« 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(9) - 富山にて(6) 富山から高岡へ移動 | トップページ | 四国 徳島へ旅行(2) - 大阪四天王寺へ寄り道(2) »

2012年10月15日 (月)

四国 徳島へ旅行(1) - 大阪四天王寺へ寄り道(1)

 

  去年までの「【鉄道の日記念JR全線乗り放題きっぷ】が今年は衣替えをして【秋の乗り放題パス】になり、価格は一日あたりの単価が2500円と大幅に安くなり三枚つづりで7500円となったものの、三日間連続の利用が条件となり、利便性といういう意味では完全に改悪となりました。

また、一度に利用できる人数は一人と限定され、これによって2~3人でグループ旅行というのが不可能となってしまい、多くの人、特に中高年でグループ旅行を楽しみにしていた人々が排除されてしまいましたね。

また、連続3日間で旅行日を購入時に指定というのも著しく利便性を損ねました。

 

  とはいえ、全国のJRを1日2500円で乗り放題というのは魅力的で、つい今回の改悪を残念と思いながらも利用してしまいました。

 

  さて、今回の目的地は久しく訪れていなかった徳島です。

90年代には四国へのルートが和歌山港から小松島港への南海フェリーを利用していた関係で、徳島へは数多く行っています。

その後、四国へのルートを神戸から高松へのジャンボフェリーに切り替えてからは、徳島へは少々ご無沙汰になっていました。

南海フェリーについては、四国側の港が徳島港に変更になって以後、深夜便は連絡バスの関係で徒歩旅行者にとっての利用がほぼ不可能になり、まったく利用することは無くなりました。

 

  第一日目は関西、特に大阪天王寺駅界隈を歩くつもりではあったのですが、いろいろ迷って奈良経由で天王寺駅に入るという奇妙な展開となり、天王寺もしくは阿倍野界隈というよりも、四天王寺をピンポイントで訪れただけという結果になりました。

 

  夕方以降に神戸三ノ宮へ移動して、予め調べておいたインターネットカフェで夜11時過ぎまで暇つぶし。

深夜、神戸港を1時発のフェリーで高松へ向かいました。

フェリーは大変な混雑でフロアにゴザを敷いて寝る乗客が出る始末でした。

普段は余裕の船室なんですが・・・。

 

  奈良駅にて。

  京都から奈良線「みやこ路快速」221系で奈良へ来ました。

Dsc02813

 

  旧奈良駅駅舎。

  現在は観光案内所として現役。

  一時(随分昔の話ですが)取り壊しの話がありましたが保存されて良かったですよね。

Dsc02816

Dsc02817

Dsc02818

 

  奈良駅からは「大和路快速」で天王寺駅へ。

  天王寺駅の東口に出ました。

Dsc02821

 

  交差点の歩道橋は取り壊されたと聞いていましたが、新しい歩道橋を工事中でした。

Dsc02822

 

  谷町筋沿いの北側からの「あべのハルカス」。

  まだまだ工事中でした。

  手前のJR天王寺駅のステーションビルはずっと昔から変わっていません。

Dsc02826

Dsc02827

 

  駅から谷町筋の北への歩道は、そのまま四天王寺への参道と言って良く、お寺さんの参道に有りがちなお店などが並んでいます。

Dsc02828

 

  このまま「道なり」に行くと、自然に谷町筋から離れて四天王寺の前に出ます。

Dsc02833

 

  振り返ると「あべのハルカス」が聳え立っています。

Dsc02834

 

  門前に出ました。

  正門は南側ですが、徒歩で来る参拝者はなんとなくここから入ります。

  お寺さんなのに鳥居がありますが、日本ではあまり気にならないところ。

  神仏習合の名残ですね。

  塔巡りも好きで色々見ていますが、逆に神社に三重塔や多宝塔があったりすることも珍しくありません。

Dsc02836

  撮影 2012/10/12

|

« 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(9) - 富山にて(6) 富山から高岡へ移動 | トップページ | 四国 徳島へ旅行(2) - 大阪四天王寺へ寄り道(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

近畿地方」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国 徳島へ旅行(1) - 大阪四天王寺へ寄り道(1):

« 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(9) - 富山にて(6) 富山から高岡へ移動 | トップページ | 四国 徳島へ旅行(2) - 大阪四天王寺へ寄り道(2) »