« 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(5) - 「重要文化財旧開智学校」(2) | トップページ | 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(7) - 「蔵のまち中町」と「縄手(なわて)通り」 »

2014年9月16日 (火)

松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(6) - 松本城の北、松本神社

 

  松本城から旧開智学校を見学してのち、松本城の北に位置する松本神社へ徒歩で引き返しました。

松本周遊バス「タウンスニーカー」は一方通行のバス路線なので、「旧開智学校」バス停から「松本城北」バス停まで引き返すには徒歩でしか方法はないのですが、そこはバス停一つの距離、数分で松本神社横に戻ることができました。

松本神社は戦後の昭和28年(1953年)に幾つかの神社が最終的に合祀されてできた神社で、神社名としては比較的新しい。

ただ合祀した各々の神社は由緒があり、それぞれの御祭神や御祭神が祀られた経緯を見るとその由緒に納得させられます。

松本神社は道路を挟んだ南側が松本城の内堀に面しており、これらも見ておきたいと考えここまで引き返してきました。

 

  現開智小学校の正門から南に延びる道路を行くと、ここ松本神社の西の側門前に至ります。

Dsc04059

 

  側門からお堀沿いの道路にある南側の正門側に回り込みます。

Dsc04061

Dsc04062

Dsc04066

 

  道路に面した正面。

Dsc04069

Dsc04072

 

  幹の太い巨木と呼べるような木々が何本もあります。

Dsc04074_2

 

  境内と社殿。

Dsc04075

 

  合祀した各御祭神の由緒など。

  最終的には昭和28年(1953年)に五社と若宮八幡を合祀し松本神社に改称したとあります。

Dsc04079

 

  各々の御祭神。

  一色と見えるのは最後の藩主家 戸田(松平)家の遠祖。

Dsc04080

 

  素朴ながら引き締まった社殿です。

  そんなに古くはなさそうですね。

Dsc04081

 

  お堀端の道路にも巨木が切られることなく残されています。

Dsc04084

 

  本丸に通じる通路。

  向こう側は本丸。

Dsc04086

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Jpg

 

  通路から中堀(内堀)の西の方向。

Dsc04087

 

  東の方向。

  二の丸御殿跡とを結ぶ橋が見えます。

Dsc04089

 

  一旦松本駅前へバスで戻りました。

  次は松本周遊バス「タウンスニーカー」東コースのバスに乗車します(今まで利用したのは北コース)。

Dsc04091

  撮影 2014/09/08

|

« 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(5) - 「重要文化財旧開智学校」(2) | トップページ | 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(7) - 「蔵のまち中町」と「縄手(なわて)通り」 »

甲信越地方(新潟県、山梨県、長野県)」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(6) - 松本城の北、松本神社:

« 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(5) - 「重要文化財旧開智学校」(2) | トップページ | 松本城を中心に松本市を散策(長野県松本市)2014年9月(7) - 「蔵のまち中町」と「縄手(なわて)通り」 »