« 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(7) - 「蔵のまち中町」と「縄手(なわて)通り」 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(17)2011年10月 - 遍照院(へんじょういん 岡山県倉敷市西阿知))の三重塔 »

2014年9月21日 (日)

松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(8) - 重要文化財旧松本高等学校

 

  国宝松本城から「重要文化財旧開智学校」、松本神社、「蔵のまち中町」、「縄手(なわて)通り」を訪れて後、松本市散策の最後に訪れたのは「重要文化財旧松本高等学校」。

「旧松本高等学校」は戦後しばらく信州大学人文学部の校舎として使用された木造校舎で、現在では重要文化財に指定されている由緒ある建築物です。

この日は定休日の月曜日ということで本館、講堂ともに内部の見学は叶わず、外観のみを拝見してきました。

併設されている「旧制高等学校記念館」も同様に閉館していました。

 

  「蔵のまち中町」の半分ほどの位置にある「蔵シック館」バス停から東へ。

Dsc04136

 

  松本周遊バス「タウンスニーカー」の路線図。

  一乗車200円で一日乗車券は500円。

  この日は5回乗車したので大成功。

  松本城、重要文化財旧開智学校を巡るのに便利な北コースは反時計回りの運行(ピンク色)。

  「蔵のまち中町」から「重要文化財旧松本高等学校」、あがたの森公園、松本市美術館を巡るのに便利な東コースは時計回り(緑色)。

Dsc04137

 

  写真撮影の時系列を崩して並べます。

  門は西を向いていて、右側が本館、左が講堂。

  奥右手に旧制高等学校記念館があります。

Dsc04144

 

  本館正面から。

  本館は大正9年(1920年)、講堂は大正11年(1922年)に誕生(松本市公式ホームページより)。

Dsc04146

 

  校舎、講堂の保存が決まると一帯をあがたの森公園として整備。

Dsc04149

 

  本館。

Dsc04164

 

  コの字形をした本館の北側の部分。

Dsc04151

 

  その前の講堂。

  講堂は工事中で工事車両が入り込んでいます。

Dsc04141

Dsc04142

 

  講堂の西側。

Dsc04152

 

  北側の道路から講堂全体。

Dsc04157

 

  西側から講堂。

Dsc04160

 

  西側の道路を南に行き本館を振り返って。

Dsc04166

 

  あがたの森公園の広々とした景色。

  ベンチでしばし休憩。

Dsc04169

 

  本館の東側にある「旧制高等学校記念館」の建物。

  定休日で閉館中。

 

  この後、松本駅前にある松本バスターミナルから名古屋行き高速バスで帰途につきました。

Dsc04139

  撮影 2014/09/08

|

« 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(7) - 「蔵のまち中町」と「縄手(なわて)通り」 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(17)2011年10月 - 遍照院(へんじょういん 岡山県倉敷市西阿知))の三重塔 »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

コメント

松本は、大学受験も含め何度も訪れた土地です。だいたいの観光地は記憶にあるんやけど、minoさんのいきはるところはdeepなので、面白い。この大学に合格していれば、別の人生もあったかもの松本です^^

松本城
石川数正は、とても興味がある武将なんやけど、小説はとても少ない。子の康長は、大久保長安のからみでまあまああるんやけど、きっと後で創作された徳川四天王の「一致団結話」を相対化してくれそうで。

松本高校
といえば、北杜夫。松本高校関係では、「どくとるマンボウ青春記」が印象に残ってるけど、「少年」とかも、とても綺麗な小説で好きでした。

投稿: tera | 2014年9月22日 (月) 05時33分

御免ね^^;旅行していたので返事遅れました。
2本の記事はタイマーでアップしたもので、その時はもう旅行中でした。

大学受験も含め
>奇遇ですね。私もこの大学を受けました。しかもこの木造校舎で受験しました。

したがって、文化財としてだけでは無く、私の人生の一コマを振り返りに行ったようなものです。
ただ、ドライな話をすれば、ここは受かる見込みがまったくありませんでしたので、それほど深く思い入むような事はありません。それでも懐かしい。

北杜夫はたくさん読みました^^
「どくとるマンボウ・・」シリーズは面白かったです。
山形の閉鎖中の斎藤茂吉記念館を外観だけ見学してきて、ちょっと「楡家の人びと」を思い出しました。

でも、北杜夫はもう東京出身なんですよね。


石川数正は失敗したんじゃないのかなあ、いろいろな意味で^^;

