« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(7)2011年9月 - 密蔵院(愛知県春日井市)の多宝塔 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(1) - フェリー乗船前大阪にて 阿倍野ハルカスを遠望 »

2014年7月25日 (金)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(8)2010年1月 - 長谷院(ちょうこくいん 愛知県清須市)の多宝塔

 

  長谷院(ちょうこくいん)は堀江観音として親しまれているお寺です。

現在は清須市に含まれ、最寄りの駅は須ヶ口駅(すかぐち えき)。

須ヶ口駅は名古屋本線の駅で当駅から津島線が分岐しており、隣接して名古屋鉄道の車両基地である新川検車区があります。

駅の南側から南方向(実際には南西)に歩いて行くと美濃路との交差点に出て、これを突っ切り真っ直ぐ道なりに行き、駅から300mから350mぐらいで左手にコンクリートの塀で囲まれた木々の茂みのある場所が見えてきます。

その手前の道を左に折れると右側に境内へ入る空間があり、多宝塔が見えます。

周辺は住宅街、それも開放感のある住宅街です。

 

  須ヶ口駅。南側が表。

Pict0010

 

  道路から路地に入り右手を見たところ。

Pict0011

 

  江戸時代の天保5年(1834年)尾張藩主徳川斉朝が寄進した多宝塔。

  文化財指定はありません。大変均整のとれた綺麗な多宝塔です。

Pict0014

 

  山門(仁王門)。

  南側に面しています。

  奥が本堂、右手に多宝塔の相輪がわずかに見えています。

Pict0016

 

  本堂。本尊は十一面観世音菩薩。

Pict0018

Pict0023

 

  再び先ほどの出入り口から出ます。

Pict0025

 

  この後、駅に戻る途中の交差点から美濃路をたどって東に向かいます。

  途中、家並みが切れて駐車場になっている部分から新川検車区。

Pict0032

 

  新川に出て堤防上から新川検車区。

Pict0042

 

  新川を東側に渡り、東岸にある新川駅にて。

  特急「パノラマスーパー」1000系 名古屋方面行き。

Pict0056

  撮影 2010/01/30

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(7)2011年9月 - 密蔵院(愛知県春日井市)の多宝塔 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(1) - フェリー乗船前大阪にて 阿倍野ハルカスを遠望 »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(8)2010年1月 - 長谷院(ちょうこくいん 愛知県清須市)の多宝塔:

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(7)2011年9月 - 密蔵院(愛知県春日井市)の多宝塔 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(1) - フェリー乗船前大阪にて 阿倍野ハルカスを遠望 »