« 桜旅行 津山と岡山 2013 (3) - 津山城(岡山県津山市)の桜(2) 三の丸から二の丸へ | トップページ | 桜旅行 津山と岡山 2013 (5) - 津山城(岡山県津山市)の桜(4) 本丸、天守台 »

2013年4月 9日 (火)

桜旅行 津山と岡山 2013 (4) - 津山城(岡山県津山市)の桜(3) 二の丸から本丸へ

 

  まず、いつもの余湖くんのお城のページからの引用図です。

料金所から入ると真っ直ぐ上の三の丸東南部にある旧藩校の建物の鶴山館前に上がりました。

そして三の丸から二の丸への表中門跡から階段を上り、二の丸入り口の四足門跡に達したのが昨日までの記事でした。

この後、備中櫓の下の二の丸を西に向かい、天守台跡の西側にまで回りこみましたが、その先が下りになり、これでは出口に下り切ってしまうと感じて、もと来た方向に戻り、切手門を経て本丸への表鉄門跡から本丸に入りました。

今日は本丸への入口である表鉄門跡(おもてくろがねもんあと)までの様子です。

Tuyamatyo

Dsc08233

 

  四足門跡付近の二の丸石垣の上から。下が表中門跡。

  左に上る階段が四足門へ、向こうの階段の上には昨日紹介した「美作忠魂碑(みまさかちゅうこんひ)」があります。

Dsc08266

 

  三の丸の南側部分を見下ろして。

Dsc08267

 

  鶴山館のある三の丸東南部の方向。

Dsc08268

 

  二の丸から本丸にある備中櫓を見上げて。

Dsc08269

 

  二の丸の南西部。

Dsc08276

 

  下の三の丸を見下ろして。

  帰りはこの下から見上げることになります。

Dsc08277

 

  二の丸南西部を東から。

Dsc08279

 

  同じ二の丸南西部を北から。

  津山駅のある方向です。

Dsc08285

 

  天守台跡の下西側の二の丸。

  このまま北へ下り坂になっていくので引き返しました。

Dsc08286

 

  備中櫓の下を東に向かいます。

Dsc08290

Dsc08275

 

  本丸石垣の下を東へ。

Dsc08295

 

  切手門跡へ。

Dsc08297_2

 

  切手門跡右手。

Dsc08298

 

  切手門跡の上から振り返ったところ。

Dsc08301

 

  上の写真の左手の石垣。

  弓櫓跡です。

Dsc08303

 

  弓櫓跡から。

Dsc08311

 

  本丸への入口の表鉄門跡へ。

Dsc08312

 

Dsc08314

Dsc08319

 

  表鉄門跡(おもてくろがねもんあと)から本丸に入ります。

Dsc08322

  撮影 2013/04/04

|

« 桜旅行 津山と岡山 2013 (3) - 津山城(岡山県津山市)の桜(2) 三の丸から二の丸へ | トップページ | 桜旅行 津山と岡山 2013 (5) - 津山城(岡山県津山市)の桜(4) 本丸、天守台 »

中国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

え~、おいらは4月5日広島、6日に岡山・倉敷にいました。桜が満開で、車中(といっても自動車ですが^^;)からみた、山々に咲く花はきれいでした。

消息を絶っていた親父(の奥さん)から連絡があり、病状が思わしくないということなので、岡山に。四半世紀ぶりの対面なんやけど思ったより元気。なぜか備中高梁に住んでるとのこと、松山城や高梁川水運、山田方谷の話で盛り上がり^^
ついでにと思い、対面の前日に訪れた広島の牡蠣がいけなかったのか、帰りに立ち寄った難波の居酒屋が悪かったのか、食あたりを患い、コメント無理でした^^;
ddolさん、kyonさん、t2さん、お腹こわさなかった?

