« たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(4) - 「国重文 和田家」 | トップページ | たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(6)県重文 明善寺(みょうぜんじ) »

2013年11月10日 (日)

たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(5)和田家から神田家、長瀬家へ

 

  現地に高速バスで着き、最初に向かったのが展望台行きシャトルバスの乗り場。

展望台から萩町集落を眺めてから山沿いの道を歩いてブラブラと下り、「国重文 和田家」を訪れ、ここからさらに集落の中を南へ向かいました。

和田家から南に向かうと長瀬家と神田家があります。

 

  和田家の前の細い道を南へ向かいます。

Dsc01961

 

  振り返って和田家。

Dsc01965

Dsc01963

Dsc01966

 

  縄で組んである屋根下。

Dsc01968

 

  メインストリートの本通りの東、東通りを南に歩いています。

  山側にも道があり、時間があればくまなく歩いてみたいですね。

Dsc01972

 

  やがて長瀬家の前に出ます。

  屋根が苔むして良いです。

Dsc01973_2

 

  その前にあるのが神田家。

  どちらも見所で拝観は大人300円。

Dsc01974

 

  長瀬家。

  やはり両方共見学しておけばよかったです。

Dsc01976

Dsc01975

 

  向こうは本通り。

Dsc01977

 

  東通り沿いに歩き、合掌造りの家屋やお店を見ながら南へ。

Dsc01979

Dsc01980

 

  平日にもかかわらず多く観光客が訪れていました。

  外国人の観光客も随分と多かったですね。西欧系と中国系の観光客が目立ちました。

  少数のグループの中国系の人は台湾からの観光客でしょうね。

Dsc01983

Dsc01984

 

  ひときわ大きな合掌造りの前に来ました。

  明善寺です。

Dsc01985_2

  撮影 2013/11/05

|

« たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(4) - 「国重文 和田家」 | トップページ | たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(6)県重文 明善寺(みょうぜんじ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

コメント

>外国人の観光客も随分と多かったですね。西欧系と中国系の観光客が目立ちました。

うんうん、おいらが最後に訪れたのはリーマンショックの年(2008年)で、携帯で情報をとりながら気もそぞろに観光したんやけど^^;、その前(80年代後半)に行った時との印象の違いは、外国人の観光客がやたらと多い。駐車場も大きくなっており(以前は道端に止めた記憶が)、観光地として整備されたなと。
世界遺産になると、かわるんやね。こういう形で文化財が保存されていくなら、世界遺産もいいなあ。
五箇山もよかったです。

投稿: tera | 2013年11月21日 (木) 06時18分

(80年代後半)
>teraさんは、この頃は。どこから白川郷(五箇山)に入りましたか?
現在では東海北陸道があるのでどこからも高速で入ることが出来るんですけど、昔はとても大変だったような記憶があるんです。

五箇山もよかったです。
>白川郷での観光客のグループが五箇山ではなく京都府の美山についてどうのこうと言う話を小耳に挟んだのですが、美山へは訪れたことがありますか?

写真を見ただけですが、美山の民家の造りは合掌造りではありませんね。


外国人は高山でも多いです。
これは、最近どこの観光地も同じ傾向にあるようですね。

投稿: mino | 2013年11月21日 (木) 19時09分

>teraさんは、この頃は。どこから白川郷(五箇山)に入りましたか?

高岡から庄川沿いに砺波を通り、大牧温泉というところで一泊。この温泉は、川岸に車を駐車して、船で渡らんと行けない温泉で、とても深い印象が残ってます。翌日、さらに南下し白川郷にはいったんやけど、国道といっても厳しい道路。途中、ダムで沈んだ村とかもあり、高野聖(泉鏡花)の世界を堪能しました^^

富山から飛騨・美濃へは、けっこういろんなルートで旅したことがあります。高校の頃は、もっぱら高山線で、それ以後は車。2008年の時は、開通した高速道路を使いました。その前は、富山から神通川沿いに、悲しい公害事件を引き起こした三井・神岡(現カミオカンデ)経由で流葉のスキー場や円空の平湯とかも。

>美山へは訪れたことがありますか?
いったことがないんや。常照皇寺までは、いったことがあるんやけどね。

>これは、最近どこの観光地も同じ傾向にあるようですね。
テレビでみたんやけど、日本人でもあまり知らないところを調査し、欧米の人向けに紹介するガイドブックがあるらしんや。「地球の歩き方」のような本で、ひたすら文字情報だけ。それを片手に、日本を旅するとか。ディープやね^^

投稿: tera | 2013年11月22日 (金) 06時39分

なるほど。teraさんは色々な場所に出没しているのですね^^。

欧米の人向けに紹介するガイドブックがあるらしんや。・・・ディープやね^^
>TVでやってましたが、誘致する方も、必ずしも観光地として有名でない場所を提案するような試みも行なわれているようですね。
これは、NHKローカルの岐阜版で見ていたんですけどね。

高岡から庄川沿いに砺波を通り、大牧温泉というところで一泊。
>昔は冬になると峠道はほぼ通行不可能で、バスも冬季は運休と言う路線ばかりでした。
砺波には一度行って見たいなあ^^。

投稿: mino | 2013年11月22日 (金) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/58545248

この記事へのトラックバック一覧です: たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(5)和田家から神田家、長瀬家へ:

« たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(4) - 「国重文 和田家」 | トップページ | たまには バス旅 2013年11月 - 紅葉の白川郷(岐阜県)を散策(6)県重文 明善寺(みょうぜんじ) »