« 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(2) 天守台 | トップページ | 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(4) - 桜御門跡から東門、旧東之丸艮櫓(うしとらやぐら) »

2013年9月13日 (金)

2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(3) 三の丸 披雲閣(ひうんかく)と内苑御庭(ないえんおにわ)

 

  「青春18きっぷ使い切り旅行」で最初に訪れたのは高松市の玉藻公園(たまもこうえん)。

その玉藻公園(たまもこうえん 高松城跡)西口から二の丸へ入り、天守閣再建をにらんだ天守台の解体修復作業を終えて今年(2013年3月)から公開されている本丸の天守台に登りました。

そして、ここから二の丸を一度引き返して東に位置する三の丸へ向かいます。

三の丸には江戸時代の規模には及ばないものの再建された旧松平家別邸と内苑御庭(ないえんおにわ)があります。

 

  ちなみに、高松藩は生駒家4代を経て、1642年水戸藩初代藩主の徳川頼房の長子である松平頼重が常陸下館5万石から当藩に12万石で転封され、明治まで11代にわたり高松藩主を務めました。

 

  いつもの「余湖くんのホームページ」からの引用図です。

Takamatutyo

 

  二の丸と三の丸の間には水門があり、現在も海と直接繋がっているという事です。

  そこからの天守台。

Dsc00989

Dsc00992

 

  三の丸城内からの月見櫓。

  水門、渡櫓と一体となっており、いずれも現存遺構で重文指定となっています。

Dsc00994

 

  内苑御庭(ないえんおにわ)へ入ってみます。

Dsc00995

Dsc00996

 

  旧松平家別邸の披雲閣(ひうんかく)。

  現在の建物は1917年(大正6年)の再建によるものです。

  2012年に重要文化財に指定。

Dsc00997

 

  三の丸からの鞘橋。

  右が二の丸、左が本丸です。

Dsc01001

 

  三の丸からの本丸の天守台。

Dsc01002

Dsc01003

 

  天守台東側から。

Dsc01005

 

  園内案内図。

  披雲閣の南まで来ています。

Dsc01016

Dsc01007

Dsc01008

 

  披雲閣の正面入り口。

Dsc01012

Dsc01010

 

  その右手に陳列館という建物。

  狭いながらも「資料館」ですので、一見の価値はあります。

  無料です。

 

  ここからは桜御門跡から東門へ。

Dsc01013

  撮影 2013/09/06

 

|

« 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(2) 天守台 | トップページ | 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(4) - 桜御門跡から東門、旧東之丸艮櫓(うしとらやぐら) »

四国地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

高松松平家は、江戸城溜間詰めで、松平の中でも別格なんやで、とtera2さんがよく言ってました^^
香川出身者では、弘法大師と源内先生、それと大杉栄くらいしか知らんわ。

minoさんは旅行先で、ご当地の名物とか食べないの?
訪れた美味しい店の紹介とかも写真付きで教えてほしいなあ^^

投稿: tera | 2013年9月17日 (火) 04時10分

今回の台風はすさまじかったです。大和川も危険水域を越え、大阪市側で避難命令も出たようですが、運良く氾濫しませんでした。
今年は外出に際していろいろと悩む日が多く、異常です。

高松松平家>
儀礼そのものを扱っているので読んでいてもチンプンカンプンだったのですが、こんな論文があります。ご参考までに。
御厨義道「高松松平家と彦根井伊家の儀礼をめぐる関係」
www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/shoukai/tyousakenkyu/rekishi/iikegirei.pdf

こちらは見るだけで楽しめるものです。高松城は中程に登場します。
岡山大学附属図書館「絵図にみる中国四国地方の城下町 (平成22年度 池田家文庫絵図展)」
www.lib.okayama-u.ac.jp/ikeda/pdf/h22.pdf

私は高松で立ち食いうどんを食べました。立ち食いとはいえ本当においしかったです。40年ほど前の話です。

投稿: ddol | 2013年9月17日 (火) 19時40分

>今回の台風はすさまじかったです。
ニュースを見て思ったんやけど、京都氾濫は本当に久しぶりで、びっくりしました。
大阪。日曜は晴れて神戸方面から来た人とテニスをしたんやけど、大阪から京都への鉄道は運行休止と言ってたわ。
白河法王ですら意のままにならなかった鴨川は、どうやってたんやろ。
綾部在住の○井さん、だいじょうぶやったんかなあ。

>「絵図にみる中国四国地方の城下町」
早速、ダウンロードしましたよ。ビジュアルな資料は、それだけで好きです^^

>御厨義道「高松松平家と彦根井伊家の儀礼をめぐる関係」
文字中心の文献。教わることは当然多いんやけど、おいらの文字を読む能力が衰えているので、少しずつ読んでます^^;

それで、いろんな歴史の論文を読んでて思うんやけど、まず結論(現時点の研究水準に対して何を発見したか)を明確に書いてほしい。
その後に、資料の評価とそれをもとにした論理展開を読んでいろいろと考えたいと思うんや。

>私は高松で立ち食いうどんを食べました。立ち食いとはいえ本当においしかったです
tera2さんの連れててってもらった店で食べた讃岐のうどん、とても美味しくてしかも安い^^
でも、おいらは大阪の柔らかいうどんも好きです。

投稿: tera | 2013年9月18日 (水) 06時01分

台風<岐阜では余り大した被害は無かったようでよかったです。
   京都嵐山の渡月橋はびっくりでしたね。

ddolさん<一本目の論文は地味な儀礼のお話を扱っていますが、それだけにとても面白かったです。
つくづく江戸時代の大名も大変だったんだと、俗な言葉で言えば、思いました。

taraさんが仰っていたように、高松松平家が格式の高い大名であったことも良くわかりました。

二本目は絵図だけをざ~っと見てみましたが、津和野、鳥取以外は大体訪れた場所でしたので、とても見甲斐がありました。
また本文もじっくり読んでみます。

うどん<高松のうどんは美味しかったですよ。でも、大阪も捨てがたい美味しさだと思います。
米原から西は概ね美味しいです。
昔は東は酷かったですから。最近は全国的に均一化してそうでも無いようですが・・・

minoさんは旅行先で、ご当地の名物とか食べないの?
<全然という訳ではありませんが、あまり食べないですね。

お土産はご当地のものをと考えますが、名物を食べる時間と金銭的余裕が余り無いというのが現状です。
よく他の旅ブログなどではご当地グルメの写真をアップしていますが、私のブログでは馴染まないのではと考えています。

投稿: mino | 2013年9月18日 (水) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(3) 三の丸 披雲閣(ひうんかく)と内苑御庭(ないえんおにわ):

« 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(2) 天守台 | トップページ | 2013年9月の旅行 - 高松城 (玉藻公園 香川県高松市)(4) - 桜御門跡から東門、旧東之丸艮櫓(うしとらやぐら) »