« 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(17)2014年9月 - 函館 ベイエリア赤レンガ倉庫群 | トップページ | 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(19)2014年9月 - 函館駅にて »

2014年10月20日 (月)

平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(18)2014年9月 - 函館 函館山からの函館昼風景 帰途につく

 

  名古屋港を太平洋フェリーで21日に出発してから5日目の函館市観光で一連の観光旅行は終わり。

後はひたすら岐阜に向けて帰りの途に就くのみです。

途中、多少の時間があれば観光をと考えましたが、余りその気も起きず、そのままいつものようにユルユルと岐阜まで帰りました。

 

  さて、函館観光の最後は函館山にロープウェイで登ってみました。

函館の夜景は函館観光の目玉ですが、前日は早々とホテルに入り寝てしまい、残念がら機を逸してしまいました。

やはり前々日の無理な移動が祟ったようです。

 

  二日目のこの日は休養も十分で朝早くから街中に繰り出し、函館山ロープウェイへ向かいましたが、まだ営業前という勇み足。

Dsc04982

 

  営業前の試験運転中のロープウェイを見上げて。

Dsc04985

 

  午後になって再び訪れロープウェイから。

Dsc05220

 

  向こう側の岸壁に見えるのはクルーズ観光船。

  そのためこの日は西欧系の観光客を多く見かけました。

  また中国語を話す観光客も非常に多い。

 

  函館は本当に観光都市だと感じました。

  循環バスの女性運転手も外国人相手に英語で対応でき、そのホスピタリティの質の高さは街全体に行き渡っているようで、感心しきりの函館観光でした。

 

  手前は護衛艦と海上保安庁の艦船。

Dsc05223

 

  旧青函連絡船の摩周丸と函館駅。

  摩周丸も記念館として見学できます。

  余りにも観光資源が多くてとても手が回りませんでした。

  まだトラピチヌス修道院も函館観光の目玉としてありますし。

Dsc05230

 

  五稜郭タワー付近。

Dsc05236

 

  夜景はこれが夜になります(当たり前ですね)。

  時間はあったのに残念なことをしました。

Dsc05247

 

  右から函館聖ヨハネ教会、左手前が函館ハリストス正教会、向こう側がカトリック元町教会。

Dsc05250

 

  津軽海峡フェリーの出港。

Dsc05257

 

  ロープウェイで下る途中。

Dsc05262

 

  下る途中、三教会。

Dsc05264

 

  循環バス 元町・ベイエリア周遊号で函館駅に帰ってきました。

  思わず忘れそうになったお土産を購入してホームへ。

Dsc05267

 

  函館本線 七飯(ななえ)行き普通。

Dsc05270

 

  特急「スーパー白鳥」789系と左 特急「北斗」183系気動車。

Dsc05272

  撮影 2014/09/25

|

« 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(17)2014年9月 - 函館 ベイエリア赤レンガ倉庫群 | トップページ | 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(19)2014年9月 - 函館駅にて »

北海道」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/60516613

この記事へのトラックバック一覧です: 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(18)2014年9月 - 函館 函館山からの函館昼風景 帰途につく:

« 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(17)2014年9月 - 函館 ベイエリア赤レンガ倉庫群 | トップページ | 平泉(岩手県)と函館(北海道)を訪れる(19)2014年9月 - 函館駅にて »