« 東京「お上りさん」旅行2014年11月末(2) - 「はとバス」で東京スカイツリーへ | トップページ | 年末の京都散策 祇園四条2014年(1) - 四条大橋と祇園界隈 »

2014年12月25日 (木)

東京「お上りさん」旅行2014年11月末(3) - 昼食のち浅草寺(せんそうじ)散策

 

 

  東京スカイツリーを後にしてお昼は浅草の米久本店で牛鍋。

創業は明治19年(1886年)でひさご通りにある老舗店です。

食事自体は牛鍋しか食しませんでしたが、団体さんなので致し方ないところ。

いろいろメニューはあるようです。

大広間で何十人という観光客が一斉に食事という形ですが、食前にビールなど飲み物は注文できます。

しかし食べ終わったら浅草寺の散策が待っているのでそんなに時間をかけることもできません。

 

  浅草寺本堂の裏、北にある駐車場でバスを下車し、花やしき通りからひさご通りにある米久本店へ。

Dsc06291

 

  昼食ということで基本的に牛鍋だけ。美味しかったですよ。

  鍋が小さい以外はすき焼きです。

Dsc06290

 

  花やしき通りを浅草寺へ戻ります。

  途中にある浅草花やしき。

  1853年(嘉永6年)開園で、日本最古の遊園地とされていますが、途中断絶時期があるので断絶の無い1912年(大正元年)開業とされるひらかたパーク(大阪府枚方市)の方が長いという意見もあります(wiki参照改)。

Dsc06293

Dsc06298

 

  花やしき通り、振り返って。

Dsc06301

 

  西から境内に入って右手に見える五重塔。

  雨に煙っています。

Dsc06304

 

  本堂の前からの五重塔。

  五重塔は昭和48年(1973年)の再建でコンクリート造り(残念!)。

Dsc06305

 

  本堂。

  本堂は昭和33年(1958年)の再建で同じく鉄筋コンクリート造り。

Dsc06308

 

  宝蔵門。

Dsc06311

Dsc06312

 

  宝蔵門(仁王門)。

  昭和39年(1964年)の再建で同じくコンクリート造り。

Dsc06318

 

  宝蔵門前から雨に煙った東京スカイツリー。

Dsc06314

 

  仲見世通りへ。

  雨のなか多くの人々と飛び交う外国語。

Dsc06319

 

  伝法院通りとの四つ辻。

Dsc06321

 

  この店でお土産選び。

Dsc06322

 

  伝法院通り。こちらが北側。

Dsc06325

 

  南側にはスカイツリーが見えます。

Dsc06334

Dsc06329

 

  さらに仲見世通りを雷門へ。

Dsc06337

 

  雷門内側から。

Dsc06341_2

 

  雷門から仲見世通り。

Dsc06342_2

 

  雷門横から。

Dsc06346

 

  雷門。昭和35年(1960年)の再建(同じくコンクリート)。

  写真を撮ろうという人が多いのでこれが精一杯。

Dsc06345

 

  南側の水上バス乗り場へ道路を渡ります。

  東武浅草駅。見た目は意外に小さいのですが3面4線のホームがあるらしい。

Dsc06347

 

  水上バス乗り場から対岸に見えるアサヒビール本部ビルのオブジェ。

  当初は「躍進するアサヒビールの心」を象徴する「炎のオブジェ」で、隣のアサヒビールタワーを突き抜け尾部が屋根に残るようにするつもりであったものがメンテナンスや諸々の理由で現在の姿になったとか(Wiki等参照)。

  「う○こ」と呼ばれるも「もはや撤去したら負け」状態になっている有名なオブジェです。

Dsc06350

  撮影 2014/11/29

|

« 東京「お上りさん」旅行2014年11月末(2) - 「はとバス」で東京スカイツリーへ | トップページ | 年末の京都散策 祇園四条2014年(1) - 四条大橋と祇園界隈 »

」カテゴリの記事

東京都」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/60856889

この記事へのトラックバック一覧です: 東京「お上りさん」旅行2014年11月末(3) - 昼食のち浅草寺(せんそうじ)散策:

« 東京「お上りさん」旅行2014年11月末(2) - 「はとバス」で東京スカイツリーへ | トップページ | 年末の京都散策 祇園四条2014年(1) - 四条大橋と祇園界隈 »