« 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(1)小浜駅から城跡、小浜神社へ | トップページ | 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(5) - 小浜城跡(3)本丸を半周 »

2015年7月18日 (土)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(2)小浜神社と天守台

 

  小浜藩は京極高次が関ヶ原の戦功で若狭一国を与えられ後瀬山城(のちせやまじょう)を居城としたことに始まります。

しかし、後瀬山城(のちせやまじょう)は山城で屋敷地も手狭という理由で高次は新しく北川と南川の中州に築城を始め(1601年)、小浜城は京極家2代の後に入部した酒井忠勝が築城を引き継ぎ寛永19年(1641年)に完成しました。

酒井忠勝は幕府の要職である老中・大老を務めた初期江戸幕府の重鎮ともいうべき大名で、酒井家は明治まで14代にわたり若狭国を治めました(正確には若狭一国ではない)。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Obamatyo

 

  南川に架かる大手橋を北に渡り、道路から西に坂を下ると小浜城本丸の南東隅の櫓台石垣の下に至ります。

Dsc09879

 

  そこから北に行くと小浜神社の前に。

Dsc09885

 

  小浜神社社殿。

  祭神は酒井家の藩祖である酒井忠勝。

Dsc09891

 

  絵馬殿。

Dsc09894

 

  絵馬殿の左奥に天守台があります。

  本丸の南西隅にあたります。

Dsc09895

 

  寛永12年(1635年)に三重三階の天守が完成し、この天守は明治時代まで存続しました。

Dsc09896

Dsc09899

Dsc09900

 

  天守台。

Dsc09901_2

 

  天守台の上。

Dsc09903

Dsc09904

Dsc09906

 

  本丸の西側石垣。

  北方向を望んで。

Dsc09908

 

  Wikipediaから写真を拝借。

  本丸西側の石垣。右端一段と高い石垣が天守台。

Obamacastle

  撮影 2015/07/11

|

« 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(1)小浜駅から城跡、小浜神社へ | トップページ | 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(5) - 小浜城跡(3)本丸を半周 »

北陸地方」カテゴリの記事

お城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(2)小浜神社と天守台:

« 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(1)小浜駅から城跡、小浜神社へ | トップページ | 明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(5) - 小浜城跡(3)本丸を半周 »