« 初冬の京都 嵯峨野を散策(5) - トロッコ嵐山駅から大河内山荘、竹林の道を経て野宮(ののみや)神社へ戻る | トップページ | 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(2) - 二見浦にて(1) »

2012年12月24日 (月)

二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(1) - 伊勢鉄道と快速「みえ」で二見浦(ふたみのうら)駅へ

 

  久し振りに三重県の鳥羽方面へ観光に行ってきました。

目的は三つで、一つ目はその後の鳥羽城跡、二つ目があんなに有名な二見浦(ふたみがうら)の夫婦岩をまだ見たことが無かったので二見浦へ、そして最後に帰りは伊勢湾フェリーで対岸の伊良湖へ渡って豊橋経由で岐阜まで帰ってくるというものです。

結論から言いいますと、鳥羽城跡は以前となんら変化が無く、唯一、本丸の天守跡の推定地の場所が移動していたぐらいです。

 

  朝早くに岐阜駅を出発して、名古屋駅から亀山行き普通に飛び乗って四日市まで。

この時点でまだ名古屋発の快速「みえ1号」が追い付いてきていないので、四日市から伊勢鉄道の列車で津まで行くことにしました。

その列車が途中で「みえ」に追い抜かれることは無いとは思いましたが、念のため運転手さんに聞いてみたところ、伊勢鉄道の時刻表で確認して頂いただけでなく、親切にもついでにその時刻表も頂きました。

運転手さん本当にありがとう御座いました。

ということで、津からは数分の待ち合わせで快速「みえ1号」に乗り換え、二見浦駅(ふたみのうらえき 駅名は「ふたみのうら」)まで乗車。

 

  四日市駅 切り欠きの3番線が伊勢鉄道の発着番線。

Dsc04748

 

  伊勢鉄道の気動車車内。

Dsc04754

 

  南四日市駅にて。

  新宮発名古屋行き特急「ワイドビュー南紀2号」 キハ85系の後部。

Dsc04756

 

  河原田駅の手前、四日市の工業地帯を望んで。

Dsc04757

 

  伊勢鉄道河原田駅にて。

  JRの河原田駅は地上にあり、跨線橋で両ホームは連絡しています。

Dsc04758

 

  地上に見えるのが亀山方面とのJR関西本線。

Dsc04760

 

  鈴鹿サーキット稲生(いのう)駅にて対向車と。

Dsc04762

 

  津駅の一つ手前の東一身田(ひがしいしんでん)駅にて。

  ここから西方向(少し斜め北)に約1kmの距離には真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)があります。

  そして、さらに少しの距離に紀勢本線一身田(いしんでん)駅。

  逆に東一身田駅から東方向(少し斜め南)に500m~600mの距離に近鉄高田本山駅があります。

  専修寺と3つの駅は以前に記事にしました。

Dsc04768

 

  津駅の1番線に到着。

  伊勢鉄道区間内の河原田~津間の運賃は490円。

Dsc04772

 

  JR線の西隣には近鉄の津駅があります。

  手前は特急車両を改造した団体専用の「クラブツーリズム」専用列車「かぎろひ」。

Dsc04774

 

  津駅で快速「みえ1号」に数分の待ち合わせで乗り継ぎする予定が、列車が数分遅れているとアナウンス。

  そのうちに反対側から亀山行きの普通キハ11が到着しました。

Dsc04777

 

  3分ぐらいの遅延で鳥羽行き快速「みえ1号」キハ75形 4両編成が到着。

Dsc04789

 

  伊勢平野を快調に飛ばします。

Dsc04790

 

  多気駅で紀勢線から分岐して参宮線に入ります。

Dsc04791

 

  最近は快速「みえ」も4両編成が普通になりました(2011年春からは定期列車はすべて4両編成となりました)。

Dsc04792

 

  二見浦(ふたみのうら)駅にて。

  降車客は私も含めて2名。

  無人駅なので車掌さんが切符を回収します。私は青春18切符を提示。

Dsc04799

 

  二見浦駅(ふたみのうらえき)駅舎。

  駅前にはお店一つ無い寂しさ。

  参道を進むに連れて旅館、ホテル、お店が多くなっていきます。

Dsc04806

  撮影 2012/12/20

|

« 初冬の京都 嵯峨野を散策(5) - トロッコ嵐山駅から大河内山荘、竹林の道を経て野宮(ののみや)神社へ戻る | トップページ | 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(2) - 二見浦にて(1) »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(1) - 伊勢鉄道と快速「みえ」で二見浦(ふたみのうら)駅へ:

« 初冬の京都 嵯峨野を散策(5) - トロッコ嵐山駅から大河内山荘、竹林の道を経て野宮(ののみや)神社へ戻る | トップページ | 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(2) - 二見浦にて(1) »