投稿: tera | 2013年4月10日 (水) 06時17分

久しぶりです。いつもながら素敵な写真ばかりですね。僕もたまに写真をとりますが、いつも誰かが写っています。まあ人が写っていてもいいのですが、できれば風景だけの写真を撮りたくて、いなくなるのを待ったりします。アングルとか、露出とかいろいろ考えながら撮っておられるのでしょうね。桜は散って、新緑がきれいです。そんな写真も期待しています。
teraさん、僕はお腹大丈夫ですよ。お父さんのことは、そういうことだったんですね。帰ってからネットでリーマン予測を調べました。オイラーは18世紀、リーマンは19世紀の人なんですね。すごい人たちです。

投稿: T2 | 2013年4月10日 (水) 09時07分

teraさん、岡山はちょうどお互いに入れ違いでしたね。私は津山、岡山に4月4日にいました。

備中高梁に住んでいらっしゃるとは!!
以前にお城とか紺屋町?の町並みとか行きましたよ。
親子で高梁川水運の話というのも面白いですね^^
いえいえ、私も関心があります。たしか河口の玉島に領地を持っていて、そこから瀬戸内海にとか言う話は聞いたことがありますね。
でも、お元気でよかったのでは!!

T2さん、お久しぶりです。

アングルとか、露出とかいろいろ考えながら撮っておられるのでしょうね。>
<そんな難しい芸当はできません、数撃ちゃ当たる形式です^^;

できれば風景だけの写真を撮りたくて、いなくなるのを待ったりします。
<そうですね。私も同じです。

四人で難波で会っていたのですね^^
T2さんが大丈夫だったと言うことは牡蠣のせいですね。。。!

投稿: mino | 2013年4月10日 (水) 10時19分

土曜日は雨の中、みなさんありがとうございました。おかげで楽しい時間を過ごしました。
私もお腹は大丈夫でしたが、まだ慣れていないせいで、一駅電車を乗り越してしまいました。

数撃ちゃ当たる形式です^^;>
これはkyonさんの領域ですが、Googleの翻訳機能も同じで、構文解析による翻訳ではなくサーバーに大量の例文を蓄積しておいてそれを参照しながら訳文を作るそうです。

また韓国のサイトで申し訳ありませんが、津山城の古写真です。
ttp://www.kjclub.com/kr/exchange/photo/read.php?tname=exc_board_14&uid=6037&fid=6037&thread=1000000&idx=1&page=75&number=3757
上から「津山城古写真、津山城古写真2、現在の津山城跡」

投稿: ddol | 2013年4月10日 (水) 19時01分

ddolさん、

構文解析による翻訳ではなくサーバーに大量の例文を蓄積しておいて<これはサーバーの容量が大きくなくてはできないですね。
昔では考えられませんでした。

コンピューターの囲碁や将棋が強くなったのは記憶容量が大きくなったことも関係しているのでしょうね。

リンクありがとうございます。
リンク先のように、実は津山城は古写真が残っていて、天守の様子も分かっているんですよね。
備中櫓は再建されましたが、津山城の天守は立派過ぎてもう木造では困難ではないかとも思われますが、消防法と建築基準法での縛りがあって、どこも木造での再建は苦労しているようです。

資料の有無でも国からの補助の割合が異なりますから、どこも資料の提供を広く一般に呼びかけていますね。

投稿: mino | 2013年4月11日 (木) 07時08分

昔では考えられませんでした。>
コンピューターの囲碁や将棋が強くなったのは記憶容量が大きくなったことも関係しているのでしょうね。>
約20年前にIntelがPentiumを発表した時、昔のOffComを越えたと騒がれたように記憶しています。その後はMPUの処理にD-RAMが追いつけないと騒がれたりして、Intelは大したものです。
コンピュータが強くなったのは、ハードウエアの能力向上もあるでしょうが、ソフトウエアの改善が進んだことが大きいのではないでしょうか。昔、IBMのコンピュータとロシアのチェス名人の対決の時、IMBはアルゴリズムの改善に尽力してようやく勝てたという記事を読んだことがありました。
それにしてもパソコンで動画を見ることができるなど誰も想像できませんでした。

脈絡もなくまた日経の記事です。
「大阪の地下鉄、相互乗り入れなぜ少ない?」
ttp://www.nikkei.com/article/DGXNASJB2004J_R21C12A2AA2P00/
「新幹線の線路を阪急が走った 京都の鉄道秘話」
ttp://www.nikkei.com/article/DGXNASFK09027_Z00C13A4000000/
今回は私の方がまったく地理感がありません。