投稿: mino | 2014年9月26日 (金) 22時45分

訂正

閉鎖中の斎藤茂吉記念館→×

閉館中の・・・・・  →○
 曜日の関係で休館中だった。

投稿: mino | 2014年9月26日 (金) 23時32分

>御免ね^^;旅行していたので返事遅れました。
新しい記事のネタを仕入れにいってたんやな。楽しみです^^
おいらも、この日曜出発で、米子から浜田にかけて旅行します。

>ただ、ドライな話をすれば、ここは受かる見込みがまったくありませんでしたので、それほど深く思い入むような事はありません。それでも懐かしい。
おいらも、スキーの板をかついで受けに行ったので^^;

>石川数正は失敗したんじゃないのかなあ、いろいろな意味で^^;
結果的にはそうなんやけど、主家を代えるのは当たり前の時代。松平家臣団もそうで、(というより、主君を殺したりしてかなり酷くて)、最終的の残る家臣を儒教的な色彩で持ち上げようとしたイメージがあってね。
例えば、傍流の本多正信(この人も興味深い)については、いろいろな小説があるけれども、家臣団の中でもとびっきり血統のいい数正の話は、少ない感じがして。

投稿: tera | 2014年9月27日 (土) 06時12分

旅行はどうでしたか?

それにしても浜田とは渋いですね^^
浜田は柿本人麻呂関係とお城跡ぐらいしか思いつかないです^^;

前者で何か面白い話があるのでしょうか?


家臣団の中でもとびっきり血統のいい数正の話は、少ない感じがして。
>なるほど。確かに聞きませんね。
数正のエピソードも余り知りませんし、小説の題材にはしにくいのでしょうか。

米子城からの眺望は素晴らしいですよ。大山も見えます^^
この両都市は素通りが多くてあまり知らないのですが・・・。
松江とか出雲は寄るんですか?また帰ってから聞かせて下さい^^

投稿: mino | 2014年9月29日 (月) 11時49分

まずは、フェリーで見かけたかのtera2さんの話なんやけど、違うとのことです。
岐阜を案内してもらって感謝してます。香川に旅することがあれば、ぜひ知らせてくださいと言ってましたよ^^

>米子城からの眺望は素晴らしいですよ。大山も見えます^^

今回の旅行は、米子に赴任している義弟を訪ねて、その帰りに浜田自動車道経由で娘二人を広島と岡山に送っていく目的で。
米子・松江周辺は、以前、倉吉や境港の「ゲゲゲ」はいったことがあるんやけど、肝心の両市を見ていない。
それで、米子城や八雲邸、足立美術館なんかも訪れる予定やったんやけど、けっきょく時間がなくて^^;
収穫の一つは、美保関。灯台も神社も面白かったわ。
石見銀山にも初めて行きました、泊まったのは温泉津。鄙びた温泉なんやけど、当時の雰囲気を残す宿でした。
太田は、世界遺産の指定があってか、けっこう整備されつつあるんやけど、お隣の江津や浜田(繁栄の名残を訪ねたいと思ってた)地域は、まだまだこれからという感じで、ちょっと残念。

minoさんは、吉田拓郎の「苫小牧発仙台行きフェリー~♪」に乗って、東北・北海道に行ってたんや。じっくり読ませてもらいます^^

投稿: tera | 2014年10月 4日 (土) 06時50分

tera2さんの話なんやけど
>有難う^^
tera2さん、仏生山を訪れるときにはまたお願いします^^。

今回の旅行
>なるほど。そういう事でしたか。

収穫の一つは、美保関。灯台も神社も面白かったわ。
>それは羨ましい。先っぽまで行ったんですね。
米子は何度も寄るんですが、なかなか境港方面には行けず、「ゲゲゲ」も見たことないんです^^;
倉吉、鳥取も私の空白地帯。なかなか行きにくい^^。
石見銀山も羨ましい。手前には日御碕、出雲もありますしね(昔の出雲市駅駅舎が残っていた筈)。

吉田拓郎の「苫小牧発仙台行きフェリー~♪」に乗って
>本当ですね。昔からあの航路はあったんだ・・。今までまったく気づきませんでした。どうしても関東というと大洗からのフェリーを思い浮かべるので・・・

