« 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(1) - 近鉄名古屋から特急で | トップページ | 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(3) - 談山神社の紅葉(2) »

2012年11月27日 (火)

近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(2) - 談山神社の紅葉(1)

 

  桜井駅南口を9時45分発のバスで談山神社に25分ほどで到着して、バスは待っていたお客さんを数人収容してすぐに駅に折り返して行きました。

 

  談山神社(たんざんじんじゃ)の祭神は大化の改新で有名な藤原鎌足(ふじわら の かまたり)で、神社は鎌足の死後の678年に鎌足の墓をこの地に移し、十三重塔を建立したのが発祥とされています。

現在見ることができる建築物は再建された建物ですが、多くが重要文化財に指定されています。

談山神社と言えば十三重塔が有名ですが、この塔は室町時代の1532年の再建によるもので、やはり重要文化財に指定されています。

 

  桜井駅南口行きのバスが下っていきます。

Dsc04055

 

  談山神社のホームページから借用した境内と周辺地図。

  無断で借りたものなので、不都合があれば削除をいたします。

 

  駐車場の内、バス停は一番左手の駐車場にあります。

  談山神社へは右手に一度階段を下りて鳥居の前の正面入口にでるか、反対に左から西入口へでるかの二通りの道があります。

  神社からの帰りには、西入口からのなだらかな道である左手からバス停に戻る方が楽です。

  右手の道は急な階段がありますから、帰りは上りとなり少々つらいです。

Map1

 

  取り敢えずは右手の急な階段を下りて鳥居前の参道を行くことに。

  階段の上り口。

Dsc04189

 

  階段を下りて参道の方に。

Dsc04190

 

  上の写真を左に曲がります。

  左手にはお店と多武峰(とうのみね)観光ホテル、右手に紅葉一杯の境内。

Dsc04188

 

  参道から境内の紅葉と石灯籠。

Dsc04059

 

  脇にはこんな由緒ある石灯籠がありました。

Dsc04060

Dsc04061

 

  やはり、参道から。

Dsc04063

 

  鳥居のある正面入口から入りました。

  拝観受付があり、大人500円でした(小人250円、小学生未満無料)。

Dsc04064

Dsc04066

 

  石段を少し登って途中から下を。

Dsc04073

Dsc04074

 

  石段を左から。

Dsc04079

  撮影 2012/11/25

|

« 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(1) - 近鉄名古屋から特急で | トップページ | 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(3) - 談山神社の紅葉(2) »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(2) - 談山神社の紅葉(1):

« 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(1) - 近鉄名古屋から特急で | トップページ | 近鉄で談山神社(たんざんじんじゃ 奈良県桜井市)を訪れる(3) - 談山神社の紅葉(2) »