« 南紀にて 1999年6月 - 橋杭岩(はしぐいいわ 和歌山県串本町)と見老津駅(みろづえき 和歌山県すさみ町)にて | トップページ | 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(2) - 大阪市内発大阪市内着切符で伊勢神宮&帰省 »

2014年7月13日 (日)

南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(1) - 那智大社、那智の滝、青岸渡寺を観光

 
 

  前回に「新宮夜行」の話を書きましたのでその続きを書きます。

  私の「新宮夜行」の利用はほぼ1999年に集中しています。

「新宮夜行」は1999年における私の「マイ・ブーム」だったようで、3回利用した記録が残っており、そのうち一回は紀伊半島を一周して当時の住所である大阪から岐阜へ帰省する遠回り帰省旅行で、途中、伊勢神宮に寄り道をしています。

この際には大阪発大阪行きの切符を作ってもらった記録があります。

大阪~(南紀)~名古屋~岐阜~米原~京都~大阪で10050円と記録されています。

  「新宮夜行」を利用した南紀の旅の残りの二回は大阪に取って返ました。

余談として1999年10月に金・土・休前日のみ新宮行きで他の曜日は紀伊田辺以遠は廃止された事実を知らず、「新宮夜行」に乗車するべく同じ10月に4回目の利用を企図し、平日は紀伊田辺駅で打ち切りとなることに和歌山駅で気づき、あわてて大阪に引き返すもたどり着けず、あえなく日根野駅で一夜を明かす羽目となる旅行もありました。

 

  第一回目は「新宮夜行」を初めて利用した那智勝浦の観光。

日付は1999年3月11日出発。

大阪の天王寺駅から「新宮夜行」に乗車しました。

当時の「新宮夜行」は新大阪発で天王寺から和歌山までは快速、かつ和歌山方面への最終快速という側面もあり、当日は通勤客でごった返していました。

御坊、紀伊田辺あたりまでは最終通勤電車として利用している人々が多く、「夜行」としての機能が一部廃止されてからも紀伊田辺を終着とした電車はそのまま残っていました(1999年10月からは金・土・休前日のみ新宮行きであった)。

日付が替わるのは和歌山駅で、紀伊田辺駅発着は午前1時ごろという記憶がありますが、さすがに紀伊田辺駅以降はいかにも夜行電車の雰囲気となります。

紀伊田辺で6両編成から3両編成となったようですが、その記憶はもう飛んでいて覚えていません。

 

  朝早く最初に下車したのは串本、那智勝浦、那智の各駅を過ぎた宇久井駅。

宇久井駅は海岸に近く、夜明けの海を撮影したいという願望で夜が明ける前ぎりぎりで海岸に出ました。

結果は思ったほどではなく、帰ってから軽く失望したのを覚えています(当時はフィルムカメラ)。

その後、那智駅に戻り、駅からのバスで那智勝浦駅経由で那智大社、那智の滝、青岸渡寺をみっちり観光してきました。

この旅行は青春18きっぷを利用しての旅でしたが、帰りは延々と和歌山目指して5時間、さらに大阪まで1時間半ほどを電車に揺られて帰りました。

まだまだ体力のある年齢だったんですね。

 

  宇久井駅。

Img710

 

  宇久井駅にて。

  新宮発和歌山行き普通。

Img709

 

  宇久井海岸。

Img733

 

  宇久井駅にて。

  特急「くろしお (オーシャンアロー)」283系 和歌山、大阪方面行き。

Img745

 

  後部。

Img746

 

  那智駅。

Img707

 

  熊野那智大社。

Img749

 

  熊野那智大社拝殿。

  「熊野那智大社の社殿および境内地は、ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の構成資産の一部」(wikiより)。

Img752

 

  隣にある青岸渡寺(せいがんとじ)。

  青岸渡寺は西国三十三所第一番札所

Img754

Img757

 

  三重塔と那智の滝。

Img759

Img769

 

  那智勝浦駅にて。

  特急「ワイドビュー南紀」キハ85系。

Img717

  撮影 1999/03/12

|

« 南紀にて 1999年6月 - 橋杭岩(はしぐいいわ 和歌山県串本町)と見老津駅(みろづえき 和歌山県すさみ町)にて | トップページ | 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(2) - 大阪市内発大阪市内着切符で伊勢神宮&帰省 »

神社仏閣」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

近畿地方」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/59978041

この記事へのトラックバック一覧です: 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(1) - 那智大社、那智の滝、青岸渡寺を観光 :

« 南紀にて 1999年6月 - 橋杭岩(はしぐいいわ 和歌山県串本町)と見老津駅(みろづえき 和歌山県すさみ町)にて | トップページ | 南紀への旅1999年(「新宮夜行」の記憶(2000年9月30日をもって廃止))(2) - 大阪市内発大阪市内着切符で伊勢神宮&帰省 »