« 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(4) - 乾坤院(けんこんいん)と水野氏墓地 | トップページ | 京都 相国寺(しょうこくじ)を訪れる(1) - 久し振りの京都散策 »

2012年5月29日 (火)

大垣市(岐阜県大垣市)を散策(1) - 大垣城(改修後初めて訪れる)

 

  戦後に鉄筋コンクリートで復元された大垣城でしたが、天守などの劣化が激しく、塗装などを中心に改修が行われて最近綺麗になったという話を聞いて、訪れてみました。

改修はすでに去年中(平成23年 2011年)には終了していました。

大垣城は1500年頃に築城されたものの、本格的な城郭に整えられるのは1560年に氏家直元が城主となってから。

1600年の関ヶ原の戦いの際には西軍の本拠地となったのは有名で、天守内の展示内容も関ヶ原の戦いとの関連付けによるものが多かったようでした。

大垣藩は1601年に石川康通が5万石で立藩、石川家は5万石で3代、その後(久松)松平家が2万石で2代、岡部家が5万石で2代、(久松)松平家6万石で1代、そして1637年に戸田氏鉄(とだ うじかね)が10万石で入って、明治まで11代、戸田氏が治めました。

 

  大垣駅。

Dsc05719

 

  駅の西側にある養老鉄道大垣駅。

Dsc05716

 

  この日は大垣城から芭蕉の「奥の細道結びの地」の船町公園を回りました。

Dsc05723

 

  駅前通りを南に歩いて行くと案内板が立っています。

Dsc05724

 

  駅前通りから西にすぐ、東門。

Dsc05726

 

  同じく東門。

Dsc05727

 

  東門の北にある艮隅櫓(うしとらすみやぐら)。

  天守、隅櫓いずれも外観復元。

  大垣城は1873年の廃城令により廃城となりますが、天守と一部が破却を免れ、1936年には天守等が国宝に指定されました。

  しかし、1945年(昭和20年)7月29日の大垣空襲で焼失してしまいました。

Dsc05728

 

  1959年(昭和34年)に鉄筋コンクリートで外観復元された大垣城天守。

  入城料は100円。

  郷土館と共通で150円。

  郷土館、守屋多多志美術館との三館共通で400円。

  休館日はいずれも火曜日です。

Dsc05732

 

  島原の乱当時の大垣城の縄張り図。

  戸田氏鉄が入城した頃で、氏鉄の大垣への入封は島原の乱での功とも言われています。

Dsc05734

 

  天守から伊吹山。

Dsc05741

 

  天守から東門。

Dsc05742

 

  西側の門から公園に出ました。

Dsc05745

Dsc05746

 

  北側に回り水之手門跡。

  右側に乾隅櫓、奥が天守。

Dsc05751

 

  乾隅櫓(いぬいすみやぐら)。

Dsc05752

 

  天守と乾隅櫓。西側の公園から。

Dsc05755

 

  戸田氏鉄(とだうじかね)の騎馬像。

Pict0052

 

  大垣市郷土館へ寄って、水門川に沿った「奥の細道結びの地」へ向かいます。

Dsc05762

  撮影 2012/05/14

|

« 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(4) - 乾坤院(けんこんいん)と水野氏墓地 | トップページ | 京都 相国寺(しょうこくじ)を訪れる(1) - 久し振りの京都散策 »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大垣市(岐阜県大垣市)を散策(1) - 大垣城(改修後初めて訪れる):

« 緒川(おがわ)城跡(愛知県東浦町)を訪ねる(4) - 乾坤院(けんこんいん)と水野氏墓地 | トップページ | 京都 相国寺(しょうこくじ)を訪れる(1) - 久し振りの京都散策 »