« 史実には無い模擬天守(4) - 大草城(愛知県知多市) 未完のまま廃城 | トップページ | 深溝城跡(ふこうず じょうせき 愛知県幸田町)を訪れる(1) - 深溝松平家(ふこうず まつだいらけ)発祥の地 »

2014年3月 6日 (木)

史実には無い模擬天守(5) - 知多大野城(愛知県常滑市)

 

  知多大野城は知多半島の中部、伊勢湾側にあります。

知多大野城は佐治氏四代100年間の居城。

前回に織田長益がこの地を与えられ大草城を築城し大野城は廃城、と書きましたが、佐治氏四代目の佐治一成は小牧・長久手の戦い後に大野城退去との記述も別にあります。

織田長益が大草城未完のまま摂津へ所領買えとなった時期も小牧・長久手の戦いの後なのですが、どちらが正しいのでしょうか。

 

  さて、今回の主題はそちらの方では無く、史実には無い模擬天守が大野城にあるという事ですから、その話題に。

大草城址から南に見える小高い山の上にある大野城址は名鉄常滑線とほぼ並行している国道155号線に出るところから始まります。

車の人は北からですと堀田交差点から東に入ると山裾に駐車場があり、そこから登山道があります。

私の場合は徒歩旅行者ですので、名鉄西ノ口駅から155号線に出て南へ歩き、その国道沿いにある「CSK葬祭青海瑞雲殿」の裏手の細い道から登りました。

 

  いつもの余湖くんのお城のページからの引用図。

Oonotokonametyo


大きな地図で見る

 

  名鉄常滑線西ノ口駅。

Dsc06295

 

  国道155号線沿いにある「CSK葬祭青海瑞雲殿」とその駐車場。

  わずかに大野城模擬天守が見えます。

Dsc06296

 

  建物の裏の細い道を登ります。

Dsc06298

 

  「CSK葬祭青海瑞雲殿」を振り返ったところ。

Dsc06301

 

  登って行くと城山の後背地に造成された住宅街にたどり着きます。

  ここからどうするの?と振り返ると鋭角的に城山公園への道がありました。

Dsc06306

 

  模擬門から入り、模擬天守とその門。

  展望台も兼ねています。

Dsc06317

 

  本丸は猫の額ほどの広さ。

  天守と相対して一段高いところに佐治神社があります。

Dsc06329

 

  佐治神社。

  祠のような神社でした。

Dsc06323

 

  右の石像は佐治一成(与九郎)。

  中央が佐治神社。左が一色社。

Dsc06358

 

  模擬天守内へ。

  後に将軍秀忠の正室となる江(ごう 他にも様々な呼び方あり)の最初の嫁ぎ先は佐治一成(与九郎)でした。

Dsc06327

 

  伊勢湾が見渡せます。

  天守のある部分は比高30mぐらいですから、容易に登れる高さです。

Dsc06341

 

  向こうに見える木々の茂る丘が大草城址。

Dsc06344

 

  南側の下から見上げた大野城模擬天守。

  右手の枯れ模様の木は桜。

  桜の時、ここは撮影スポットの一つです。

Dsc06362

 

  帰りは北側に下りました。

  北側にある城山公園駐車場。

Dsc06388

  撮影 2013/02/03

|

« 史実には無い模擬天守(4) - 大草城(愛知県知多市) 未完のまま廃城 | トップページ | 深溝城跡(ふこうず じょうせき 愛知県幸田町)を訪れる(1) - 深溝松平家(ふこうず まつだいらけ)発祥の地 »

【天守閣】模擬天守(と見なされるお城)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史実には無い模擬天守(5) - 知多大野城(愛知県常滑市):

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/07 09:01) [ケノーベル エージェント]
常滑市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年3月 7日 (金) 09時01分

« 史実には無い模擬天守(4) - 大草城(愛知県知多市) 未完のまま廃城 | トップページ | 深溝城跡(ふこうず じょうせき 愛知県幸田町)を訪れる(1) - 深溝松平家(ふこうず まつだいらけ)発祥の地 »