« 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(3) - 米沢から米坂線で坂町、そして新潟から富山へ | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(5) - 富山にて(2) 富山地鉄 南富山駅から稲荷町駅を経て電鉄富山駅まで »

2012年10月 4日 (木)

弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(4) - 旅行最終日 富山にて(1) 富山城址公園

 

  富山での観光が6日間の旅行の最後となりました。

最初の二日間は岐阜から名古屋、フェリーで仙台、仙台から高速バスで弘前へと、もっぱら移動に費やし、観光は3日目からの実質4日間となりました。

弘前と弘前周辺で2日間、手違いで終日の鉄道旅となってしまった実質の3日目、そして、最後の訪問地は富山としました。

富山を観光後の夕方には高岡市に移動して、高岡駅前から高速バスで岐阜へ帰り、全ての旅程を終えました。

 

 

  現在、富山駅は北陸新幹線建設に伴う駅と駅周辺の工事が行われています。

 

  まず、駅の観光案内所で「富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ」 800円(子供400円)を購入しました。

  「富山まちなかきっぷ」にはもう一種類、「富山まちなか・八尾フリーきっぷ」 1200円(子供600円)があります。

  フリーエリアは両きっぷ共通の「富山地鉄市内線全線、富山地鉄:電鉄富山~南富山、地鉄バス 富山駅前から270円区間」と「富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ」は「富山ライトレール全線」、「富山まちなか・八尾フリーきっぷ」は「地鉄バス 富山駅前~八尾鏡町」の区間です。

Dsc02263

 

  富山地方鉄道市内電車の2系統(南富山~大学前)と3系統(環状線)で南へ向かうと県庁前、丸の内へ。

  市電のうち最も古い デ7000形。

Dsc02266

 

  富山駅前電停。

  手前が2系統の大学前行き デ7000形。

  もう一つの1系統は富山駅前~南富山駅前の路線です。

Dsc02269

 

  富山駅前電停にて。

  2系統の大学前から南富山駅前行きの電車。

  T100形(SANTRAM サントラム)。

Dsc02277

 

  荒町電停にて。

  交差点を西へ歩いて行けば富山城の前。

Dsc02281_2

 

  もう一度大学前行きで富山駅前電停を経て丸の内電停へ。

  少し勘違いをして荒町電停で下りてしまいました。

  荒町電停にて デ8000形。

Dsc02285

 

  丸の内電停で降りて、富山城址公園を散策します。

Dsc02286

 

  加賀藩第2代藩主の前田利常(初代藩主利長の弟)が隠居するとき、次男利次に富山10万石、三男利治に大聖寺7万石の分封を幕府に願い出て許され(1639年)、富山藩が成立しました。

  以後、富山前田家は13代、明治まで富山藩を治めました。

Dsc02290

 

  現在の富山城は1954年に建造された模擬城です。

Dsc02292

 

  石垣とお堀は現存遺構ですが、天守の存在は不明で、現在の天守は模擬です。

Dsc02298

 

  東側に回り込むと富山城唯一の現存建築遺構である千歳御殿の正門が移築された千歳御門があります。

Dsc02306

 

  城内は工事中でお城は閉館中でした。

Dsc02313

 

  千歳御門を入って右手の方に佐藤記念美術館があります。

Dsc02312

 

  富山藩第2代藩主の前田正甫(まえだまさとし)像。

  「富山売薬を広めたお殿様」として富山市民に親しまれています。

Dsc02322

 

  城址公園の北側には県庁があります。

Dsc02326

 

  南の正面から城外に出ます。

Dsc02318

 

  天守閣の前の国際会議場前電停。

  3系統の環状線の電停です。

  デ9000形(CENTRAM セントラム)。

Dsc02332

Dsc02337

Dsc02348

 

  国際会議場前電停から環状線に乗り、西町電停で南富山駅前行きに乗り換えます。

  デ9000形車内。

Dsc02350

 

  西町電停にて北に向かう デ8000形。

  電車の右に見える電停から南に向かって南富山駅前行きに乗り換えます。

Dsc02353

 

  西町電停から北方向への西町電停の T100形(SANTRAM) 3系統の富山駅前行き。

Dsc02356_2

  撮影 2012/09/11

|

« 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(3) - 米沢から米坂線で坂町、そして新潟から富山へ | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(5) - 富山にて(2) 富山地鉄 南富山駅から稲荷町駅を経て電鉄富山駅まで »

北陸地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(4) - 旅行最終日 富山にて(1) 富山城址公園:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/10/05 08:48) [ケノーベル エージェント]
弘前市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年10月 5日 (金) 08時48分

« 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(3) - 米沢から米坂線で坂町、そして新潟から富山へ | トップページ | 弘前(青森県弘前市)へ旅行 その後(5) - 富山にて(2) 富山地鉄 南富山駅から稲荷町駅を経て電鉄富山駅まで »