« 急行「木曽路クルーズ号」で行く木曽路(2) - 木曽福島(「上の段」と福島関所跡と山村代官屋敷) | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(1) - 最上川沿いに新庄(山形県新庄市)へ »

2012年9月25日 (火)

急行「木曽路クルーズ号」で行く木曽路(3) - 奈良井宿(長野県塩尻市)

 

  急行「木曽路クルーズ号」で行く木曽路の最後は奈良井宿。

奈良井宿は現在では塩尻市に属します。

 

  名古屋を8時28分に出発した急行「木曽路クルーズ号」は9時37分に南木曽(なぎそ)駅着、南木曽発が11時45分で次の木曽福島着が12時12分。

そして木曽福島発が14時12分で最後の奈良井駅到着は14時29分でした。

 

  奈良井宿は駅前から町並みが延びていると言って良いほどで、すぐに町並みの中に入って行けます。

ただし、奈良井宿は規模が大きい。

写真を撮りながら15分歩いて、地図を見たらまだ真ん中あたり で、これは大きいと思いました。

 

  2時間の観光時間があった木曽福島駅を14時12分に出発しました。

Dsc02729

 

  17分で奈良井駅に到着。

  車両は回送されて行きます。

Dsc02730

 

  奈良井駅。

  改札を出てすぐに地図を頂きました。

Dsc02734

Dsc02782

 

  もう逐一説明は要らないと思います。

Dsc02738

Dsc02740

Dsc02742

 

  町並みから少し外れて本陣跡がありました。

Dsc02748

 

  街道が折れ曲がります。

Dsc02749

Dsc02750

 

  ここもそうです。水場が街道沿いにあります。

Dsc02752

Dsc02754_2

Dsc02756

Dsc02765

 

  駅前に戻って、駅前の坂を上ると神社や杉並木があります。

Dsc02767

 

  駅から100mなので、すぐです。

Dsc02768

 

  神社への石段の途中で右側に杉並木があります。

  昔の街道の雰囲気を偲ぶことができます。

Dsc02773

 

  すぐに二百地蔵の前に。

Dsc02776

 

  そして、八幡宮の裏から境内に入りました。

Dsc02778

 

  坂道の上から奈良井駅駅舎。

Dsc02781

 

  駅舎と奈良井宿。

Dsc02787

 

  帰りの時間になり車両が回送されて来ました。

  急行「木曽路クルーズ号」は特急「しなの」の増結用車両の383系4両で運用されています。

Dsc02791

 

  奈良井駅。

Dsc02798

 

  中津川発松本行き普通313系。

 

  こうして奈良井を16時21分に離れ、名古屋には18時34分に到着しました。

 

  今回は急行によるクルーズ型の旅行でしたが、やはり少々時間的に窮屈だったという感想を持ちました。

  しかし、もともとクルーズ型の旅行は時間に制限がある性質があり、それを承知の上での旅行なので、それを避けたいのであれば、自分でダイヤを組んで気ままな旅行プランで観光するのが良いと思います。

  これはこれで、けっこう楽しめました。

  また、値段上、急行であることが大変重要でした。

Dsc02803

  撮影 2012/09/22

|

« 急行「木曽路クルーズ号」で行く木曽路(2) - 木曽福島(「上の段」と福島関所跡と山村代官屋敷) | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(1) - 最上川沿いに新庄(山形県新庄市)へ »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急行「木曽路クルーズ号」で行く木曽路(3) - 奈良井宿(長野県塩尻市):

« 急行「木曽路クルーズ号」で行く木曽路(2) - 木曽福島(「上の段」と福島関所跡と山村代官屋敷) | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(1) - 最上川沿いに新庄(山形県新庄市)へ »