« 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(5) - 鳥羽城跡 | トップページ | 鳥羽(三重県鳥羽市)にて - 明けましておめでとうございます »

2012年12月31日 (月)

二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(6) - 伊勢湾フェリーで伊良湖へ

 

  二見浦から鳥羽城跡を回り、最後は伊勢湾フェリーで対岸の渥美半島伊良湖へ海を渡る55分の船旅を楽しんでみました。

鳥羽から豊橋までは豊橋鉄道の「豊橋・鳥羽割引きっぷ」2000円(子供1000円)を利用しました。

鳥羽では伊勢湾フェリーの切符売り場で購入することができます。

ちなみに伊勢湾フェリーの旅客運賃は片道1500円です。

車や自動二輪、自転車等の運賃は伊勢湾フェリーのホームページで

この切符は伊勢湾フェリー1乗車分と豊橋鉄道の新豊橋~三河田原間の渥美線、豊橋駅前~伊良湖岬間のバス路線(豊橋鉄道のバス)が利用対象となります。

伊良湖岬からのバスは16時以後は豊橋駅前まの直通は無くなるので、三河田原駅で鉄道線の渥美線電車に乗り換えて新豊橋駅まで行くことになります。

 

  三の丸広場から南にトンネルをくぐり終えたあたりで見える伊勢湾フェリー乗り場。

Dsc05038

 

  中之郷駅国道42号線沿いから。

Dsc05049

 

  駅南にある踏切から。

Dsc05043

 

  国道42号線を海側から。

Dsc05051

 

  鳥羽水族館前バス停から旧鳥羽小学校。

Dsc05052

 

  鳥羽水族館の本体は中之郷駅とバス停から少し北にあります。

  フェリー乗り場は見えている信号を右に曲がります。

Dsc05053

 

  フェリーターミナルビル前から鳥羽城跡の旧鳥羽小学校。

Dsc05054

 

  フェリー乗り場のゲート。

  左右の外側が喫煙コーナーとなっています。

Dsc05057

 

  喫煙コーナーから。フェリーが到着しました。

Dsc05055

 

  そして出港。

  右手に坂手島を見ながら北側に回りこみ東に向かいます。

Dsc05062

Dsc05070

 

  途中で伊良湖発のフェリーとすれ違います。

Dsc05079

 

  西日の中去って行くフェリー。

Dsc05087

 

  やがて神島が見えてきます。

  鳥羽市に属しますが距離的には伊良湖に近い。

  三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となったことで知られています。

  「潮騒」の映画化は現在まで5回を数えますが、我々の年代は何と言っても吉永小百合の「潮騒」(第2作)でしょうか。

  それでも見ることができる年齢には達していなかったので(多分親同伴で無いと駄目)観ていません。

  山口百恵が第4作、第5作が堀ちえみですね。

Dsc05094

 

  やがて伊良湖岬が見えてきました。

Dsc05103

 

  防波堤に囲まれた伊良湖港に入ります。

Dsc05113

 

  伊良湖での下船は車と一緒です。

Dsc05119

Dsc05121

 

  伊勢湾フェリーは3隻で運航しています。

  この日は平日でしたので2隻での運用。

Dsc05125

 

  道の駅と同居のターミナル。

Dsc05130

 

  乗船してきたフェリーが鳥羽へ出港して行きました。

Dsc05133

 

  寂しいバス停。

  乗客は私一人でした。

Dsc05137

 

  数分遅れで渥美病院前行きバスがやって来ました。

  豊橋鉄道渥美線の三河田原駅前で下車して電車に乗り換えます。

  ここでカメラを収めました。

Dsc05140

  撮影 2012/12/20

|

« 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(5) - 鳥羽城跡 | トップページ | 鳥羽(三重県鳥羽市)にて - 明けましておめでとうございます »

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

フェリー、船、バス、航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(6) - 伊勢湾フェリーで伊良湖へ:

« 二見浦、鳥羽を観光、その後伊勢湾フェリーで伊良湖へ(5) - 鳥羽城跡 | トップページ | 鳥羽(三重県鳥羽市)にて - 明けましておめでとうございます »