« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(5) - 性海寺(しょうかいじ)、萬徳寺(まんとくじ)の多宝塔(何れも愛知県稲沢市) | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(7)2011年9月 - 密蔵院(愛知県春日井市)の多宝塔 »

2014年7月22日 (火)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(6)2012年2月 - 三明寺と豊川稲荷の三重塔(いずれも愛知県豊川市)

 

  豊川市の豊川稲荷を訪れた2012年2月。

豊川稲荷には過去に何回も訪れていますが、同時に必ず三明寺(さんみょうじ)も訪れることにしています。

稲荷は駅の西にありますが、三明寺は駅の東側にひっそりとあります。

三明寺は曹洞宗のお寺で通称は豊川弁財天。

境内が定まらないぐらい開放的な三明寺は、その境内に三重塔があり、稲荷を訪れる前に必ず寄り道をします。

この日は名鉄電車の豊川稲荷駅で下車し、JR豊川駅の自由通路を東に渡り、駅の西口とは裏腹に静かな佇まいの東口から少し東にある三明寺へと向かいました。

 

  名鉄豊川稲荷駅とJRの豊川駅。

Dsc03617

Dsc03618

 

  名鉄豊川稲荷駅はJR豊川駅と西口広場を共有しています。

Dsc03623

 

  JR豊川駅の自由通路を東側に渡ります。

  豊川駅の改札は自由通路にあります。

Dsc03627

 

  境内は開放的。

Dsc03631

 

  境内に「宝飯(ほい)の聖泉」跡があります。

  宝飯とは現在は消滅しましたが宝飯郡(ほいぐん)のこと。

Dsc03633

 

  かっては豊かな水が湧いていたであろう聖泉は今は枯れてご覧の通りです。

Dsc03634

 

  本堂。

  1712年(正徳2年)の再建。

Dsc03636

 

  弁財天を安置している本堂内の宮殿(くうでん)は1554年(天文23年)の再建で重文。

Dsc03652

 

  三重塔は1531年(享禄4年)の再建で重文。

Dsc03642

Dsc03637

Dsc03648

 

  豊川稲荷へ向かいます。こちらはさらりと。

  稲荷にも三重塔があります。

Dsc03668

Dsc03670

 

  豊川稲荷は曹洞宗のお寺。

  本堂。

Dsc03692

 

  昭和51年(1976年)に建立された三重塔。

Dsc03722

  撮影 2012/02/24

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(5) - 性海寺(しょうかいじ)、萬徳寺(まんとくじ)の多宝塔(何れも愛知県稲沢市) | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(7)2011年9月 - 密蔵院(愛知県春日井市)の多宝塔 »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(6)2012年2月 - 三明寺と豊川稲荷の三重塔(いずれも愛知県豊川市):

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(5) - 性海寺(しょうかいじ)、萬徳寺(まんとくじ)の多宝塔(何れも愛知県稲沢市) | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(7)2011年9月 - 密蔵院(愛知県春日井市)の多宝塔 »