« 長崎市を観光(9) - 市内観光(6) 出島(史跡 出島和蘭商館跡) | トップページ | 長崎市を観光(11) - 長崎市電(長崎電気軌道)アラカルト(1) »

2013年1月20日 (日)

長崎市を観光(10) - 市内観光(7) 平和公園と浦上天主堂

 

  長崎市の観光で最後に訪れたのは浦上(うらかみ)エリアの平和公園と浦上天主堂でした。

実は長崎駅に近い日本二十六聖人殉教地を最後に訪れる予定でしたが、駅の時刻表の表示を見ているうちに失念してしまい、そのまま長崎駅を後にしてしまいました。

ということで、長崎市内の観光のお話は今回で終わりです。

長崎は、以前にも書きましたが、とても1日半くらいで回りきれなくて、行きそびれた場所を随分と残したまま長崎を離れる事になりましたが、また機会があれば訪れたいと考えています。

 

  「出島」電停付近。

Dsc05820

 

  「出島」電停を離れます。

  「出島」電停から「赤迫行き」で一気に平和公園の最寄の電停である「松山町」へ。

Dsc05823

 

  すぐに「長崎駅前」。

Dsc05825

 

  さらに北に向かいます。

Dsc05826

 

  「浦上(うらかみ)駅前」電停。

Dsc05829

 

  「松山町」電停にて。ここで降車。

  「松山町」電停の前で専用軌道になります。

  西側は長崎本線の高架。

Dsc05834

 

  「松山町」電停から「赤迫」方向。

Dsc05835

 

  電停から東の大通りの交差点の北東角に平和公園への入り口があります。

Dsc05838

 

  噴水の向こうに平和祈念像が見えます。

Dsc05839

 

  天候は一向に良くも無く悪くも無くで変わりません。

Dsc05841

 

  平和祈念像。

  韓国からの団体観光客の十数人とその他という、公園の広さからは少し寂しい感じ。

  冬というのもありますね。

Dsc05843

 

  右手に行きます。

Dsc05849

 

  浦上天主堂が遠望できます。そんなに遠い距離ではありません。

Dsc05853

 

  天主堂への入り口。

Dsc05856

 

  大きな天主堂です。

Dsc05859

 

  天主堂への坂の途中、左側に原爆で被災した像等が陳列されていました。

  残念ながら誰も気づくことなく天主堂に入ってしまいます。

Dsc05862

 

  1981年の日本訪問を記念して設置された、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世の胸像。

Dsc05866

 

  拝観料は無料です。

 しかし志を設置してある箱に入れておくのが良いと思います。

  神社仏閣のおさい銭のように思えば良いですし、寄付と思っても自由です。

  堂内を観覧させて頂いたお礼としてでも良いです。感謝の気持ちがあるかどうかです。

Dsc05870

 

  天主堂出入り口前の交差点の下り坂の道路をを道なりに行くと、先ほどの平和公園の入口のある「松山町」電停の東の交差点に出ることができます。

Dsc05872

 

  再び市電に乗って「長崎駅前」電停に帰って来ました。

  しばらく駅前の高架広場のベンチでぼんやりと時間を過ごしました。

  この時点でもう日本二十六聖人殉教地のことを忘れています。

Dsc05874

 

  最初の予定では16時21分長崎発の特急「かもめ34号」で肥前山口まで行き、そこで普通電車に乗り換える予定でした。

  しかし、この時点で14時32分発の諫早(いさはや)行き普通電車に間に合うということで急遽乗ることに。

  諫早からは、やはり特急「かもめ」で肥前山口まで行くことになりました。

  諫早行き普通817系2両編成と博多行き特急「かもめ28号」787系。

  長崎駅にて。

Dsc05875

  撮影 2013/01/05

|

« 長崎市を観光(9) - 市内観光(6) 出島(史跡 出島和蘭商館跡) | トップページ | 長崎市を観光(11) - 長崎市電(長崎電気軌道)アラカルト(1) »

九州地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

コメント

>拝観料は無料です。しかし志を設置してある箱に入れておくのが良いと思います。

うんうん、とても同感です。でも、最近のお寺(特に京都、奈良や大阪の一部も)は、寺域に入るのさえも拝観料をとる。特定の場所(宝物殿とか)でとるならわかるけど、お金を払わないとお寺に入れないというのは、どういうことなんや。
お寺が一方的に決める拝観料は、喜捨=宗教的行為なんか。宗教的行為に税を課さないということには理解できるけど、サービス料金としか思えない拝観料に消費税すら課さないのは、とても不思議です。

次は、少し前のコメントね
長崎市を観光(8)より
>長崎市内観光の二日目、朝一番に向かった先は崇福寺(そうふくじ)で、市電の1日乗車券を買い求めたり、朝の長崎駅の写真を撮ったり、「正覚寺下(しょうかくじした)」電停から八坂神社に寄り道をしたりと・・・

崇福寺、八坂神社の少し南に行くと清水寺があって、清水寺を少し上ると大浦慶のお墓があります。長崎を一望できる墓所です。
清水寺には、聖天さんを祀ってるお堂があって、とても色っぽい歓喜天像があるらしいんやけど見れなかったわ^^;(ガネーシャね)。これもお慶さん関連です。大阪では箕面と生駒にもあるんやけど、これも見れない^^;

投稿: tera | 2013年1月23日 (水) 05時56分

拝観料に消費税すら課さないのは>確かに。
以前、京都のお寺さんが揉めてたのは何でしたっけ?
やはり、拝観料の問題ではなかったですか?

大浦慶のお墓>白石一郎さんですね。
清水寺>崇福寺と距離的にはそんなに変わらないですね。
長崎は興味が尽きないです。また、お金と暇ができたら行ってみたいです。
ついでに平戸も、もう一回行ってみたいですね。

投稿: mino | 2013年1月24日 (木) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市を観光(10) - 市内観光(7) 平和公園と浦上天主堂:

« 長崎市を観光(9) - 市内観光(6) 出島(史跡 出島和蘭商館跡) | トップページ | 長崎市を観光(11) - 長崎市電(長崎電気軌道)アラカルト(1) »