« 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(7) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(1) | トップページ | 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(9) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(3)帰途へ »

2014年4月19日 (土)

桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(8) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(2)本丸にて

 

  篠山城を訪れたのは今回で3回目。

調べてみると最初が1998年、2回目が2009年でした。

篠山口駅での乗り換え待ちは多数回あります。

 

  そろそろ、桜の季節は岐阜県の飛騨地方や信州、東北に移り、私の住んでいる東海地方では桜はもうほぼ終わりという感覚です。

したがって、桜の話題である篠山城の記事を時系列から言えば先の柏原(かいばら)を後回しにして書いています。

 

  さて、篠山城ですが、本丸のさらに一段高い部分を殿守丸と呼ばれていますが、その殿守丸には青山神社が鎮座しています。

青山神社の祭神は旧藩主青山家の遠祖青山忠俊、青山家中興の藩主青山忠裕。

篠山藩は1608年に立藩され松井松平家の松平康重(まつだいら やすしげ)が藩主となり、以後松井松平家が1代、藤井松平家2代、形原松平家5代の後、1748年に青山忠朝が丹波亀山藩から5万石で入封し、青山家6代で明治に至ります。

青山家中興の藩主青山忠裕はその4代目で主要役職歴任のうえ老中まで務め、篠山藩は6万石に加増されています。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Sasayamatnb

 

  本丸内へ入ります。

  拝観料が必要なのは大書院のみです。

  本丸自体は開放されています。

Dsc01810

 

  内から振り返って。

Dsc01813

 

  一度大きく曲がります。

Dsc01815

 

  大書院の玄関が見えますが、大書院には2009年に拝見しているので今回はパス。

  入場料は大人400円、高校・大学生200円、小・中学生100円です。

  篠山市4文化施設をまわれる 4館共通入館券は大人600円 / 大・高校生300円 / 中・小学生150円。

  篠山市4文化施設とは篠山城大書院・青山歴史村・武家屋敷安間家史料館・歴史美術館の四か所。

  「篠山城大書院のホームページ」

Dsc01816

 

  大書院横から回り込み本丸へ。

Dsc01817

Dsc01818

 

  西側の内堀。

Dsc01822

 

  大書院裏側から。

  2000年の再建から10年以上経ち少し風格が出てきました。

Dsc01823

 

  南の土塁とその外に南馬出しの土塁が見えます。

Dsc01825

Dsc01826

Dsc01827

 

  本丸搦手門(ほんまるからめてもん)。

  この日は開放されていました。

  帰りはこの門から下に下り、本丸西側石垣下の犬走りを北に戻りました。

Dsc01828

Dsc01830

 

  本丸東側の一段高い殿守丸。

  天守台と青山神社があります。

Dsc01834

Dsc01836

Dsc01837

 

  青山神社。

Dsc01841

Dsc01843

Dsc01844

 

  天守台。

  天守閣は築かれませんでした。

Dsc01846

 

  天守台から波多野氏の居城であった八上城跡(やかみ)の高城山(たかしろやま)。

  丹波攻略に当たった明智光秀が落城させましたが、光秀は苦戦しました。

Dsc01847

Dsc01848

Dsc01856

 

  本丸に下りて本丸搦手門から外に出ます。

Dsc01859

  撮影 2014/04/08

|

« 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(7) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(1) | トップページ | 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(9) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(3)帰途へ »

近畿地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(8) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(2)本丸にて:

« 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(7) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(1) | トップページ | 桜旅行2014年 彦根城(彦根市)と丹波地方を訪れる(9) - 篠山城(兵庫県篠山市)の桜(3)帰途へ »