« 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(3) - 於大公園と緒川城主3代の墓 | トップページ | 大垣市(岐阜県大垣市)を散策(1) - 大垣城(改修後初めて訪れる) »

2012年5月24日 (木)

緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(4) - 乾坤院(けんこんいん)と水野氏墓地

 

  最後に水野氏とゆかりのある乾坤院(けんこんいん)を訪れました。

ちょっと古い町には必ず古刹、名刹があるのは、地方を探訪する上での楽しみです。

大抵、訪れてみて、おっと思うのが常です。

乾坤院は「室町時代中期の文明7年(1475)に緒川城の守護を目的に初代城主 水野貞守公の寄進によって、川僧慧済が開山した(乾坤院ホームページより)」お寺で、代々水野家の菩提寺でした。

水野家の4代の墓があります。

徒歩では緒川駅から15分から20分。

 

  県道24号線に面した乾坤院。

  於大公園の南入口の西にあります。駐車場があります。

Dsc05664

 

  総門。

  緒川新城の城門で緒川城の唯一の遺構。

Dsc05619

Dsc05618

 

  向こうに見えるのが山門。

Dsc05620

Dsc05614

 

  山門。

  HPでは創建当時は茅葺であったと書かれています。

Dsc05622

Dsc05624

 

  隣りに鐘楼があります。

Dsc05626

 

  本堂と左に座禅堂の示玄堂。

Dsc05630

 

  本堂と示玄堂の間を奥に進むと堅雄堂への階段があります。

Dsc05635

 

  建立した岡崎藩主だった水野忠善の家系には「天保の改革」を行った水野忠邦(ただくに)がいます。

  忠邦の時には唐津藩から浜松藩の藩主でした。

Dsc05634

 

  堅雄堂。

  この左手に水野忠政の墓があります。

Dsc05636

 

  水野忠政の墓。

  水野忠政は徳川家康の実母である於大の方の父親で、本拠を緒川城から刈谷城に移して三河に進出しました。

Dsc05641

 

  右から水野忠守、忠元、忠善の三代の墓。

Dsc05649

 

  三代の後ろにあるお墓は右から忠善の娘の実相院、

  水野忠善岡崎城主時代の家老職にあった水野三郎右衛門信英の墓、

  一番手前が忠守の子の水野守信の墓。

  水野守信は松平忠吉に仕え、子孫は代々尾張藩の家臣でした。

  Dsc05657

 

  乾坤院を後にして、於大公園を突っ切るようにして、近道をして役場の裏手にある公園の東入口に戻ります。

Dsc05665

Dsc05668

 

  細い路地を東に下り歩きます。

Dsc05670

 

  地蔵禅院。

Dsc05672

 

  地蔵禅院のすぐ東にある和菓子店の大黒屋。

Dsc05674

 

  地蔵禅院と和菓子店。

Dsc05676

 

  緒川駅から帰途につきます。

  武豊行きのキハ25普通2両編成。

Dsc05681

 

  名古屋行き区間快速のキハ25がやって来ました。

Dsc05694

  撮影 2012/05/10

|

« 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(3) - 於大公園と緒川城主3代の墓 | トップページ | 大垣市(岐阜県大垣市)を散策(1) - 大垣城(改修後初めて訪れる) »

旅行・地域」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(4) - 乾坤院(けんこんいん)と水野氏墓地:

« 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(3) - 於大公園と緒川城主3代の墓 | トップページ | 大垣市(岐阜県大垣市)を散策(1) - 大垣城(改修後初めて訪れる) »