« 新年旅行 2015年1月(7) - 坂出駅(さかいでえき 香川県坂出市)にて | トップページ | 新年旅行 2015年1月(9) - 高松、坂出付近の雨中旅行(2) 瀬戸内海歴史民俗資料館(1)と小槌島と大槌島 »

2015年1月17日 (土)

新年旅行 2015年1月(8) - 高松、坂出付近の雨中旅行(1)丸亀港太助灯篭、瀬戸大橋記念公園、坂出市塩業資料館

 

  新年旅行3日目は四国香川県の丸亀市から始まりました。

この日は朝からあいにくの雨でしたが、高松在住の友人の案内を頂いて車による旅行であったため、インドアの博物館、資料館中心の旅行としてなんとかしのぐことができました。

 

  手始めに丸亀駅から歩いて5分ぐらいの距離にある丸亀港の太助灯籠を訪れました。

以前、岡山県の児島(現倉敷市)の塩田王である野崎家を訪れた際の記事で下津井電鉄の設立の理由、原因等について書いたことがあります。

江戸時代から本州、四国の間の金刀比羅参拝の最短ルートとして賑わったのが下津井~丸亀ルートでした。

しかし、明治中期から末期にかけて岡山~宇野~高松のルートが開通し倉敷~下津井~丸亀のルートから前者に人、モノの流れが変わり、これに丸亀、児島、下津井の豪商、豪農、廻船問屋等が流れを元に戻すべく新しい鉄道を敷設し対抗しようとしました。

これが後の下津井電鉄です。

しかし結果的には国鉄の宇高連絡船に人、モノの流れは奪われ下津井~丸亀ルートは元の賑わいを取りもどすことはできませんでした。

その江戸時代から明治時代の賑わいを彷彿とさせる遺構として残るのが太助灯篭です。

 

  太助灯篭と瀬山登の像。

  瀬山登は丸亀藩家臣で丸亀うちわを藩の産業として育成、丸亀港を整備し、金刀比羅参拝客に丸亀うちわを土産として販促して丸亀うちわの名を全国的に広めることに貢献しました。

Dsc07433

 

  金毘羅講灯篭。(全文)

丸亀は金毘羅参詣客の上陸地で、門前みなととして栄えてきた。
金毘羅講寄進のこの青銅灯篭は 、天保九年(1838年)の製作で、五・二八メートル、蓮    華をかたどり八角形である。
ここの船溜り(新堀湛甫)を築造するとき、当地の金毘羅宿の主人、栢屋団次らが発起で江戸に行き、江戸および近国で千人講を作り、
江戸本所相生町の富商塩原太助の奉納金八十両をはじめ、千三百五十七人が金でできた信仰と、航路標識をかねたもので、
江戸講中の代表八十両の最高額寄付者の名をとどめて、一名「太助灯篭」とも呼んでいる。
天保の昔、対岸に二基、福島湛甫に二基建てられたが、戦時中の金属回収で姿を消し、この一基だけが残っている。
金毘羅街道の「一の灯篭」である。
                 丸亀市教育委員会

Dsc07436

Dsc07435

 

  太助灯篭付近から「みなと公園」。

Dsc07437

Dsc07440

Dsc07444

 

  「みなと公園」から。

Dsc07445

 

  丸亀から車で坂出市の瀬戸大橋記念公園へ。

  瀬戸大橋と瀬戸大橋タワー。

Dsc07450

 

  左のゾーンの海に面した白い部分が「香川県立東山魁夷せとうち美術館」。

  ここに入館。

  一般(大学生含む)300円。特別展は510円~610円。

  写真はありません。

 

  瀬戸大橋記念公園への公共交通のアクセスは坂出駅からのコミュニティバスがあります。

  坂出市営バス 時刻表、運賃表。

Dsc07453

 

  その後「坂出市塩業資料館」へ。

  大人200円、高校・大学生150円、小・中学生 無料、幼稚園以下 無料。

  塩業は瀬戸内での大きな産業でした。

  讃岐の塩づくりの歴史、道具展示を中心に塩づくりのいろいろな様や塩とくらしに関する展示が三つのゾーンに分けて展示されています。。

Dsc07460

Dsc07461

 

  久米通賢(くめみちかた)。

  江戸時代の讃岐(現 香川県)の人。

  大坂で暦学・数学等を学び、1806年(文化3年)高松藩の測量方に採用され、讃岐国最古の実測地図を作成。

  のち塩田開発を藩に進言し採用され塩田開発に従事。「塩田の父」とも。

  また兵法、オランダ流砲術も学んだ。(以上Wiki等参照)。

  香川県の偉人の一人とされています。

Dsc07462

 

  塩田の絵図。

Dsc07463

 

  展示の一部。

Dsc07466

Dsc07476

  撮影 2015/01/06

|

« 新年旅行 2015年1月(7) - 坂出駅(さかいでえき 香川県坂出市)にて | トップページ | 新年旅行 2015年1月(9) - 高松、坂出付近の雨中旅行(2) 瀬戸内海歴史民俗資料館(1)と小槌島と大槌島 »

四国地方」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

歴史的建築物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/60988923

この記事へのトラックバック一覧です: 新年旅行 2015年1月(8) - 高松、坂出付近の雨中旅行(1)丸亀港太助灯篭、瀬戸大橋記念公園、坂出市塩業資料館:

« 新年旅行 2015年1月(7) - 坂出駅(さかいでえき 香川県坂出市)にて | トップページ | 新年旅行 2015年1月(9) - 高松、坂出付近の雨中旅行(2) 瀬戸内海歴史民俗資料館(1)と小槌島と大槌島 »