« 夏の旅行2012年(5) - 新発田市(新潟県新発田市)を散策 | トップページ | 夏の旅行2012年(7) - 甲府城(山梨県甲府市)(1) »

2012年8月31日 (金)

夏の旅行2012年(6) - 早朝の大月駅(山梨県大月市)と岩殿山城跡

 

  さて、新発田市を散策した後、一度新潟に帰り、件(くだん)のインターネットカフェにもぐり込み、仮眠をとったりネットで情報を得たりしながら深夜までゴロゴロ。

そして、新潟駅から夜行の臨時快速「ムーンライトえちご」で、今度は前日とは逆に新宿へ向かいました。

前日の新宿から新潟への車中は満席状態でしたが、今回の新潟から新宿へは殆んど空席状態で、睡眠も多少とれ、スッキリと新宿駅に降り立つことができました。

新宿着が5時10分で、この時間帯の西に向かう電車は各駅停車のみ。

東京始発の新宿発5時29分の各駅停車で高尾着6時27分、すぐに接続の大月行きで、大月着が7時5分でした。

大月では武田家の有力な家臣の小山田信茂の居城であった岩殿山城跡を見たくて、駅から東に歩いて中央線を跨ぐ陸橋まで行ってみました。

その後、同じ道を大月駅に引き返して、再び電車で西へ甲府に向かいました。

 

  富士急大月駅。

  河口湖行きが待機していました。

  実は、計画段階では河口湖へ行くというプランも考えましたが、時間的に少し窮屈になりそうで、今回は断念しました。

Dsc01184

 

  大月駅の誇線橋から。

Dsc01185

 

  同じく西の方。

Dsc01187

 

  富士急大月駅はJRの大月駅とはホームでも連絡していますが、入り口はこちら。

Dsc01190

Dsc01191

 

  こちらがJRの大月駅。

  後方に見えるのが岩殿山城跡の岩殿山です。

  夏は木々が繁茂していますが、冬に来てみると、その異様な岩山振りが良くわかります。

Dsc01192

 

  大月駅正面。

Dsc01193

 

  岩殿山。近づくように東に歩いてみました。

Dsc01198

 

  この麓あたりが登り口の筈です。

  こうして見るとそんなに高い山では無いですね。

Dsc01200

 

  陸橋の小さい網の目の柵から強引に写しました。

  E233系電車のようです。JR東日本の電車はまったく知識がありません。

Dsc01204

Dsc01210

 

  こちらは115系電車。

  新潟付近でも多く見られましたが、甲州、信州方面でもまだまだ主力電車のようですね。

Dsc01228

 

  岩殿山城跡の図。

  山梨県指定史跡で、その指定史跡名が「岩殿城跡」なので、このように岩殿城跡と表記されています。

Dsc01235

 

  大月周辺の観光図。

  今回の旅行では、山梨側からの富士山はほとんど雲に隠れていました。

Dsc01241

  撮影 2012/08/23

|

« 夏の旅行2012年(5) - 新発田市(新潟県新発田市)を散策 | トップページ | 夏の旅行2012年(7) - 甲府城(山梨県甲府市)(1) »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

今回はE233系など私にも馴染みのある光景です。
バブル時代には大月から東京に通う人もちらほらいて、私の周りでも2人が大月に住んでいました。
その時に大月には桃太郎伝説があるという話を聞きました。少し調べてみると、大月近辺には秦氏関係の地名が多く、製鉄と関係があると推測され、また大月市にある猿橋は渡来人技師が作ったという伝承があり、半島の影響が色濃く残されているようです。

それにしてもminoさんは体力がありますね。ネカフェもよく利用されるとのこと、コンピュータ持参で移動されているのでしょうか。

投稿: ddol | 2012年9月 1日 (土) 21時13分

大月はTVの「笑点」の小遊三(あってる?)師匠の故郷ぐらいの認識しか無かったのですが、以前にたまたま降りる機会があって、あの岩殿山を見てびっくり。それに、河口湖へ行く電車がここから出てるということも知って、これもまたびっくり。

半島の影響>これについては、常々思ってることですが、あまりにもこの手の話は多くて、金達寿が最初と思うのですが、日本人がまるで居ないように全てが起源は朝鮮半島、この印象付けは成功しましたね。

PC関係は持って歩いていません。カメラ関係の荷物で手一杯で、重量の70%はカメラ関係です。

投稿: mino | 2012年9月 1日 (土) 23時37分

大月が小遊三さんの故郷だというのは知りませんでした。大月は甲州街道の宿場ということもあり(ちなみに甲州街道は家から数分の所を走っています)、交通の要所だったそうで、交通情報で大月インターが毎日登場します。

金達寿>
眉に唾して読んでいたのですが、東京に出て来て日本古代史の研究者が意外と半島の影響を大きく評価していたことに驚いた記憶があります。ただし関東の場合は「コマ」系統の地名でしたが。
ネットなどでは現代の朝鮮語と古代日本語を簡単に結びつけて論じていることも多くて危険ですね。ご存知でしょうが、現代朝鮮語は新羅語起源とされていて、新羅語史料は数十の語彙しかないので、あまりにも無謀な企図です。
逆に日本も半島に影響を及ぼしているのではないかと思うのですが、この辺は妙なブライドがあるのでしょうね。

PC関係は持って歩いていません>
それではネカフェは単純に宿泊に用いるだけなのですね。
知人がフラッシュメモリを持ってネカフェに出入りしていて、ウイルスに感染したと大騒ぎしたてたものですから少し気になりました。

投稿: ddol | 2012年9月 3日 (月) 22時01分

現代の朝鮮語と古代日本語を簡単に結びつけて論じている>これは学問的に成立しないんですよね。分からないものを論じても無駄な訳なんですが、逆説的に言えばどんなことも言える、という訳でトンデモ論がまかり通るんですね。困ったもんです。

ネカフェでのパソコン利用は慎重にしてます。
パスワードを使用するようなサイトには行かないとか、履歴はすべて消去とか、当たり障りの無いサイトしか覗かないとか、気は使ってます。
それから、ネカフェは宿泊には用いません。
休憩の場所としては利用しますが、宿泊は殆んどビジネスホテルを利用します。

投稿: mino | 2012年9月 4日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅行2012年(6) - 早朝の大月駅(山梨県大月市)と岩殿山城跡:

« 夏の旅行2012年(5) - 新発田市(新潟県新発田市)を散策 | トップページ | 夏の旅行2012年(7) - 甲府城(山梨県甲府市)(1) »