« 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(1) - 北陸線で福井へ | トップページ | 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(3) - 永平寺を参拝 »

2012年11月20日 (火)

「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(2) - 「えちぜん鉄道」と京福バスで永平寺へ

 

  岐阜駅を9時前の電車で出発して大垣、米原、近江塩津、敦賀乗り換えで福井駅には12時26分の到着でした。

すぐに「えちぜん鉄道」の乗り場に向かいましたが直近の勝山行きは12時56分。

取り敢えず1日乗車券800円を購入して出発しました。

 

  電車にはアテンダントさんが同乗していて、永平寺行きのバスの連絡時間を尋ねたところ、たまたま1分しか連絡時間が無い電車ということが分かり、これでは写真も撮れないと少々焦りました。

それでも親切なアテンダントさんにバスと電車の連絡時刻表を頂き、これを目安にして帰りは永平寺口駅で無事写真を撮ることが叶いました。

ところで「えちぜん鉄道」のアテンダントさんというと「ローカル線ガールズ」という本が話題になりました。

アフィリエイトで紹介しているのでは無いのであしからず。

 

  永平寺駅前から永平寺までのバスの所要時間は12分、運賃は410円(小人210円)でした。

ただ、残念だったのはバスの乗客が往きも帰りもたった3人だったことです。

2002年に東古市駅(現 永平寺口駅)~永平寺駅間が廃止されたのは必然だったのかも知れません。

  「えちぜん鉄道」の前身は京福電気鉄道で、半年間で2度に渡る電車同士の衝突事故を起こし、営業休止で収支が悪化しての廃止に追い込まれ、その後、第三セクターでの存続となり、2003年に現在の「えちぜん鉄道」に譲渡されました(設立は2002年でこの時点で永平寺線は廃止となりました)。

この2度の電車衝突事故は新聞やTVでも報道されて、私も当時の記憶が残っています。

 

  「えちぜん鉄道」福井駅にて。

  勝山行きの単行電車。

Dsc03654

 

  途中の車窓から。この辺りはまあまあの天気でした。

Dsc03656

 

  永平寺口駅に到着。

  福井からの所要時間は便によって異なりますが25分前後です。

Dsc03657

 

  急いでバスに向かいながらの写真。

Dsc03658

 

  12分で永平寺バス停に。

  バスによっては門前まで行くバスもあります。

  門前まで乗り入れるのは永平寺・東尋坊線のバスで、いずれにしても永平寺口駅前を経由します。

Dsc03660

 

Dsc03661

 

  バス停から門前まで緩い坂道を5分ぐらい歩きます。

Dsc03662

 

  門前の永平寺の石碑の前での記念写真は人気のようです。

Dsc03664

 

  こちらが入口。

  正門で龍門とも呼ばれているそうです。

  勅使門まで真っ直ぐに伸びています。

Dsc03668

 

  門内に入る前に門前で、邪魔な観光バスと紅葉。

Dsc03669

Dsc03670

 

  門内に足を踏み入れます。

Dsc03673

 

  すぐに左手に通用門があります。

  ここが拝観受付になります。拝観は500円です。

Dsc03678

 

  いきなり通用門には入らず、周辺を散策してみました。

  六角の形状の報恩塔(納経塔)。

  新しい塔で1996年(平成八年)の建立です。

Dsc03679

 

  参道の正面にある勅使門(唐門)。

Dsc03682

 

  永平寺川に沿って上流に歩いてみました。

Dsc03687

 

  上流にある寂光苑。

  その中の道元禅師少年期の姿の「稚髪像(ちはつぞう)」。

Dsc03691

 

  際限が無いので永平寺川を戻ります。

Dsc03694

 

  先ほどの通用門から拝観へ。

Dsc03681

 

  大体の周辺図。

  唯一、京福電鉄永平寺線は廃止されて今は存在しません。

Keidai

  撮影 2012/11/18

|

« 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(1) - 北陸線で福井へ | トップページ | 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(3) - 永平寺を参拝 »

北陸地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(2) - 「えちぜん鉄道」と京福バスで永平寺へ:

« 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(1) - 北陸線で福井へ | トップページ | 「えちぜん鉄道」で晩秋の永平寺(福井県永平寺町)へ(3) - 永平寺を参拝 »