« (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(11) - 春帆楼(しゅんぱんろう)と日清講和記念館、本陣伊藤邸跡 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(13) - 門司港レトロに立ち寄る »

2014年8月13日 (水)

(フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(12) - 亀山八幡宮、旧英国領事館、旧秋田商会ビル、下関南部町(なべちょう)郵便局から門司港へ戻る

 

  赤間神宮から始まり唐戸の交差点へ向かう途中、唐戸市場の前の高台に亀山八幡宮があります。

御祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后・仁徳天皇。

亀山八幡宮のホームページによれば「平安時代・貞観元年(859)に宇佐八幡宮から勧請された」そうです。

残念ながらこのあたりから体力的な問題から散策が杜撰(ずさん)となっていき、亀山八幡宮も境内に入りながらも関門海峡を眺めるのみ。

城下町長府で力を使い過ぎたようです。

この後、旧英国領事館、秋田商会、下関南部町(なべちょう)郵便局を眺めてから市役所前まで行ってみましたが引き返し、唐戸桟橋へ戻りました。

このあたりにはまだ見どころがあるのですが、ここまで。

旧英国領事館は門司港から唐戸に着いてすぐに見学しましたが、秋田商会は帰り際に中に入ってみました。

 

  山陽道の石碑が・・。

Dsc03648

 

  上から国道9号線。

Dsc03642

 

  亀山八幡宮社殿。

Dsc03639

 

  亀山八幡宮から。

Dsc03645

 

  唐戸の交差点の歩道橋から旧英国領事館。

  重文指定されています。

Dsc03262

 

  内部の一部。

Dsc03266

 

  右が旧秋田商会ビル。

  左が下関南部町(なべちょう)郵便局。

Dsc03255

 

  下関南部町(なべちょう)郵便局。

  「明治33年(1900)に建てられた下関に現存する一番古い西洋建築(しものせき観光ホームページより引用)。」

Dsc03659

 

  旧秋田商会ビル。

  「大正4年(1915)に秋田商会の事務所兼住居として建てられたものです。秋田商会は日清戦争以後の海外進出機運に乗って創設された海運会社で、海外貿易を主な業務にしていました(しものせき観光ホームページより引用)。」

  内部に入って見学しましたが、
  現在は観光情報センターとして開放されているので、門司港から唐戸港を経て下関に入った場合には、まず立ち寄って情報を得るのが良いです。

Dsc03667

 

  関門汽船で門司港側に渡ります。

  門司港から到着のフェリー。

Dsc03671

 

  門司港側から関門橋と火の山。

Dsc03672

 

  門司港レトロのシンボルでもある門司港駅は工事中、残念!。

Dsc03673

 

  最後に少し門司港レトロを歩いてみました。

Dsc03676

  撮影 2014/07/26

|

« (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(11) - 春帆楼(しゅんぱんろう)と日清講和記念館、本陣伊藤邸跡 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(13) - 門司港レトロに立ち寄る »

中国地方」カテゴリの記事

町並み、街道、宿場町、道」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/60143505

この記事へのトラックバック一覧です: (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(12) - 亀山八幡宮、旧英国領事館、旧秋田商会ビル、下関南部町(なべちょう)郵便局から門司港へ戻る:

« (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(11) - 春帆楼(しゅんぱんろう)と日清講和記念館、本陣伊藤邸跡 | トップページ | (フェリーを利用して)下関(山口県下関市)を散策(13) - 門司港レトロに立ち寄る »