« 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(1)北条町の古い町並みと酒見寺(さがみじ/さがみでら) | トップページ | 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(3)北条石仏(五百羅漢)の羅漢寺 »

2013年9月27日 (金)

2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(2)住吉神社

 

  北条町を散策するにあたっては、旧北条町のみ全部を歩ききるには半日ほどはかかると見ていたので、前回訪れて訪問しそこなっていた五百羅漢を最優先としました。

その過程で酒見寺(さがみでら/さがみじ)と住吉神社が再訪という形になりました。

 

  北条町の住吉神社は明治以前には酒見大明神と呼ばれ、明治に県社に列格された際に現在の住吉神社に改められた(wikiより)そうです。

本社三殿、幣殿、拝殿、玉垣が登録有形文化財に登録されています。

また、現在の祭神には当地の住民の祖先神である酒見神に住吉四神(神社によっては三神)、それに加え大歳神、八幡神が神社の統合により合祀されています。

神様の合祀や分離は決して珍しいものではなく、特に治水等様々な理由で地域の統廃合が行なわれる際には、神社をまとめる、もしくは新しい神社を創設して諸神の合祀が行なわれます。

これは私がたまたま見聞した阿波川島の川島神社にその例が見られ、私はそこで初めてそのような事例があることを知りました。

 

  酒見寺から石造りの太鼓橋をわたり住吉神社へ。

  振り返って酒見寺の多宝塔。

Dsc01322

 

  石橋の向こうに酒見寺本堂。これも振り返って。

Dsc01325

 

  住吉神社の社殿。

  現在の本社三殿(後ろに千木(ちぎ)が見える建物)は嘉永4年(1851年)の再建によるもの。

Dsc01327

Dsc01328

 

  三殿が横に並んでいるので、三つ参拝場所があります。

  大阪の住吉神社では拝殿・本殿が独立して縦横に四つ並んでいたのを思い出しました。

Dsc01329

Dsc01330

 

  境内から鳥居。

Dsc01360

 

  外から鳥居と社殿。

Dsc01363

Dsc01364

 

  2009年の写真ですが、本社三殿を背後から。

Pict0095

 

  本社三殿の左手から稲荷社?の前を横切って細い道路に出ます。

Dsc01359

 

  道路から。

  北に向いて左右に中学校、小学校に挟まれた道を五百羅漢の羅漢寺へ向かいます。

Dsc01332

  撮影 2013/09/08

|

« 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(1)北条町の古い町並みと酒見寺(さがみじ/さがみでら) | トップページ | 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(3)北条石仏(五百羅漢)の羅漢寺 »

近畿地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

北条町は、車で通過したことしかないので、この記事を読んで行ってみんとあかんなと。
加西近辺でいったことがあるのは、小野市の浄土寺。
ここの阿弥陀三尊像は、見事ですよ。とりわけ、夕方は。
夕日を借景し、西方浄土がみれる^^

投稿: tera | 2013年9月29日 (日) 06時03分

小野市の浄土寺ですか。覚えておきます^^。

多分、このあたり、もう一回行くつもりです。
三木城跡、法華山一乗寺が積み残しとなりましたから、もし日程上組み込めたら行ってみます。
でも、あの位置だと交通の便がどうかという事になりますね。
なかなかのお寺みたいです。
やはり「夕日」というのが検索に出てきました^^。

以前にも児島の野崎邸を教えて頂きましたが、また、ちょくちょく情報をお願いしますね^^

投稿: mino | 2013年9月29日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(2)住吉神社:

« 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(1)北条町の古い町並みと酒見寺(さがみじ/さがみでら) | トップページ | 2013年9月の旅行 - 北条町(兵庫県加西市)を散策(3)北条石仏(五百羅漢)の羅漢寺 »