸跡で周囲を掘に囲まれ、西側に石垣が残っており、東側には土塁がはっきりと残っています。

  こちらは本当にお城跡らしさが感じられます。

Dsc04589

 

  明治になって現在地に移築されたといわれる撫川(なつかわ)陣屋総門。

Dsc04590

 

  東には土塁跡が残っています。

Dsc04591

 

  撫川(なつかわ)城址公園。

Dsc04595

 

  同じく東にある土塁跡。

Dsc04593

 

  城址公園内にある三神社。

Dsc04598

 

  ちょうど桜が咲き始めの頃でした。

Dsc04596

 

  公園内西から東の方を。

Dsc04600

 

  門前から南面西の方を望んで。

Dsc04601

 

  南面西の石垣とお堀。

Dsc04602

 

  お堀越しにやはり南面の石垣。

Dsc04604

 

  西面の石垣。

Dsc04607

 

  南面(右)と西面(左)の石垣角。

Dsc04608

 

  西から全体を。

  このあと北へ向かい庭瀬を散策。

Dsc04609

  撮影 2012/04/06

|

« 丸岡城の桜 - 福井県坂井市  | トップページ | 岡山市北区 庭瀬を散策(2) - 太鼓橋から足守川 »

旅行・地域」カテゴリの記事

中国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山市北区 庭瀬を散策(1) - 庭瀬城跡と撫川(なつかわ)城跡:

« 丸岡城の桜 - 福井県坂井市  | トップページ | 岡山市北区 庭瀬を散策(2) - 太鼓橋から足守川 »