« 淀城跡(京都市伏見区)を訪れる(2) - 本丸と天守台 | トップページ | 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(1) - 東福寺駅から日下門へ »

2015年6月 7日 (日)

淀城跡(京都市伏見区)を訪れる(3) - お堀と天守台、そして淀水車

 

 

  競馬ファンにとって淀と言えば京都競馬場ですが、新しく高架駅に生まれ変わった淀駅は旧駅から北に移動させ競馬場への利便が計られて建設されたと想像できます。

上下に二本の待避線も設けられ混雑時には格段に乗客の移動がスムーズになっているであろうと思われます。

 

  さて、淀城跡もやっと保存への取り組みが行われるようになり、天守台の内部の石垣の組み直しがそれを物語っています。

ただ城跡公園はかなり荒れた様子で、公園としても以前のように機能していないように感じられました。

本丸内を散策した後、堀を西から南へと回り堀と本丸の石垣を見てみました。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

  本丸の左上の櫓台の横から西の丸部分に出ました。

  二の丸は住宅地となっています。

Yodotyo

 

  本丸西側の堀の南方向を望んで。

  水車の模型が幾つも見られますが、淀川に大きな水車を設置して城内に水を引き入れていたことにちなんでいます。

Dsc09377

 

  これを淀水車と言うそうです。

Dsc09376

 

  マーカーで囲まれているのが本丸。

  淀川の二つの水車にもマーカーで線が引かれています。

Dsc09375

 

  再び本丸西側の堀の南方向。

Dsc09379

 

  淀城跡公園を西側に出ると道路で、民家などが堀との間を遮り(さえぎり)ます。

  やっと本丸南西隅の石垣が視界に入たところ。

  西側の堀と南側の堀。

Dsc09385

 

  右に振ると本丸南東隅の天守台の石垣が見えます。

Dsc09390

 

  背の高い金網があるので手を伸ばしてその上から撮った天守台の石垣。

Dsc09397

 

  Wikipediaから拝借した天守台の内部の写真。

1024px

 

  本丸南側の堀。

  西方向を望んで。

Dsc09400

 

  京阪電車の高架の下から天守台。

Dsc09407

 

  新しい自転車置き場と右奥にある廃墟となった旧自転車置き場。奥が稲葉神社。

  碑には「東南 淀川渡場径」?などとあります。

Dsc09408

 

  淀駅駅舎。

Dsc09411

 

  淀駅にて。

  大阪の淀屋橋行き準急。

Dsc09415

 

  京都駅奈良線ホーム。

Dsc09421

 

  同じく奈良線「みやこ路快速」221系。

Dsc09423

  撮影 2015/06/02

|

« 淀城跡(京都市伏見区)を訪れる(2) - 本丸と天守台 | トップページ | 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(1) - 東福寺駅から日下門へ »

お城」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154291/61701996

この記事へのトラックバック一覧です: 淀城跡(京都市伏見区)を訪れる(3) - お堀と天守台、そして淀水車:

« 淀城跡(京都市伏見区)を訪れる(2) - 本丸と天守台 | トップページ | 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(1) - 東福寺駅から日下門へ »