« 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(3) - 嵐電嵐山駅から仁和寺へ | トップページ | 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(5) - 仁和寺にて(2)御室桜と五重塔 »

2015年4月15日 (水)

京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(4) - 仁和寺にて(1)二王門、勅使門、中門

 

 

  嵐電(らんでん)御室仁和寺(おむろにんなじ)駅で下車すると駅前から仁和寺の二王門が望めます。

歩いて三分ぐらいの距離。

二王門を入ると正面に中門、左すぐに御殿があります。

普段の拝観部分は御殿のみですが御室桜(おむろざくら)の時期のみ伽藍特別入山料(観桜券とも言える)が必要で二王門と中門との間に拝観受付が設けられます。

伽藍特別入山料は大人(高校生含む)500円、中、小学生200円でした。

 

  嵐電御室仁和寺駅。

Dsc08732

 

  山門の二王門。1641~1645年建立の重要文化財。

  仁和寺は「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

Dsc08735

 

  普段境内は自由。

  中門が見えます。御室桜は伽藍の中門内。

Dsc08744

 

  御殿の拝観受付と本坊(御殿)表門。

  大人(高校生を含む)500円、中、小学生300円。

Dsc08746

 

  本坊表門の横に咲いている桜。

  最初の桜なのでつい撮影してしまう。

Dsc08747

 

  勅使門がさらにその横にあります。

Dsc08750

 

  勅使門。登録有形文化財。

Dsc08751

 

  ここから入山券が必要です。

Dsc08752

 

  入口を入り振り返ったところ。

Dsc08753

 

  中門。1641~1645年建立の重要文化財。

  御室桜は遅咲きなので市中の桜が終わりかけの時に満開となります。

  この日は満開でした。

Dsc08754

 

  中門を入ってすぐ左手に御室桜。

  背が低いのも特徴です。

Dsc08755

  撮影 2015/04/09

|

« 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(3) - 嵐電嵐山駅から仁和寺へ | トップページ | 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(5) - 仁和寺にて(2)御室桜と五重塔 »

観光地」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(4) - 仁和寺にて(1)二王門、勅使門、中門:

« 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(3) - 嵐電嵐山駅から仁和寺へ | トップページ | 京都 仁和寺の御室桜(おむろざくら)を観に行く(5) - 仁和寺にて(2)御室桜と五重塔 »