« 四国 徳島へ旅行(1) - 大阪四天王寺へ寄り道(1) | トップページ | 四国 徳島へ旅行(3) - 大阪四天王寺へ寄り道(3) »

2012年10月16日 (火)

四国 徳島へ旅行(2) - 大阪四天王寺へ寄り道(2)

 

  三日間の予定の徳島への旅程の内、一日目は大阪で過ごし、四天王寺を訪れました。

今回は五重塔の中を登ったり宝物館を拝観したりと、ゆっくり見て回りました。

四天王寺はご存知の通り聖徳太子開基のお寺ですが、現在の四天王寺は戦災にあったこともあり、中心伽藍と呼ばれる部分は戦後にコンクリートで再建された新しいものばかりです。

ただし古い由緒あるお寺なので、さすがに国宝や重要文化財等の宝物が多く、宝物館などでそれらを拝観することができます。

また、建築物もコンクリート作りの中央伽藍を除けば、鳥居を含めて7点の建物が重要文化財に指定されています。

 

  西から鳥居をくぐって境内に入ります。

  この石鳥居は1294年に建てられ、重要文化財に指定されています。

Dsc02837

 

  石鳥居から境内に入ると西大門(極楽門とも)があります。

Dsc02840

 

  西方浄土の方向をのぞむということで西大門は極楽門とも言われます。

Dsc02844

 

  西大門を内から。

Dsc02849

 

  西重門から中心伽藍に入ります。

  中心伽藍の拝観料は300円です。

  また中心伽藍の東にある宝物館は500円、本坊の庭園が300円です。

Dsc02846

 

  中心伽藍は北から講堂、金堂、五重塔、中門と直線に並んでいます。

  写真は手前から金堂、五重塔、中門です。

Dsc02855

 

  そして、こちらが講堂です。

  内部は撮影禁止で写真はありません。

Dsc02857

 

  金堂の東から見える「あべのハルカス」。

Dsc02858

 

  東重門ごしに聖霊院。

  聖霊院は宝物館の南に隣接しています。

Dsc02861

 

  中門と「あべのハルカス」。

Dsc02862

 

  中心伽藍の出入り口である西重門から北に行くと北鐘堂(きたがねどう)があります。

Dsc02863

 

  北鐘堂のすぐ北東には石舞台と六時礼讃堂。

  石舞台の左右下には「亀の池」があり、実際にたくさんの亀がいます。

Dsc02864

 

  石舞台、六時礼讃堂いずれも重文。

  石舞台では毎年4月22日に聖徳太子を偲んで(旧暦4月22日は聖徳太子の命日)「聖霊会の舞楽(しょうりょうえのぶがく)」が舞われます。

Dsc02867

 

  中心伽藍の東側に回り込み宝物館へ。

  東重門の北から五重塔と「あべのハルカス」。

  「あべのハルカス」は何処からでも眺めることができますね。

Dsc02870

 

  宝物館へ。

Dsc02872

 

  宝物館も、もちろん撮影禁止です。

Dsc02874

  撮影 2012/10/12

|

« 四国 徳島へ旅行(1) - 大阪四天王寺へ寄り道(1) | トップページ | 四国 徳島へ旅行(3) - 大阪四天王寺へ寄り道(3) »

近畿地方」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国 徳島へ旅行(2) - 大阪四天王寺へ寄り道(2):

« 四国 徳島へ旅行(1) - 大阪四天王寺へ寄り道(1) | トップページ | 四国 徳島へ旅行(3) - 大阪四天王寺へ寄り道(3) »