« 夏の旅行2012年(8) - 甲府城(山梨県甲府市)(2) | トップページ | 夏の旅行2012年(10) - 小淵沢駅(こぶちざわえき 山梨県北杜市(ほくとし)) »

2012年9月 6日 (木)

夏の旅行2012年(9) - 甲府城(山梨県甲府市)(3)と長禅寺

 

  天守台あたりから北東(実際には東にあたる)に五重塔が見えたので、稲荷櫓から東に下り、踏切を北側に渡ってそのお寺に向かいました。

お寺は長禅寺という臨済宗の禅寺で、武田信玄の母親の大井夫人の供養像やお墓があります。

 

  城跡から外に出て、南を振り返って城跡東側の石垣。

Dsc01334

 

  踏み切りを北側に渡って東に線路沿って歩いて行きます。

  身延線特急の「ふじかわ」静岡行き。

Dsc01336

 

  途中から五重塔が見え、この門の前に。

Dsc01342

Dsc01345

 

  入り口が無くて、右手に大きく迂回して入りました。

Dsc01346

 

  東側から三重塔。

Dsc01353

 

  五重塔は境内の西の方にあります。

Dsc01355

 

  本堂の西、北を向いて入っていくと武田信玄の母親の大井夫人のお墓があります。

Dsc01360

 

  大井夫人のお墓。

Dsc01362

 

  本堂へは入れませんでした。

Dsc01374

 

  線路沿い(線路は少し高架になっている)から五重塔。

Dsc01377

 

  再び踏み切りを南側に渡ります。

Dsc01378

 

  城跡東側の石垣を見ながら城跡の南側に回りこみます。

Dsc01385

 

  南側にはお堀があります。

Dsc01387

Dsc01389

 

  南側から天守台。

  南側には市民の憩いの場としての広場や日本庭園などがあります。

Dsc01393

 

  そのまま西の方に歩いて振り返ったところ。

Dsc01395

 

  そして、舞鶴通りに面して鍛冶曲輪門があります。

  現在は舞鶴通りになっている、この南に大手門があったようです。

Dsc01404

 

  舞鶴通り越しにある県庁。

Dsc01402

 

  最初に城内に入った内松陰門を見ながら甲府駅に戻ります。

Dsc01406

 

  甲府駅から小淵沢行きに乗り、小淵沢から塩尻、中津川、名古屋と乗り継ぎ岐阜に帰りました。

  それぞれの駅撮りの写真はいずれまた。

  甲府駅にて。

Dsc01408

  撮影 2012/08/23

|

« 夏の旅行2012年(8) - 甲府城(山梨県甲府市)(2) | トップページ | 夏の旅行2012年(10) - 小淵沢駅(こぶちざわえき 山梨県北杜市(ほくとし)) »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

三重塔と五重塔が一緒にあるお寺は珍しいですね。興福寺くらいしか思いつきません。
三重塔は1978年、五重塔が88年創建だとのことで驚きです。バブルの頃、各地で大仏が建されたのが思い出されます。
ここは晴信が出家した所で、その際に「信玄」の法号を受けたそうで、有名なお寺なんですね。

下らないことですが、minoさんの写真から甲府は東京ガスの管轄であることを知り、新たな発見でした。

投稿: ddol | 2012年9月 8日 (土) 20時54分

両方とも新しいんですね。調べたんですがよく分かりませんでした。

以前、tera2さんが教えてくれたように、四国でもたくさん新しい塔ができているみたいですよ。
ひとつひとつ、しらみつぶしに訪れているのですが、どうも間に合いそうも無い様な速さで作られていきます。

興福寺>どちらも国宝なのに、三重塔には誰も訪れないので、いつも嘆いています。

甲府が東京ガス>なるほど、山梨県は東京からすぐですもんね。

投稿: mino | 2012年9月 8日 (土) 21時07分

晴信が出家した所>これは、不肖、気がつきませんでした^^;

投稿: mino | 2012年9月 8日 (土) 21時09分

四国でもたくさん新しい塔ができているみたいですよ。>
これは巡礼の関係なのでしょうか。
宗教法人は不況知らずのようで、家の近くに立正佼成会の本部がありますが、10年程前に数年がかりで大改築工事をして立派な建物になりました。信者以外にも一部を解放しているそうで、評判はいいようです。

三重塔には誰も訪れないので、いつも嘆いています。>
奈良は父の実家があり、毎年訪れます。三重塔は昔から人は少なかったです。商店街で食事と買い物をして猿沢池方面に向かうと、見逃されてしまうせいだと思います。遷都祭もあって徐々に観光客が増えてきているので、いずれ気付く人もでてくるのではないかと思います。
ただ商店街の食堂の味が落ちたのは残念です。

投稿: ddol | 2012年9月10日 (月) 21時51分

商店街の食堂の味が落ちたのは残念です>これについては、旅行をして必ずご当地グルメを試す人がいますが、私の場合全く興味が無くて、どちらかというとコンビニで済ますタイプなので、他人からはよく勿体無いと言われています。

邪推とは思うのですが、ご当地グルメって結構ぼったくってるんと違うかと思うほど高いんですよね。
それで、何と無く敬遠している自分が居ます。

但し、お土産については当地の名産、特に伝統的な和菓子などには目が無くて、他人様より自分のために買って帰ることがあります。

商店街の食堂とは少し異なる話でしたね^^;

投稿: mino | 2012年9月12日 (水) 03時28分

おいらは、年に3~4回しか旅行にいけないので(minoさんがうらやましい)、ご当地グルメも食べ、土産も買います。
どちらもたいていは、ぼったくりです^^;
この夏の終わりに松山に行き、鯛飯と一六タルトを買いました

投稿: tera | 2012年9月12日 (水) 04時42分

松山ですか。何回行っても飽きない町ですよね。

鯛飯は当地で食べたことありませんが、一六タルトは美味しいですね。
最近は栗タルトとかありますが、昔ながらの一六タルトが美味しいんですよね。少なくとも最初は普通の一六タルトを食すべきと思うんですが、これだけは好みですから。

昨日まで弘前を中心に旅行してきましたが、古い城下町にはそれぞれの美味しい銘菓があっていいですね^^。

投稿: mino | 2012年9月12日 (水) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅行2012年(9) - 甲府城(山梨県甲府市)(3)と長禅寺:

« 夏の旅行2012年(8) - 甲府城(山梨県甲府市)(2) | トップページ | 夏の旅行2012年(10) - 小淵沢駅(こぶちざわえき 山梨県北杜市(ほくとし)) »