« (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(4) - 城下町長府(2)乃木神社から「横枕小路」 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(6) - 城下町長府(4) 功山寺(長府毛利家墓所、高杉晋作挙兵の地、大内義長墓所)と市立長府博物館 »

2014年7月31日 (木)

(フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(5) - 城下町長府(3)長府毛利邸

 

  山口県には毛利邸が二つありますが、一つは防府市の毛利邸、そしてもう一つが長府の毛利邸です。

長府の毛利邸は長府藩毛利家の邸宅です。

明治の時代になり長府藩最後の藩主である毛利元敏が東京から長府に帰住して建てられたのが現在の長府毛利邸。

長府毛利邸は明治36年(1903年)に完成、大正8年(1919年)まで本邸として利用され、昭和23年(1948年)東京移住のために土地、邸宅は下関市に寄付され、平成10年(1998年)から一般公開されて現在に至っています(案内板等参照改)。

 

  乃木神社から横枕小路を抜けて切り通しの道路に出ました。

  左へ向かいます。

Dsc03366

 

  方向は南になりますが少々下り坂。

Dsc03369

 

  途中、左手に古江小路。

  古江小路は長府の街並みの最大の見どころとも言えますが、ここは後回しにして先に進みます。

Dsc03373

Dsc03375

 

  振り返って。

Dsc03377

 

  長府毛利邸の石垣の下にある案内板。

  覚苑寺(かくおんじ)に行けなかったのは惜しかったです。

Dsc03378

 

  長府毛利邸。

Dsc03379

 

  毛利邸前にある総社跡の説明板。

  なるほど、総社というのはこういう経緯があったのですね。

Dsc03382

Dsc03383

  Dsc03385

 

  立派な門構えです。

Dsc03386

Dsc03389

 

  石畳の坂を上り左手が入り口。

Dsc03390

 

  建物の正面右手から入ります。

  入場料は大人200円、小人100円。

  入場料とは別に夏季限定で「冷たいお抹茶」400円(菓子つき)、「冷たい自家製梅ジュース」200円(菓子つき)のおもてなしがありますが、申し込まなければ入場料のみです。

  別に入場料のみでの拝観で何の差し支えもありません。

  私も入場料のみでの拝観でした。

  詳しくは長府毛利邸ホームページで。

Dsc03392

Dsc03393

Dsc03394

Dsc03395

Dsc03400

 

  蔵と思しき場所。

Dsc03403

Dsc03402

 

  長府毛利家の家族写真。

  後列左から三番目が当主の毛利元敏(14代)。

  その右が15代の元雄(もとかつ)。

  撮影年は記されていませんでしたが、元敏は明治41年(1908年)に長府で死去しているのでそれ以前の写真。

Dsc03405

  撮影 2014/07/26

|

« (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(4) - 城下町長府(2)乃木神社から「横枕小路」 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(6) - 城下町長府(4) 功山寺(長府毛利家墓所、高杉晋作挙兵の地、大内義長墓所)と市立長府博物館 »

中国地方」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/60072629

この記事へのトラックバック一覧です: (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(5) - 城下町長府(3)長府毛利邸:

« (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(4) - 城下町長府(2)乃木神社から「横枕小路」 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(6) - 城下町長府(4) 功山寺(長府毛利家墓所、高杉晋作挙兵の地、大内義長墓所)と市立長府博物館 »