« 近鉄 橿原神宮前駅にて - 橿原線と南大阪線・吉野線  連休中 飛鳥を訪れて | トップページ | 常滑(とこなめ 愛知県常滑市)やきもの散歩道を散策(2) - 散歩道を「とこにゃん」まで »

2013年6月 2日 (日)

常滑(とこなめ 愛知県常滑市)やきもの散歩道を散策(1) - 名鉄岐阜駅から常滑駅(愛知県常滑市)まで

 

  伝統的に窯業の盛んな町である常滑市を訪れて、「常滑やきもの散歩道(1.6Km)」を1時間ほどで散策してみました。

常滑市は愛知県の知多半島西岸の中部にあり、2005年には常滑沖を埋立てて中部国際空港が開業しました。

常滑焼は瀬戸、越前、信楽、丹波、備前と並び日本六古窯の一つとされていますが、江戸時代前期には瀬戸焼きなどに押され一度は衰退します。
しかし江戸時代後期になると廻船、酒造、木綿生産などとあいまって復興し、さらに明治になると土管、タイルを生産する近代的な窯業の町となりました(Wiki参照)。

この常滑の地場産業から生まれたのが「伊奈製陶」(のちINAX、現在のLIXIL 1924年創立)です。

窯業の町の風情の常滑の坂道を上ったり下ったりと散策してみました。

 

  名鉄岐阜駅にて。まだ朝早い7時少し過ぎ。

  左は豊川稲荷行き急行、右は豊橋行き快速特急。

Dsc09363

 

  中部国際空港行き特急で所要ほぼ1時間、常滑駅に到着。

Dsc09364

 

  常滑駅は高架駅。改札を出て。

Dsc09372

 

  改札からまっすぐ進むとまだ開いていない観光案内所。

  お店もすべて開業前です。

Dsc09374

 

  これを頼りに歩くと便利です。

Dsc09375

 

  駅の南東にある地図。

Dsc09377

 

  上がほぼ南。

  赤い現在地から左のほうへ大通りに沿って歩き散歩道に入ります。

Dsc09376

Dsc09381

 

  西側の駅前広場。

  バス停とタクシー乗り場があります。

Dsc09378

 

  駅前にあるモニュメント。

Dsc09380

 

  東西の大通りを東へ「とこなめ招き猫通り」を歩いて行きます。

  常滑では「ひこにゃん」ならぬ「とこにゃん」がご当地キャラだそうです。

Dsc09382

  撮影 2013/06/02

|

« 近鉄 橿原神宮前駅にて - 橿原線と南大阪線・吉野線  連休中 飛鳥を訪れて | トップページ | 常滑(とこなめ 愛知県常滑市)やきもの散歩道を散策(2) - 散歩道を「とこにゃん」まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常滑(とこなめ 愛知県常滑市)やきもの散歩道を散策(1) - 名鉄岐阜駅から常滑駅(愛知県常滑市)まで:

« 近鉄 橿原神宮前駅にて - 橿原線と南大阪線・吉野線  連休中 飛鳥を訪れて | トップページ | 常滑(とこなめ 愛知県常滑市)やきもの散歩道を散策(2) - 散歩道を「とこにゃん」まで »