« 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(3) - 二条城を散策(1)二の丸御殿と二の丸庭園 | トップページ | 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(5) - 二条城を散策(3)本丸から内堀の外を唐門まで戻る »

2015年3月30日 (月)

京都散策(桜はつぼみ)3月26日(4) - 二条城を散策(2)本丸 天守跡と本丸御殿など

 

  現在の二条城は慶長8年(1603年)に落成した江戸時代の築城によるものです。

それ以前にも信長などの二条城が存在しました。

それらの旧二条城時代の遺構としては本丸外の西に残る石垣跡があります。

二条城はもともと徳川家康が京に滞在中の宿所として築城されました。

その後は歴代将軍が京に滞在するおりに利用するべく宿所としての役割を担っていましたが実際に利用されたのは江戸初期(寛永11年(1634年)に三代将軍家光の入洛以後幕末まで絶える)と幕末の一時代のみでした。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

  二条城ホームページの城内マップ。

Nijoutyo

 

  本丸櫓門(重文)から本丸内に入ります。

Dsc08388

 

  その前から右手方向(北)にある鳴子門。

Dsc08383

 

  左手方向(南)にあるのは桃山門(重文)。

Dsc08387

Dsc08389

 

  本丸内から本丸櫓門を振り返って。

Dsc08394_2

 

  本丸御殿のうち御常御殿(重文)。

  本丸御殿は旧桂宮邸を明治時代に現在の場所に移築したもので二条城とは本来関係のない建築物。

  本丸御殿全体が重文に指定されていますが耐震性に問題ありとして2007年以来公開されていません。

Dsc08397_2

 

  左手に本丸庭園を見てその奥に天守台があります。

Dsc08399

Dsc08400

 

  天守台から内堀北の方。

  天守台は本丸の西南隅に位置します。

Dsc08402

 

  下に見える西南土蔵(重文)。

Dsc08404

 

  橋の向こうに見えるのが西北土蔵(重文)。

  内堀に架かる橋の外側にはトイレ、休憩場、自動販売機などがあります(無人)。

Dsc08406

 

  内堀の東方向。

Dsc08407

 

  本丸御殿の御常御殿と御書院の建物。

Dsc08409

 

  本丸御殿玄関。

Dsc08414

  撮影 2015/03/26

|

« 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(3) - 二条城を散策(1)二の丸御殿と二の丸庭園 | トップページ | 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(5) - 二条城を散策(3)本丸から内堀の外を唐門まで戻る »

お城」カテゴリの記事

観光地」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(4) - 二条城を散策(2)本丸 天守跡と本丸御殿など:

« 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(3) - 二条城を散策(1)二の丸御殿と二の丸庭園 | トップページ | 京都散策(桜はつぼみ)3月26日(5) - 二条城を散策(3)本丸から内堀の外を唐門まで戻る »