« 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(4) - 会津若松城(鶴ヶ城)(2)本丸と天守閣 | トップページ | 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(6) - 鶴ヶ城(会津若松城)を後にして史跡「甲賀町口門跡」へ »

2014年11月16日 (日)

晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(5) - 会津若松城(鶴ヶ城)(3) 天守閣

 

  さて、会津若松城の天守閣に登ります。

しかし、2003年と今回では入口が異なっていました。

下の2003年の際に撮影した写真と比べて頂ければ一目瞭然ですが、前回は閉じられていた塩蔵が今回の入り口で、出口は走長屋と干飯櫓(ほしいやぐら)からと変更されていました。

天守閣を下りると走長屋の中に売店があり必ず売店を通り抜けなければ外に出られない様な仕様となっており、この方式は最近どこの観光地でも採用されています。

 

  今回は天守閣の真下から入りました。

Dsc05663

 

  前回2003年の様子。雪の残る3月。

  階段はありますね。

Img029

 

  こんな風に閉まっていました。

Img037

 

  出入口は走長屋にありました。

Img031

 

  今回は走長屋からの階段は出口専用でした。

  他に干飯櫓(ほしいやぐら)にも出口があります。

Dsc05695

 

  天守と鉄門(くろがねもん)。

  天守と鉄門は1965年(昭和40年)に再建されました。

  現在の赤瓦に葺き替えられたのは2011年(平成23年)のことです。

Dsc05702

 

  天守と走長屋。

Dsc05704

 

  鉄門(くろがねもん)。

Dsc05708

 

  南走長屋(みなみはしりながや)と干飯櫓(ほしいやぐら)。

Dsc05710

 

  入口を入ると塩蔵の石垣。

  現存遺構です。

  上に乗っている天守閣等の建築物は再建ですが。

Dsc05712

 

  塩蔵の見回りの様子を再現。

Dsc05713

 

  内部展示は撮影禁止で写真はありません。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図です。

Photo

 

  天守閣から西方向。

  石垣の向こう側(左上)の広場は西出丸跡の駐車場。

Dsc05714

 

  こちらは北出丸。建物がある場所がそれです。

Dsc05715

 

  こちらは二の丸、三の丸のある東方向。

Dsc05720

 

  磐梯山と飯盛山。

  ポールが立っているあたりが飯盛山です。

Dsc05722

Dsc05725

 

  手前から走長屋、鉄門(くろがねもん)、南走長屋(みなみはしりながや)、干飯櫓(ほしいやぐら)。

Dsc05727

 

  干飯櫓。

  左の石垣上に向かって出口があります。

Dsc05728

 

  現在の鶴ヶ城(会津若松城)の様子。

Dsc05730

  撮影 2011/11/08

|

« 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(4) - 会津若松城(鶴ヶ城)(2)本丸と天守閣 | トップページ | 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(6) - 鶴ヶ城(会津若松城)を後にして史跡「甲賀町口門跡」へ »

東北地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(5) - 会津若松城(鶴ヶ城)(3) 天守閣:

« 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(4) - 会津若松城(鶴ヶ城)(2)本丸と天守閣 | トップページ | 晩秋の会津若松(福島県)を訪れる 2014年11月(6) - 鶴ヶ城(会津若松城)を後にして史跡「甲賀町口門跡」へ »