« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(12) - 岐阜公園の三重塔(岐阜市) | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(14) - 日吉神社の三重塔(岐阜県安八郡神戸町(ごうどちょう)) »

2014年8月28日 (木)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(13)2011年夏と秋 - 高山市 国分寺の三重塔(岐阜県高山市)

 

  高山市は古くから飛騨の中心であり江戸時代には飛騨郡代が置かれ飛騨地方を統括、現代でも飛騨の政治、商業、観光の中心地として栄えています。

古代には飛騨国分寺が聖武天皇による国分寺建立の詔(741年(天平13年))により757年(天平勝宝9年)頃に建立されたとされています。

その後幾度も戦火等で消失し、現在の建物は室町時代以後の建築によるものです。

本堂は室町時代中期、三重塔は1820年(文政3年)の再建とされています。

 

  2011年には夏と秋の2回高山市を訪れました。そのうちの数枚ずつの写真を上げました。

 

  国分寺は駅から北東の方向の国分寺通りに面してあります。

Dsc02941_3

 

  三重塔は再建されてから200年足らず。

  まだ国としての指定はありません。

Dsc02930_3

Dsc02932_2

Dsc02927_2

  以上撮影 2011/07/05

 

  以下撮影 2011/11/08

 

  秋の高山駅。

Dsc01784

 

  秋の国分寺では大イチョウが有名ですが、大イチョウが色づくのは比較的遅い模様。

Dsc01764

 

  本堂は室町中期の再建で国指定の重要文化財。

Dsc01765

Dsc01766

 

  大イチョウの色づきはもう少し。

Dsc01774

 

  秋には表門から鐘楼門までの脇に菊が並んでいました。

Dsc01780

 

  表門の脇にある庚申堂と石製の「「願掛けなでさるぼぼ」。

Dsc01783

 

  高山駅。

  南の陸橋から。

Dsc01795

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(12) - 岐阜公園の三重塔(岐阜市) | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(14) - 日吉神社の三重塔(岐阜県安八郡神戸町(ごうどちょう)) »

【塔】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(13)2011年夏と秋 - 高山市 国分寺の三重塔(岐阜県高山市):

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(12) - 岐阜公園の三重塔(岐阜市) | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(14) - 日吉神社の三重塔(岐阜県安八郡神戸町(ごうどちょう)) »