« 長崎市を観光(8) - 市内観光(5) 眼鏡橋と諏訪神社 | トップページ | 長崎市を観光(10) - 市内観光(7) 平和公園と浦上天主堂 »

2013年1月18日 (金)

長崎市を観光(9) - 市内観光(6) 出島(史跡 出島和蘭商館跡)

 

  長崎市内観光は前日の大浦天主堂とグラバー園からオランダ坂周辺、二日目は崇福寺、眼鏡橋、諏訪神社と回りお昼前には出島を訪れました。

出島は鎖国下の日本において唯一西洋への窓とも言うべき役割を果たしていた対オランダ貿易が行われていた場所で、オランダの商館が置かれていました。

日本人との接触を制限し、オランダ人を隔離した状態に置くことを目的として出島が造られ、原則として日本人の公用以外の出入りは禁止されました。ただし諏訪神社が造営され祭礼の「長崎くんち」が始められると中国人と共にオランダ人も桟敷席での観覧が許された(Wikiより)そうです。

1996年から長崎市によって出島の復元が進められ、2016年に向けて本来の出島の出入り口であった正門の出島表門橋も復元予定だそうです。

現在は海からの出入り口であった水門がメインゲートとなっています。

 

  「諏訪神社前」電停から一度「長崎駅前」電停に戻り、出島へ向かう電車に乗り換えます。

Dsc05728

 

  「諏訪神社前」から「築町」電停乗り換えで「出島」に行く方法もありますが、トンネルをくぐる路線を見たかったので一度長崎駅前まで乗ってみました。

  「長崎駅前」電停にて。

Dsc05732

 

  「出島」電停と出島西側メインゲート。

Dsc05818

 

  復元された水門。

  現在では周りは埋め立てられてしまいました。

Dsc05741

 

  マスコットキャラクターの「さるくちゃん」と出島の碑。

  「さるく」とは長崎弁で「うろつきまわる」という意味だそうですが、間違って「ぶらぶら歩く」と使用されているのが現状とか。

Dsc05742

 

  出島の南西側の土塀沿いを走る市電の路線。

  向こうが「築町(つきまち)」電停。

  乗り換えて右手に行くと大浦天主堂とグラバー園です。

Dsc05734

 

  水門からの西側メインゲートから入場。

  一般500円、高校生200円、小・中学生100円。

Dsc05744

 

  手前が復元ゾーンで東側が交流ゾーンとなっています。

Dsc05745

 

  復元ゾーンには当時の商館長のカピタン部屋や日本側の実務役人の乙名部屋(おとなべや)等が復元、再現展示がされています。

Dsc05749

Dsc05750

Dsc05751

 

  商館長のカピタン部屋のある建物と出島乙名(おとな)の住居。

Dsc05764

 

  乙名部屋(おとなべや)の一部内部。

Dsc05763

 

  現在、復元されている出島の部分図。

Dsc05754

 

  ここからは交流ゾーン。

  旧石倉。安政の開国後に作られた石造りの倉庫の西半分を1956年に復元したもの。

Dsc05771

 

  復元された表門。

  現在は表門橋は無く、門のみとなっています。

Dsc05790

 

  現在も発掘作業と復元整備事業が行われています。

  2016年に6棟が完成予定。

Dsc05770

 

  旧長崎内外クラブ。1903年に建築、一部改修されています。

Dsc05792

 

  旧出島神学校。1878年の建築で一部改修。

Dsc05787

 

  上記二棟の反対側の中島川沿いにある公園。

Dsc05774_3

Dsc05775

 

  当時の出島の絵図からミニチュアの出島を展示。

Dsc05780

Dsc05783

 

  中島川。

Dsc05801

 

  中島川の東の方向。

  ここに表門橋を復元という予定。

Dsc05803

 

  柵の向こう側が復元ゾーン。

Dsc05791

 

  西側メインゲートの水門から出ました。

Dsc05794

 

  復元された南側護岸石垣の横を市電が「築町」電停に向かいます。

  結構なスピードで走ります。

Dsc05807

 

  「築町」から南側護岸石垣の横を走り大通りに出て「出島」電停へ。

Dsc05811

 

  午後1時前に最後の(結果的に最後となった)目的地の浦上方面に市電で向かいました。

Dsc05822

  撮影 2013/01/05

|

« 長崎市を観光(8) - 市内観光(5) 眼鏡橋と諏訪神社 | トップページ | 長崎市を観光(10) - 市内観光(7) 平和公園と浦上天主堂 »

九州地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市を観光(9) - 市内観光(6) 出島(史跡 出島和蘭商館跡):

« 長崎市を観光(8) - 市内観光(5) 眼鏡橋と諏訪神社 | トップページ | 長崎市を観光(10) - 市内観光(7) 平和公園と浦上天主堂 »