« 四国 徳島へ旅行(10) - 徳島駅から徳島線で阿波川島駅へ | トップページ | 四国 徳島へ旅行(12) - 四国からの帰り(1) 丹波篠山味まつり(兵庫県篠山市) »

2012年10月29日 (月)

四国 徳島へ旅行(11) - 阿波川島城(立派な模擬天守)

 

  徳島での最後の訪問地は吉野川市の阿波川島城。

川島城は1572年に三好家の家臣であった川島惟忠が、上桜城(うえざくらじょう)の篠原長房討伐で功があったとしてこの地を与えられ、上桜城に替えて築城しました。

篠原長房は三好家の重臣ですが、当時の三好家当主の三好長治に裏切りを疑われ、討伐にあいました。

その経緯については割愛します。

上桜城は川島城の南約1Kmの地にあるそうです。

 

  阿波川島駅。

  駅前の道を行くとすぐに突き当たり、それを右に折れて、地図から目算して400mぐらいで国道192号線に出ます。

Dsc03254

 

 

  旧川島町の町並みを歩いて行きます。

  もう交差点の横断歩道が見えていますね。

Dsc03255

 

  国道192号線に出ました。

  赤信号の向こうの鳥居は川島神社のもの。

  ここを上がってもよいですし、歩道橋の右手の道路を上がっても良いです。

Dsc03289

 

  吉野川市川島町城山とあります。

  歩道橋を渡って国道の向こう側へ。

Dsc03258

 

  歩道橋の上から。

  大きな城なので、遠くからもよく見えます。

  徳島線の列車から見えたのがきっかけでこのお城を知りました。

Dsc03257

 

  辺り一帯の案内図。

Dsc03277

 

  とても立派な模擬天守閣です。

  時間内でしたら自由に出入りできます。

  レストハウスがあると聞いていたのですが、管理人さんらしき人と遭遇した以外には人気(ひとけ)がまったくありませんでした。

Dsc03260

 

  敷地の西側から。

  こちらから入れます。

Dsc03264

 

  展望台から川島神社。

Dsc03267

 

  いつものように余湖くんのお城のページからの引用です。

Kawasimatokraf

Dsc03276

 

  この写真はWikiの上桜城(うえざくらじょう)の記事から拝借したもので、上桜城西の丸あたりから見える川島城です。

  写真の左端、吉野川が見えなくなるあたりに川島城模擬天守が見えます。

800pxuesakura04

 

  天守から吉野川。

Dsc03268

Dsc03273

 

  川島神社。

  川島神社は大正5年の吉野川改修工事の際に、移転を余儀なくされた浮島八幡宮を中心として、旧川島町内の神社の多くの神々を合祀して、この城山に創建された神社だそうです。

Dsc03280

Dsc03283

 

  国道192号線に面して立っている鳥居まで下り、もと来た道を阿波川島駅に戻りました。

Dsc03287

 

  前回の記事であげた阿波池田発徳島行き普通1200型。

Dsc03300

 

  徳島線穴吹駅にて。

  直近の列車が穴吹行きでしたので、穴吹駅で後続列車を待ちました。

  この後、阿波池田まで行き、阿波池田から琴平、琴平乗り換えで高松に向かい、高松東港からのジャンボフェリー深夜便であくる早朝に神戸港に着きました。

Dsc03315

  撮影 2012/10/13

|

« 四国 徳島へ旅行(10) - 徳島駅から徳島線で阿波川島駅へ | トップページ | 四国 徳島へ旅行(12) - 四国からの帰り(1) 丹波篠山味まつり(兵庫県篠山市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

以前、「なんちゃって建物」の話でふれたけど、日和佐にも立派な天守閣のあるお城がありました。
徳島には、模擬天守つきのお城が多いのかなあ?

>篠原長房は三好家の重臣ですが、当時の三好家当主の三好長治に裏切りを疑われ、討伐にあいました。

三好元長・長慶父子や長治は、三人衆や松永弾正、あるいは信長とも絡み合い、中原の鹿を追ってたわりには影が薄いねえ。NHK大河で、やってほしいです^^

投稿: tera | 2012年11月 3日 (土) 05時18分

徳島には、模擬天守つきのお城が多いのかなあ?>必ずしも徳島だけでは無いとは思います。墨俣にもありますしね。
何も無いよりは、というのが地元の人の思いなんでしょう^^;

三好氏は調べていると、なかなか面白いですね。
なんといっても長慶が41才で亡くなってしまったのは三好家にとっては悲運でした。
また、三好氏が江戸期までにほぼ滅亡状態でしたから、影が薄くなってしまった印象を与えるんでしょうね。
松永、三好三人衆の印象も悪いのもあるかなあ、とも。

投稿: mino | 2012年11月 4日 (日) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国 徳島へ旅行(11) - 阿波川島城(立派な模擬天守):

« 四国 徳島へ旅行(10) - 徳島駅から徳島線で阿波川島駅へ | トップページ | 四国 徳島へ旅行(12) - 四国からの帰り(1) 丹波篠山味まつり(兵庫県篠山市) »