投稿: mino | 2014年10月 4日 (土) 20時29分

追伸

美保神社
>本当! 
興味深い神社ですね。
やはり出雲と関係深そうですね。
松江市なんだ。

投稿: mino | 2014年10月 4日 (土) 21時56分

美保神社
>それは羨ましい。先っぽまで行ったんですね。
>松江市なんだ。

うんうん、先っぽまでいったよ^^
灯台からは、隠岐や大山が見えました。帝国海軍の美保関事件も初めて知って。
美保神社はとても立派な神社で、当時の隆盛が忍ばれる。その近くの「青石畳通」にある「美保館」。これも素晴らしい建物で、機会があれば是非。

米子から西に車で走れば松江なんやけど、北に行っても松江。びっくりや。「国引き」やねえ^^

>米子は何度も寄るんですが、なかなか境港方面には行けず、「ゲゲゲ」も見たことないんです^^;
>倉吉、鳥取も私の空白地帯。なかなか行きにくい^^。

米子周辺は、歴史的にも今も朝鮮半島との交流があってか、スーパー(イオンね)に行っても、韓国の物産(キムチの種類とか)が多い感じがしたわ。
おいらは妖怪好きやから、前に行った時、「ゲゲゲ」関連の写真をいっぱいとってきました^^
それと、倉吉はこのあたりでとびっきり美しい町ですよ。

>昔の出雲市駅駅舎が残っていた筈

今回訪れてびっくりしたのは、一畑電鉄の「出雲大社前駅」が現役やったこと。
国鉄時代の「大社駅」。おいらは高校の頃、山陰線の急行で行ったことがあるんやけど、これも残ってました。
両駅は、全く違う意匠なんやけど、どちらもいいなあ。

投稿: tera | 2014年10月 5日 (日) 06時36分

倉吉はこのあたりでとびっきり美しい町ですよ。
>そうですか、倉吉と鳥取は行きたいんですが、なかなか・・。

間違えてました。teraさんの仰る国鉄時代の「大社駅」の事でした。
一畑電鉄の「出雲大社前駅」も良さげですね。
これだけで私にとっては行く価値のある訪問地となります^^

おいらは高校の頃、山陰線の急行で行ったことがあるんやけど
>高校の頃によく旅行していて羨ましいです。
私はもっぱら時刻表の旅でした^^;

投稿: mino | 2014年10月 5日 (日) 15時52分

9月頭にチェンマイに行ってて、その後事故ってヘタってました。
なんとか杖なしで歩けるようになったこの頃。

信州大学、私も受けました。
生物で、「中央アルプスの高度による植物遷移」って問題がでて泣きながら帰ってきました。
知らんがな…他地域イジメよくない…-_-;

松本城はいいお城でした。
下見板張の黒い壁や、破風破風してない直線的な屋根は、
戦国時代の香りが濃くて好きです。


仏生山、お越しになる時は是非教えて下さい。
あんまり行きやすくない東讃も、いろいろ見どころもありますよ~。
屋島、八栗、志度、白鳥、引田、大窪寺(88番札所)、なんかもお勧めです。

あと、11月の初めに名古屋に行くんですが、
時間が合いそうならまたいろいろ教えていただきたいな~と。
宿は一宮にとる予定です。

台風、それるといいなぁ、と願いつつ

投稿: tera2 | 2014年10月10日 (金) 23時17分

なんとか杖なしで歩けるようになったこの頃。
>大丈夫ですか?自愛して下さい^^;

私も受けました。
>そうなんだ!!なぜか人気のある信州大学^^
私も生物で受けましたが理系だとそんなのが出るんですね。そりゃあ、分からない。

松本城はいいですよね^^工事中なのが残念でした。

仏生山お願いしますね。時期的には多分冬になってしまいますが・・。
東讃は志度寺ぐらいで余り知りません。
白鳥、引田、大窪寺(88番札所)にいたってはまったく知らないので、時間があればまたよろしくお願いします。

11月の初め
>良ければご一緒したいです^^。
ただ、私もすでに初旬に旅行が決まっていますので、メールで日程を確認したいと思います。
後でメールをお送りしますのでよろしくおねがいします。

そうですね、台風来ても、せめて空振ってくれれば、と思います。

投稿: mino | 2014年10月11日 (土) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(8) - 重要文化財旧松本高等学校:

« 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(7) - 「蔵のまち中町」と「縄手(なわて)通り」 | トップページ | 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(17)2011年10月 - 遍照院(へんじょういん 岡山県倉敷市西阿知))の三重塔 »