« 法隆寺と斑鳩の里を散策(1) - 「ぽっくり往生の寺」吉田寺(きちでんじ)の多宝塔 | トップページ | 法隆寺と斑鳩の里を散策(3) - 藤ノ木古墳から「西里のまちなみ」を歩いて法隆寺西大門へ »

2013年3月 9日 (土)

法隆寺と斑鳩の里を散策(2) - 龍田神社から斑鳩町役場を経て藤ノ木古墳へ

 

  法隆寺駅北口からほぼ西の方向に1キロ半ぐらい、時間にして20分ぐらいでしょうか、途中は住宅地を歩くので少し面白味に欠けますが、そんな距離に「ぽっくり寺」の吉田寺(きちでんじ)があります。

吉田寺ではお目当ての多宝塔を見て、さらに吉田寺から北に行くと龍田神社があります。

そして龍田神社前の古道を東に歩いていくと国道25号線と合流して斑鳩町役場の正面へと至ります。

この役場の東側の道を北に取ると藤ノ木古墳があります。

 

  吉田寺前の道路を北に行くと国道25号線。

  信号を北に横断して振り返ったところ。

Dsc07209

 

  路地のすぐ向こうに常夜灯と鳥居が見えます。

Dsc07211

 

  龍田神社。

  法隆寺の鎮守社として創建され(元々の社名は「龍田比古龍田比女神社」)、明治の神仏分離令で龍田大社(奈良県三郷町)の摂社となり、大正11年に独立した経緯のある神社です。

  式内社で旧社格は県社でした。

Dsc07212

 

  社殿はまだ歴史が浅そうな雰囲気です。

Dsc07217

 

  西側に金剛流発祥之地の碑があります。

Dsc07218

Dsc07220

Dsc07221

 

  西日の当たる社殿と大楠。

  西日で明るい風景です。

Dsc07223

Dsc07224

 

  「金剛流発祥之地」碑の横にあるソテツの巨樹。

Dsc07225

 

  先ほどの大楠は大明神として祭られています。

Dsc07227

Dsc07228

Dsc07229

 

  鳥居前のおそらく古道であろう道をさらに東へ向かいます。

Dsc07232

 

  東の方へ。

  電柱、電線は日本の風景として多少諦め気味です。

Dsc07233

 

  国道25号線と合流。

Dsc07234

 

  斑鳩町役場正面。

Dsc07235

 

  役場の東側の道路を左(北)へ。

Dsc07237

 

  途中、右へ行くと斑鳩文化財センターがあります。

  現在は藤ノ木古墳関係の展示がメインのようです。

  拝観料については触れられていないので無料?。

  時間も無いのでそのまま直進。

Dsc07238

 

  藤ノ木古墳に。

Dsc07256

  撮影 2013/03/06

|

« 法隆寺と斑鳩の里を散策(1) - 「ぽっくり往生の寺」吉田寺(きちでんじ)の多宝塔 | トップページ | 法隆寺と斑鳩の里を散策(3) - 藤ノ木古墳から「西里のまちなみ」を歩いて法隆寺西大門へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺と斑鳩の里を散策(2) - 龍田神社から斑鳩町役場を経て藤ノ木古墳へ:

« 法隆寺と斑鳩の里を散策(1) - 「ぽっくり往生の寺」吉田寺(きちでんじ)の多宝塔 | トップページ | 法隆寺と斑鳩の里を散策(3) - 藤ノ木古墳から「西里のまちなみ」を歩いて法隆寺西大門へ »