投稿: ddol | 2013年4月12日 (金) 19時21分

コンピュータが強くなったのは、ハードウエアの能力向上もあるでしょうが、ソフトウエアの改善が進んだことが大きいのではないでしょうか。<なるほど、そうですね。

リンク先の記事も面白かったです。ありがとうございました。

まず、電気の取り方が異なれば無理ですね。
大阪地下鉄が第三軌条であることは知っていたので、というより名古屋と異なっていたことで知っていたのですが、それでなるほどと思いました。
最初は線路の幅かなと思ったんですが、よく考えたら関西ではほとんどの大手私鉄は標準軌ですね。
狭軌は近鉄南大阪線や道明寺線、奈良県の小さな線(覚えていない)ぐらいでしょうか。
三重県に行くと狭軌より狭い近鉄線があったりして。
一度、行ってみないと廃止されてしまう可能性もあるので、計画しています。

京阪の三条駅地上時代は知ってますよ。
川の上に駅があるような雰囲気でした。

それから京阪と阪急の話ははじめて知りました。
このあたりはteraさんが阪急について詳しいですからご存知かもしれないですね。

投稿: mino | 2013年4月13日 (土) 05時24分

名古屋の市営地下鉄は架線、第三軌条両方式がありました。何かの勘違いでした^^;

投稿: mino | 2013年4月13日 (土) 08時59分

昔、IBMのコンピュータとロシアのチェス名人の対決の時、IMBはアルゴリズムの改善に尽力してようやく勝てたという記事を読んだことがありました。>
申し訳ありません。勝因はソフトのバグだそうです。

IBM元開発者「チェス王者にスパコンが勝てたのは、バグのおかげ」
ttp://wired.jp/2012/10/03/deep-blue-computer-bug/

それから数学とコンピュータに関して
「数学の研究にコンピューターを用いるべきか?」:学会を二分する問いについて
ttp://wired.jp/2013/04/09/computers-and-math/
これは以前話題になった科学の話と、T2さんのリーマン予測ともすこしかすっているのではないでしょうか。

三重県に行くと狭軌より狭い近鉄線があったりして。>
近鉄は買収に買収を重ねたので短い路線が多く、線路幅はさまざまだと、猪瀬直樹が書いていました。個人的には道明寺線をよく利用させてもらっていますが、廃止された路線も多いようですね。

京阪の三条駅地上時代は知ってますよ。>
逆に私は地下は知りません。それとminoさんの記事を読むまでは、京阪は三条が終点だと思っていました。

投稿: ddol | 2013年4月13日 (土) 18時46分

>四人で難波で会っていたのですね^^
うんうん、minoさんのブログのオフ会や。ブログの話で盛り上がったで^^

>たしか河口の玉島に領地を持っていて
さすがよく知ってるなあ。玉島は、鞆や室と並ぶ北前船の重要な寄港地ということは知ってたんやけど、備中松山藩の港で備北の鉄製品の集荷地という話は、病室での会話で知りました。高梁では、やはり山田方谷、とのことやったわ。

>京阪三条
京大にいく時は、終点の三条で降り、歩いて行った記憶が。

>コンピュータと人間
そら、記憶容量とデジタルというその性質やろね。あとは、演算速度と検索アルゴvs直観や社会性の勝負。おいらは、マーケットで日々苦労してます^^
でも、最も規制が厳しい(国家というかアメリカがでてくる)のは、暗号と思います。T2さんのリーマン予想関連やね。

投稿: tera | 2013年4月14日 (日) 05時53分

ddolさん、teraさん、

コンピューターが人間の手を離れるというのは近いんでしょうか?
しかし、人間はそれを許さないでしょうね。
この問題は、少し具体的場面が異なりますが、手塚治虫の「鉄腕アトム」の中で、すでにロボットの反乱という形で提議されていますし、洋画では繰り返し取り上げられる題材ですよね。

山田方谷>なるほど。他の地方の人では知りえない話ですね。
玉島の領地の話は城下の武家屋敷の係員の方から聞きました。

京阪三条駅>風情のある駅でした。
特に夏場の夕方などは鴨川と疎水?からの川風が心地よい駅で、それでも暑いんですけど^^;

