« 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(3) - 拝観区域の通天橋、開山堂(1) | トップページ | 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(5) - 方丈庭園 »

2015年6月16日 (火)

季節外れの東福寺(京都)を訪れる(4) - 拝観区域の通天橋、開山堂(2)から堰月橋へ

 

  通天橋を渡ると渓谷の北側にある常楽庵開山堂に至ります。

この区域には客殿(普門院)などとともに庭園があり、やはりここでも休息して庭を眺める人が多数。

建物は何れも重文指定されている文化財です。

 

  北に向いた回廊を上がるとこちらに。

Dsc09557

 

  常楽庵開山堂。

Dsc09544

 

  西側の客殿(普門院)側は庭が枯山水。

Dsc09548

 

  振り返って。

Dsc09551

Dsc09549

 

  右に振ると客殿(普門院)。

Dsc09554

 

  再び回廊から通天橋を経て外に出ます。

Dsc09558

 

  こちらが庫裏(くり)。

  方丈の拝観受付があります。

Dsc09517

 

  方丈南庭の唐門を外から。

Dsc09563

 

  庫裏の右側に回り込み堰月橋(えんげつきょう)を見に行きます。

Dsc09565

 

  この奥を左へ曲がると堰月橋があります。

Dsc09619

 

  堰月橋。重文。1603年の再建。

Dsc09620

Dsc09623

Dsc09626

 

  堰月橋の向こう側には龍吟院、即宗院の二院がありますが何れも拝観不可。

Dsc09630

 

  塔頭の一つである龍吟庵の方丈は国宝ですが見ることはできません(11月に一般公開)。

Dsc09631

 

  即宗院。

Dsc09637

 

  北側から堰月橋(えんげつきょう)。

  戻って方丈の庭園を拝観します。

Dsc09635

  撮影 2015/06/10

|

« 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(3) - 拝観区域の通天橋、開山堂(1) | トップページ | 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(5) - 方丈庭園 »

神社仏閣」カテゴリの記事

京都、奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(4) - 拝観区域の通天橋、開山堂(2)から堰月橋へ:

« 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(3) - 拝観区域の通天橋、開山堂(1) | トップページ | 季節外れの東福寺(京都)を訪れる(5) - 方丈庭園 »