« 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(1) - 名古屋港から太平洋フェリーで仙台港へ | トップページ | 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(3) - 山形城 (霞城公園 かじょうこうえん)(2) »

2013年7月23日 (火)

太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(2) - 山形城 (霞城公園 かじょうこうえん)(1)

 

  前日に太平洋フェリーで仙台港に到着して、バスで10分の仙石線中野栄駅で「北海道&東日本パス」10000円を購入して、その日のうちに山形市へ移動。

山形県の大雨と洪水のニュースをTVなどで見聞きましましたが、私が山形市に入ってから2日間の滞在中、被害は最上、庄内地方に集中、山形市内は意外にも二日間共晴れと言う結果になりました。

山形県でも山形市を中心とした村山地方(この言葉だけは知りませんでした)、米沢市を中心とした置賜地方(おきたまちほう・おいたまちほう)、新庄市を中心とした最上地方、鶴岡市、酒田市を中心とした庄内地方とそれぞれ気候、文化に違いがあると聞いています。

戦国から江戸時代にはそれぞれの地方の中心的な藩である山形、米沢、新庄、鶴岡では統治者が異なってもいましたから、人為的にもそれぞれの地方の特色が出来上がったと言うことなのでしょうね。

 

  山形市と言えば何といっても山形藩初代藩主の最上義光(もがみ よしあき)で、山形県内では彼に関する事績を良く見かけますが、今回の山寺にも「義光公霊屋」があり、また昔羽黒山を訪れた際にも、有名な国宝五重塔が最上義光により修復された旨を知りました。

  関ヶ原の戦いにおける米沢上杉家との不利な中での戦いなど、この地方の戦国時代の歴史も面白いものがあります。

山寺の「義光公霊屋」の前にある中性院は、義光とともに「新庄戸沢上総佐 日牌所」も兼ねているのを見かけましたが、戸沢家についても、昔、少し調べたことがあります。

戸沢家は室町末期から角館を本拠として、横手の小野寺氏らと争いますが、紆余曲折を経て最終的には新庄藩6万石(後7万石)の大名として明治維新を迎えます。

ただし、戸沢家の新庄入部は最上家改易の後。

 

ということで、山形市の一日目はハイライトの山形城の散策から始めました。

 

  山形駅前。表口にあたる東口。

Dsc00029

 

  前回は線路の東を北に向かい二の丸東大手門から城跡に入り、入り口あたりのみで帰ってしまいました。

  今回は裏口とも言うべき駅西口から北に向かいました。

Dsc00041

 

  西口は建物が少なく山形駅構内が見渡すことができます。

  左沢線(あてらざわせん)用車両のキハ101形気動車。

Dsc00042

 

  いつもの 「余湖くんのお城のページ」 からの引用図。リンク先はトップページ。

 

   図のある山形城の項のページのリンク先。

Yamagatajtyo

 

  北に歩いて行くとやがてお堀に行く手を遮られます。

  向こうに二の丸東大手門に架かる橋が見えます。

Dsc00046

 

  左手、西方向に南門があり、ここから城跡に入ります。

Dsc00049

Dsc00054

 

  あくまで二の丸の南大手門です。

  現在、霞城公園(かじょうこうえん)として整備されているのは二の丸とその中にある本丸から形成されています。

Dsc00060

Dsc00061

Dsc00062

 

  山形に来て驚いたのは、アジサイが時期として現在が見頃なんだという事でした。

  今年は地元(岐阜市&東海地方)ではアジサイを観賞することができなかったので、少し嬉しかったです。

Dsc00063

 

  東大手門一般公開中。

Dsc00067

Dsc00068>

Dsc00071

 

  山形駅西にある「霞城セントラル」という高層ビル。よく目立ちます。

Dsc00070

 

  城跡内に入って面白いものを発見。

  石垣の構造って外の石の中には細かい砂利というか小石が詰まっているんですよね。

  それが露出しているのか、まだ工事前なのか良く分かりませんが・・。

Dsc00072

 

  さて、南の石垣の内側の土塁を西角に向かって歩きます。

Dsc00073

 

  石垣の際(きわ)までは行けない様に紐状の柵が設置されています。

Dsc00075

 

  二の丸南西隅の櫓台の石垣。

  発掘か修理か、それとも両方でしょうか?

Dsc00077

 

  ここで直角に方向を変えて北に向かいます。

  石垣跡を振り返って。

Dsc00081

 

  これも振り返って。

Dsc00083

 

  右手、東に再建された木造の真新しい本丸一文字門が見えます。

Dsc00086

 

  左手に西門跡が見えてきました。

Dsc00088

  撮影 2013/07/19

|

« 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(1) - 名古屋港から太平洋フェリーで仙台港へ | トップページ | 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(3) - 山形城 (霞城公園 かじょうこうえん)(2) »

東北地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(2) - 山形城 (霞城公園 かじょうこうえん)(1):

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/24 08:46) [ケノーベル エージェント]
岐阜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013年7月24日 (水) 08時46分

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/24 08:53) [ケノーベル エージェント]
山形市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013年7月24日 (水) 08時54分

« 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(1) - 名古屋港から太平洋フェリーで仙台港へ | トップページ | 太平洋フェリーで 山形市内 (山形城、「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)、山寺)を中心に観光(3) - 山形城 (霞城公園 かじょうこうえん)(2) »