« 弘前(青森県弘前市)へ旅行(7) - 快速「リゾートしらかみ」と津軽鉄道で太宰治記念館「斜陽館」へ | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行(9) - 弘南鉄道大鰐線(おおわにせん)中央弘前駅から弘前を離れる »

2012年9月20日 (木)

弘前(青森県弘前市)へ旅行(8) - 弘南鉄道で行く黒石市の「こみせ」通りと黒石城址

 

  二日目の弘前観光は、弘前市の周辺にある五所川原市金木(かなぎ)の太宰治記念館「斜陽館」と津軽家黒石藩の城下町(お城は無く、陣屋)である黒石市の古い町並みを訪れました。

 

  黒石津軽家は、本家の4代目藩主の信政が幼少であったため、3代目藩主の弟(信政からは叔父)の信英(のぶふさ)を後見人として5千石を分知したのが始まり。

黒石津軽家は交代寄合(江戸定府の旗本寄合に対して参勤交代を行う寄合)という旗本の家格でした。

しかし、1806年と1807年の文化露寇に対する幕府の北方警護に、津軽藩は他の東北諸藩と共に出兵して、その功に対して本家は4万6千石から7万石に加増されました。

この際に、黒石津軽家は本家から6千石を分知されて、ここに1万石で(当時黒石津軽家は4千石)黒石藩が立藩され大名家に列せられました(1809年)。

黒石藩の陣屋の御殿というか主屋は現在の市民文化会館あたりにあり、その南の御幸公園が馬場跡にあたるようです。

黒石城址の碑が御幸公園の南端に立っており、その南に空堀が遺構として残っています。

 

  そういえば青森までは新幹線で来る事ができるので、弘前は首都圏とは随分近くなったという事なんですね。

Dsc01995

 

  金木に行くまでの列車待ちの時間つぶしに、朝早くに津軽尾上(つがるおのえ)駅まで往復してきた弘南鉄道弘南線に再び乗ります。

  弘南鉄道弘南線弘前駅。

Dsc01997

 

  弘南鉄道のロゴ。

Dsc01999

 

  途中をすべてすっ飛ばして黒石駅。

Dsc02003

 

  車両は元東急の7000系だそうです。弘南鉄道でも7000系。

Dsc02005

 

  黒石駅。

  この日は日曜日で、後で知る事になりますが、これから訪れる「こみせ通り」では「黒石こみせまつり」が催されていました。

Dsc02011

 

  黒石の地図。

Dsc02010

 

  黒石駅前から東へ真っ直ぐ行きます。

Dsc02013

 

  赤いこの先100mは無視して、こみせ通りと指し示された右手へ。

Dsc02014

 

  偶然にも「こみせまつり」開催中で、人で賑わっていました。

Dsc02015

 

  伝統的建造物群に指定され、また通りは日本の道百選にも選定されいます。

Dsc02018

 

  雪の多い津軽ではの、今で言うアーケード付きの通路が多く残っています。

Dsc02019

Dsc02022

Dsc02026

 

  重要文化財高橋家住宅。

  江戸中期に建てられた黒石藩御用達の商家。

  主に米穀を扱い、味噌、醤油、塩などの製造、販売も扱っていたそうです。

Dsc02039

Dsc02040

Dsc02047

 

  通りを南側に抜けて、さらに南に向かいます。

Dsc02048

 

  途中の交差点を西方向の右に曲がると黒石市役所があります。

Dsc02049

 

  その南の方にある黒石神社。

  御祭神は黒石津軽家の祖である津軽信英(つがるのぶふさ)公。

  神社自身の創建は明治12年ですが、もともと公の廟所があった場所だそうです。

Dsc02050

 

  黒石神社の神門。

  神門は陣屋大手門近くにあった廟門を移築したもので、建築物の遺構としては唯一とか。

Dsc02054

Dsc02057

 

  御幸公園の南西隅にある黒石城址の碑。

Dsc02061

 

  幕末の黒石陣屋絵図。

Dsc02063

 

  公園を城址碑前から。

  見える建物が市民文化会館。

Dsc02064

 

  公園の南にある黒石陣屋遺構の空堀。

Dsc02065

Dsc02066

 

  黒石駅に戻り、これで弘前での二日間の観光は終りです。

Dsc02074

Dsc02075

 

  車両内の様子。

Dsc02076

 

  黒石城址の碑の前では大雨になり、隣りにあるコンクリートの東屋(あずまや)で雨宿りをしました。

  しかし、弘前駅に帰る途中から空模様は少し明るくなってきました。

  車窓から岩木山。

Dsc02077

  撮影 2012/09/09

|

« 弘前(青森県弘前市)へ旅行(7) - 快速「リゾートしらかみ」と津軽鉄道で太宰治記念館「斜陽館」へ | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行(9) - 弘南鉄道大鰐線(おおわにせん)中央弘前駅から弘前を離れる »

お城」カテゴリの記事

お祭り」カテゴリの記事

東北地方」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/55684944

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前(青森県弘前市)へ旅行(8) - 弘南鉄道で行く黒石市の「こみせ」通りと黒石城址:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/09/21 08:48) [ケノーベル エージェント]
弘前市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 08時48分

» 津軽へ(2) [東京西郊日誌]
「津軽へ」、第2回は弘南鉄道編。代々譲渡車を中心に運用されている弘南鉄道、現在は日本初のオールステンレス車である元東急の7000系が多数活躍しています。田園風景の中をのんびりと走る弘南線、弘前の市街地から大鰐の温泉町へと向かう大鰐線、今回どちらも全線完乗しました。写真は弘南線の終点、黒石駅に並ぶ7000系です。 >> 津軽へ「弘南鉄道」 <<...... [続きを読む]

受信: 2012年9月28日 (金) 19時02分

« 弘前(青森県弘前市)へ旅行(7) - 快速「リゾートしらかみ」と津軽鉄道で太宰治記念館「斜陽館」へ | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行(9) - 弘南鉄道大鰐線(おおわにせん)中央弘前駅から弘前を離れる »