« 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(2) - 大阪市内発大阪市内着切符で伊勢神宮&帰省 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(2)1992年9月 - 羽黒山五重塔(山形県鶴岡市)、善宝寺五重塔(山形県鶴岡市) »

2014年7月17日 (木)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(1)2012年9月 - 最勝院(さいしょういん)の五重塔(青森県弘前市)

 

  私の旅行では写真撮影は必須です。

と言っても写真撮影が自己目的化している訳ではなく、旅行の楽しみの内の一つとして写真撮影がそこに組み込まれているという形です。

ただ、それでも旅行の中での写真撮影の占める比重は大きく、もしカメラなしの旅をするという事になれば、私の旅への興味は半減するに違いありません。

そして旅の目的には温泉に入るとか、おいしい食事をするとか、きれいな景色を堪能するとか様々ありますが、私の場合は簡単に要約すれば歴史と鉄道と言っても過言ではありません。

歴史と言っても幅が広く、お城、古い町並み、神社仏閣等がそういったものに含まれます。

よく他の旅ブログを拝見すると、当地での食事のメニューの写真がアップされていますが、私にはどうしてもできません。

これは私との旅のコンセプトが異なるからなのでしょうね。

 

  で、実際に他人のブログを覗く時というのは、一部の読者を除いては、ほぼ情報を仕入れることが目的だろうというのが私の実感です。

写真にしても、どんな風に撮影したらよいのかという撮影者目線での情報が欲しい人が多いのではと考えています。

もちろん鑑賞して頂く人もいらっしゃるとも思いますが、普通に考えて素人の写真を鑑賞することは大変少ない。

したがってブログ(ホームページも)というのは写真も含めて情報を得るツールというのが基本であろうと考えています。

自らは自己表現の場としてブログを開設しているのですが、現実はそんなに甘いものではなく、90%の人々はチラと見て他のサイトに移動するのが常態なのです。

ただ、それでも懲りずにブログで自己表現していくつもりですが・・・。

 

  さて、最近は天候もかんばしくなく、旅行する機会も減ってきているので、過去写真を利用して塔のお話をしようと思います。

と言っても寺院における塔の成り立ちとか構造とか意味とかという専門的な話ではありません。

単に見て美しい塔を愛でる(めでる)というぐらいのものです。

私の旅行では、写真とい意味では塔は大きな位置を占めているのですが、残念ながら塔だけの記事はほぼありません。

ということで、しばらくは私が過去に訪れた各地の塔の紹介と、その旅行の概要を書いてみます。

 

  第一回目は2012年9月に訪れた青森県弘前市の最勝院(さいしょういん)の五重塔。

前置きが長かったので旅の概要はカットしますが、該当の記事のリンクを張っておきます。

「弘前(青森県弘前市)へ旅行(2) - 最勝院の五重塔と弘前城追手門へ」の記事。

アーカイブでは2012年9月に前後の記事があります。

 

  弘前市は観光地としては大変魅力に富んでいます。

弘前城と城下町、ねぶた祭り、岩木山、特産のりんご、少し足を伸ばして黒石市の雁木の通りのある町並み、津軽鉄道で行く太宰治の斜陽館、大鰐温泉、津軽鉄道と並んで弘南鉄道等々。

その中で余り注目されていませんが最勝院の五重塔も忘れないでください。

また、洋風建築の青森銀行記念館も寄ってみたい場所。

他には数ある教会建築も面白いですよ。

 

  最勝院の五重塔は十年以上かけて寛文7年(1667年)に完成。

  現在は国の重要文化財に指定されています。

  初めて訪れたのは1991年でした。その時の写真は手違いがあって残っていません。

  大変綺麗な五重塔です。

Dsc01621

Dsc01624

 

  この旅行で訪れた主な場所です。

  現存天守12城の内の一つである弘前城天守閣。

Dsc01701

 

  城内から岩木山。

Dsc01731

 

  津軽鉄道金木(かなぎ)駅。

Dsc01923

 

  金木駅から500mほど歩いて太宰治記念館(斜陽館)。

Dsc01939

 

  弘前駅から弘南鉄道で黒石市へ。

  黒石駅にて。

Dsc02009

 

  雁木(がんぎ)のある町並みの黒石市。

  雁木は青森県では「こみせ(小店)」と呼ぶそうです。

Dsc02019

Dsc02022

 

  弘南鉄道の車内から岩木山。

Dsc02081

  撮影 2012/09/08,09

|

« 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(2) - 大阪市内発大阪市内着切符で伊勢神宮&帰省 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(2)1992年9月 - 羽黒山五重塔(山形県鶴岡市)、善宝寺五重塔(山形県鶴岡市) »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(1)2012年9月 - 最勝院(さいしょういん)の五重塔(青森県弘前市):

« 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(2) - 大阪市内発大阪市内着切符で伊勢神宮&帰省 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(2)1992年9月 - 羽黒山五重塔(山形県鶴岡市)、善宝寺五重塔(山形県鶴岡市) »