« 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(2) - 大王﨑灯台にて | トップページ | 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(4) - 波切城址からバス停へ戻る »

2015年2月 8日 (日)

九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(3) - 波切九鬼氏の波切城址(なきりじょうし)

 

  大王﨑灯台から西方向に見える「八幡さん公園」こと波切城址は海に突き出た台地状の地形で大変特異に見えます。

今回、波切を訪れた印象では地元、特に仙遊寺を中心とした人々にとって戦国大名の九鬼氏、なかんずく九鬼嘉隆は出自不詳の人物であり、波切九鬼氏との関係は不明であるとする(もう少し強く言えば関係のない人物という)考えが垣間見えました。

 

  大王﨑灯台から「八幡さん公園」こと波切城址。

Dsc06890

 

  大王﨑灯台は登録有形文化財に登録されています。

Dsc06897

 

  波切(なきり)あたりが強調されている案内図。

Dsc06898

 

  実際の地図。

  鵜方駅からのバスは大王崎から西に御座(ござ)まで向かい、英虞湾に面した北側の御座港が終点。

  路線バスは地図の黄色い志摩バイパスでは無く半島の南側に沿った生活道路を走ります。

  また終着の御座港と近鉄志摩線終着駅の賢島駅すぐ近くの賢島港とは高速船で結ばれています。

 

  灯台から西に下るとお土産屋さんのお店が並んでいます。

  真珠の宝飾品や海産物が主な商品でした。

  この日は観光客もそこそこの数でした。

Dsc06900

Dsc06901

 

  商店街を抜けて振り返ったところ。

Dsc06902

 

  その先に波切城址の八幡さん公園が見えます。

Dsc06903

Dsc06904

 

  波切九鬼城址の碑。

Dsc06905

 

  土塁や石垣の石とも見られるものが残っています。

  遺構なのかどうかは判りません。

Dsc06908

Dsc06910

 

  城址とされる全体。

  海に向かって緩やかに傾斜しています。

Dsc06939

 

  八幡神社。

  八幡神社が鎮座しているので八幡さん公園というようです。

Dsc06911

 

  波切城址(八幡さん公園)から大王﨑灯台。

Dsc06921

 

  画家のモニュメントと大王﨑灯台。

Dsc06926

 

  八幡さん公園から西の方向。

Dsc06930

 

  先ほど大王﨑灯台からやって来た道。

  この手前を左へ下り、バス停に向かいます。

Dsc06946

  撮影 2014/12/29

|

« 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(2) - 大王﨑灯台にて | トップページ | 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(4) - 波切城址からバス停へ戻る »

お城」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

東海地方(岐阜県、愛知県、三重県、静岡県)」カテゴリの記事

コメント

このあたりのこと、とてもなつかしい^^
大王﨑もパルケも、それにminoさんが紹介してくれた史跡のほとんど、訪れてます。

九鬼氏に関心を持ったのは、白石一郎さんの小説を読んでです。白石さんの小説に関心を持ったのは、網野さんの「非農耕非定住民」の話が決定的で、また1990年前後は、経済史も水上交通と東アジアがエポックになっていた(「プロト工業化論」や中国史の人達も続々と参戦してきての感じあるわ)。その後も、この分野の研究は大きく進展していて、とても興味あります。

一方で、雑賀衆の末裔いわれて育ったおいらの母方の実家。昨年、売りに出されてしまいました。おいらの投機の些細な儲けでは、買い戻せなかった。残念^^;

投稿: tera | 2015年2月23日 (月) 06時29分

史跡のほとんど、訪れてます。
>そうなんや!良いところですよね^^。

経済史も水上交通と東アジアがエポックになっていた
>なるほど。網野さんも白石さんも面白い仕事してますね。

実家は古い家なんですか?由緒があるとか?
雑賀衆の末裔、山城の城主などご先祖様が判明しているのは羨ましい^^。

投稿: mino | 2015年2月24日 (火) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/61103667

この記事へのトラックバック一覧です: 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(3) - 波切九鬼氏の波切城址(なきりじょうし):

« 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(2) - 大王﨑灯台にて | トップページ | 九鬼氏の波切(なきり)城址と大王﨑灯台を訪ねる(4) - 波切城址からバス停へ戻る »