« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(4)2008年1月 - 名古屋市八事(やごと)の興正寺五重塔 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(6)2012年2月 - 三明寺と豊川稲荷の三重塔(いずれも愛知県豊川市) »

2014年7月21日 (月)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(5) - 性海寺(しょうかいじ)、萬徳寺(まんとくじ)の多宝塔(何れも愛知県稲沢市)

 

  「塔を巡る」の5回目は愛知県稲沢市の性海寺(しょうかいじ)と萬徳寺(まんとくじ)の両多宝塔。

何れも室町時代建立で文化的には重文指定を受けている多宝塔です。

また性海寺はあじさい寺として有名。

そして萬徳寺も花のお寺で牡丹のお寺として有名です。

訪れたのは5月1日。

名鉄国府宮駅(こうのみや えき)で下車し、性海寺、尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ 一般的には国府宮神社)、萬徳寺の順で散策しました。

 

  稲沢市には名鉄国府宮駅とJRの稲沢駅があります。

  まず性海寺に近い国府宮駅で下車しました。

  名鉄国府宮駅にて2200系特急。

Pict0003

 

  駅の西口に出ます。

Pict0005

 

  取り敢えず駅から西に向かい南北の通りである県道65号線に出て、さらに南に向かいます。

  歩きとしては結構長い25分から30分、下の案内板「大塚性海寺歴史公園→」の先の交差点を右(西)へ。

  東西の道路を「せんき薬師西福院」から「日吉神社」を左に見て次の次で左に(南に)折れると性海寺。

  国府宮駅からは徒歩ですと結構な距離です。

Pict0008

Pict0046

 

  性海寺境内の三方を取り囲むようにあじさい公園があります。

Pict0013

 

  性海寺の多宝塔。

Pict0028

 

  性海寺境内。

Pict0031

 

  あじさいの公園に入ってみました。自由に入れます。

Pict0037

 

  公園の西側が小高く、境内が見渡せます。

Pict0040

Pict0042

 

  一旦、国府宮駅に引き返します。

  特急「パノラマスーパー」。

Pict0083

 

  国府宮駅の西口のベンチで軽食を取りながら休憩。

  その後、はだか祭りで有名な尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)へ向かいます。

  尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)は一般的には国府宮神社(こうのみやじんじゃ)と呼ばれ、旧暦1月13日の儺追(なおい)神事は通称「国府宮はだか祭」と呼ばれています(wikiより)。

  国府宮駅の北側の踏み切りを東に行くと尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)の前。

  そしてさらに東に向かいもうすぐJRの稲沢駅というあたりの北側に萬徳寺があります。

 

  萬徳寺。

Pict0113

 

  鎮守堂。

Pict0119

Pict0120

 

  こちらが萬徳寺の多宝塔。

  やはり室町時代の建築で重文。

Pict0129

 

  萬徳寺が牡丹寺なのは前述したとおりです。

Pict0130

Pict0126

  撮影 2010/05/01

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(4)2008年1月 - 名古屋市八事(やごと)の興正寺五重塔 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(6)2012年2月 - 三明寺と豊川稲荷の三重塔(いずれも愛知県豊川市) »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(5) - 性海寺(しょうかいじ)、萬徳寺(まんとくじ)の多宝塔(何れも愛知県稲沢市):

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(4)2008年1月 - 名古屋市八事(やごと)の興正寺五重塔 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(6)2012年2月 - 三明寺と豊川稲荷の三重塔(いずれも愛知県豊川市) »