« 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(1) - 彦根城の桜(1)予定外の1日目 | トップページ | 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(3) - 彦根城の桜(3)天秤櫓から天守閣まで »

2014年4月10日 (木)

桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(2) - 彦根城の桜(2)二の丸佐和口多聞櫓と開国記念館から表門登城口へ

 

  2014年の二日間の桜旅行は彦根での突然の途中下車から始まりました。

しかし、彦根城の桜を見ることになれば、ほぼ彦根で一日がつぶれる事を意味します。

つまり一日目の目的地は京都府下の丹波の地である福知山に設定してあったので、彦根から京都を経て福知山までの距離を考えれば、ほかの場所を訪れる時間的余裕はありません。

ということで、彦根で電車を降りてしまった以上、腰を落ち着けてゆっくりと廻ることに意を決しました。

まず中堀沿いに北に歩いて、井伊直弼が10代から30代までの間住んだ埋木舎 (うもれぎのや)の門前から中堀の西の端まで行ってみました。

こちらへはあまり来たことが無かったのですが、いつもと異なる風景が見られたことが唯一の成果でした。

そして、再び佐和口多聞櫓の前に戻り、中へ。

 

  埋木舎 (うもれぎのや)の門前あたりから南の方。こちらへ戻ります。

Dsc01034

Dsc01035

 

  埋木舎 (うもれぎのや)を振り返って。

Dsc01037

 

  前回の記事でも書きましたが、多聞櫓のうち左側が明和8年(1771年)の再建で重文指定、右側は昭和35年(1960年)の再建。

Dsc01040_2

Dsc01043

 

  多聞櫓の昭和の再建による部分は開国記念館として資料館となっています。

  観覧は無料。

  ただし大部分は撮影禁止です。

Dsc01051

 

  開国記念館への階段登り口前にある「家老 木俣屋敷跡」の石柱。

Dsc01053

 

  現在の建物は関係の無い建築物でしょう。

Dsc01065

 

  入り口。

Dsc01061

 

  撮影禁止が大部分なので開国記念館での写真はありません。

  なかなか興味深い資料が展示されていました。

  彦根藩は現在の東京の世田谷や栃木県の佐野にも領地があったことに触れられていました。

  また、近江での領地配置図が興味深かったですね。

 

  下に見えるのは重文の馬屋。

Dsc01062

 

  馬屋。

  重文の馬屋は珍しいですね。

Dsc01066

 

  馬屋の内側。

  現在残っている部分は一部だそうです。

Dsc01071

 

  こちらは重文指定の佐和口多聞櫓。

  無料で開放されているので見学します。

Dsc01072

 

  内側。

Dsc01080

 

  遠くに天秤櫓、手前に彦根城博物館、さらに手前に馬屋。

Dsc01084

 

  車椅子のためのスロープが設置されています。

Dsc01089

 

  内堀の南の方向。

  こちらには大手口があり、こちらからも入れます。

  今回は大手へは行きませんでした。

Dsc01090

Dsc01093

 

  内堀の橋を渡ると表門。

Dsc01102_2

 

  内堀沿いの桜。

Dsc01107

 

  この日は表門から多くの観光客と共に普通に登城しました。

Dsc01111

 

  拝観受付の前には彦根城博物館があります。

 

  彦根城と玄宮園セットで一般600円(小、中学生200円)。玄宮園のみは一般200円(小、中学生100円)。

  彦根城博物館は一般500円(小、中学生250円)。

  彦根城と博物館のセット券は一般1000円(小、中学生350円)。

  彦根城と博物館のセット券は玄宮園を含むものと思われます(窓口でお聞きください)。

Dsc01114

 

  拝観受付前から振り返って。

Dsc01115_2

 

  入り口、出口。

Dsc01117

 

  急な石段を登ります。

Dsc01119

Dsc01121

 

  遠くに見える伊吹山。

  美濃側から見る姿とは随分と異なります。

Dsc01122

  撮影 2014/04/07

|

« 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(1) - 彦根城の桜(1)予定外の1日目 | トップページ | 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(3) - 彦根城の桜(3)天秤櫓から天守閣まで »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(2) - 彦根城の桜(2)二の丸佐和口多聞櫓と開国記念館から表門登城口へ:

« 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(1) - 彦根城の桜(1)予定外の1日目 | トップページ | 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(3) - 彦根城の桜(3)天秤櫓から天守閣まで »