« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(60)2013年3月 - 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の五重塔(3) | トップページ | 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(2) - 明通寺(1)山門と金剛力士像 »

2015年7月12日 (日)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(1) - 若狭姫神社から明通寺へ

 

 

  福井県は旧越前国と旧若狭国から成っています。

越前を嶺北、若狭を嶺南と呼ぶこともあります。

その若狭の中心都市が小浜市で、古代から国府のあった場所と言われ、後の江戸時代には小浜城を政庁とした小浜藩が若狭一国を統治しました。

そして小浜市には文化財の豊富な社寺が多く、これらを巡るためにレンタサイクルが整備されています。

今回はそのレンタサイクルを利用して東小浜駅から国宝の三重塔がある明通寺を目指しました。

ちなみに明通寺をレンタサイクルで訪れる場合は電動アシスト自転車を強くお薦めします。

微妙に上り坂があり、しかも駅からは30分ほど、人によっては30分以上かかることもある距離にあり、google地図で調べてみたところ距離にして約5kmほどもあります。

それだけに明通寺を訪れるのみで約2時間は見積もっておかなければなりません。

 

  敦賀駅にて。

  敦賀駅から小浜線東舞鶴行きに乗車します。

  ワンマン運転の125系2両編成。

Dsc09722

 

  約1時間で東小浜駅に到着。

Dsc09728

 

  レンタサイクルは駅員さんに申し込みます。

  次は小浜駅です。

Dsc09730

 

  東小浜駅。

Dsc09732

 

  駅前通り。真っ直ぐ行くと国道27号線との交差点に出ます。

  明通寺へは国道を行くのが最も分かりやすいのですがかなり危ない。

  そこで駅員さんが教えてくれた裏道を行くことに。

  国道との交差点をさらに南へ過ぎて左折する道を選びます。

Dsc09840

 

  ところがその道路を行き過ぎたのか神社の前に。

  若狭一宮の若狭姫神社でした。駅からは500m。

  若狭姫神社をさらに1.5Km南に行くと若狭彦神社があります。

  前者が下社、後者が上社で総称としては若狭彦神社。

 

  若狭彦神社の祭神は火遠理命(ほおりのみこと)で「海幸山幸(うみさちやまさち)」神話に登場する山幸彦(やまさちひこ)で知られています。

  若狭姫神社の祭神は豊玉姫神(トヨタマヒメ)で「海幸山幸(うみさちやまさち)」の女神で火遠理命(ほおりのみこと)と結婚します。

  「海幸山幸(うみさちやまさち)」神話は【記紀】にある神話の一つで浦島太郎のもとともなっています。

Dsc09738

Dsc09740

Dsc09746

 

  若狭は古来京、奈良とのつながりが深い。

Dsc09748

Dsc09750

 

  国道の一本南の道路が裏道。

  国道と比べれば安全度が高い。

  若狭姫神社の前の道、遠敷(おにゅう)小学校の北を東に行くと若狭姫神社の鳥居がありそこを右へ行くと国道を避けられます。

 

  鳥居を振り返って。

  写真では左へ、若狭姫神社からは右へ道をとります。

  ただし私はここで迷い、往きは国道を行くことにしました。

Dsc09755

 

  国道を行くと東市場(といちば)の交差点。

  ここを南に右折。

  あとは道なりに行くと明通寺門前に行くことができます。

  ファミリーマートが目印。

Dsc09756

 

  裏道をとると東市場の交差点の南にでて、これも右折。

  後は道成りが基本。

  距離は結構あります。

  しかも微妙に上り坂なので電動アシスト自転車は必須と思います。

  撮影 2015/07/11

|

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(60)2013年3月 - 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の五重塔(3) | トップページ | 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(2) - 明通寺(1)山門と金剛力士像 »

北陸地方」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(1) - 若狭姫神社から明通寺へ:

« 【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(60)2013年3月 - 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の五重塔(3) | トップページ | 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(2) - 明通寺(1)山門と金剛力士像 »