京大にいく時は、終点の三条で降り、歩いて行った記憶が。>そうですね、ちょうど北にあたりますね。

投稿: mino | 2013年4月14日 (日) 07時39分

京阪電車は出町柳が終点です。出町柳からは叡山電鉄が走っています。なかなか趣のある電車です。
出町柳は降りたらすぐ下鴨神社で、鴨川と高野川が合流します。ここを見るといつもteraさんに紹介してもらった小説『鴨川ホルモー』を思い出します。
それから出町柳のふたばという店のまんじゅうはおいしいです。
リーマン予想ですが、複素数という数字がからんできます。
数字は普通二乗するとすべてプラスになります。
これが当たり前で、実際ある数字なので実数と言います。
ところが数学者は当たり前にはいつも満足しません。
二乗してマイナスになる数字があってもいいではないかと想定します。
これが虚数で、二乗するとマイナスになる数字で、ありえない数字です。
複素数は実数+虚数で表します。
数学者はありえないことを真剣に考え抜きます。
そこがすごいですね。
交じらない直線を平行線と呼ぶのに、本当に平行線は交じらないのかと真剣に考えて、交じっても何の矛盾もないことを証明してしまいます。ご存じの非ユークリッド幾何学です。
こういう生活に直接役に立たない思考、何の有効性もない思考がすごい結果を生み出すのが嬉しいですね。
数学者の決まり文句の「美しい」というのもこのあたりにあるのではと思っています。

投稿: T2 | 2013年4月14日 (日) 23時17分

>それから出町柳のふたばという店のまんじゅうはおいしいです。
そうやったな。T2さんは、この辺は毎週通ってるんやね。
ふたばの豆餅やろ。上の娘の高校の同級生がここでアルバイトしてるんや。家庭教師ならいっぱいあるのに、豆餅の方がいいんやと^^

minoさん。先週の飲み会で何故か数学の話で盛り上がってしまってね。以前、NHKスペシャルで見た「ポアンカレ予想」と「リーマン予想」から話が。
数学者や物理学者の成果が、思わぬところで現実や未来とつながるかもしれないという話しとともに、「美しい」とはなんやということで。
ある種の人達(まあ、おたく^^)しか感じられない「美しさ」がこの世にはある。人間活動の不思議さを思いました。

「リーマン予想」つながりで、おいらの関心は、数学者のジョン・ナッシュ。経済の世界ではゲーム理論で有名な人。普通の経済学の前提とされている「パレート均衡」(資源の効率的配分みたいな話)とは違う均衡点を論証したことでで有名な人なんや(数学的な話しなので、おいらにはさっぱりわからないけどね^^;)。
ナッシュは統合失調症を患るんやけど、映画「ビューティフル・マインド」は、面白く、美しかったわ。

>しかし、人間はそれを許さないでしょうね。
ロボット工学の三原則やね。
でも、ロボットが、人間的な感情を獲得したように見える段階になると、ロボットを「殺せない」かも。

投稿: tera | 2013年4月15日 (月) 05時20分

T2さん、ありがとう!!
リーマン予想の説明が簡潔で解りやすかったです。
ウィキなんか読んでもイマイチ問題の核心がつかめなくて、
T2さんの説明ではその全体像のなかでのリーマン予想が簡潔に解説されていて、素人の私にはとても分かりやすかったです。

叡山電鉄で鞍馬へは2度ほど行きましたが、電車がなんとも言えなく良いですね^^
そうか、出町柳から下鴨神社はすぐなんですね。
実は京都の北の方は、鞍馬と詩仙堂以外あまり行った事がなくて。

投稿: mino | 2013年4月15日 (月) 05時23分

teraさん、3分の誤差で書き込んでましたね^^;

まんじゅう>まんじゅうは、皆、美味しいですね。今度行ってみます。

「美しさ」については整合性の美とか機能美とか口に出してしまうと駄目なんですが、その意味するところはなんとなくですがわかります。

数学者のジョン・ナッシュ。>最近の経済学は数学ができないと駄目みたいですね。
最近は数学一科目のみで受験できる大学の経済学部もあるようです。

投稿: mino | 2013年4月15日 (月) 05時38分

でも、ロボットが、人間的な感情を獲得したように見える段階になると、ロボットを「殺せない」かも。
>多分、そうだと私も思います。しかし、向こうが悪意を持つ場合はとか。。。もう、誰かがすでに考えているのでしょうね。

投稿: mino | 2013年4月15日 (月) 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜旅行 津山と岡山 2013 (4) - 津山城(岡山県津山市)の桜(3) 二の丸から本丸へ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/04/10 08:52) [ケノーベル エージェント]
津山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013年4月10日 (水) 08時45分

« 桜旅行 津山と岡山 2013 (3) - 津山城(岡山県津山市)の桜(2) 三の丸から二の丸へ | トップページ | 桜旅行 津山と岡山 2013 (5) - 津山城(岡山県津山市)の桜(4) 本丸、天守台 »