« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(62)1999年2月 - 志度寺(しどじ/しどうじ 香川県さぬき市)の五重塔

 

  志度寺(しどじ/しどうじ)は四国香川県さぬき市にある四国八十八箇所霊場の第八十六番札所の寺院です。

志度町など5町が合併しさぬき市が発足したのは2002年なので私が訪れた当時はまだ志度町の志度寺。

JR志度駅に朝早く到着して志度寺には8時過ぎごろに訪れたと記憶しています。

五重塔自体は戦後の70年代の建築でまだ新しいものです。

 

  JR志度駅1999年当時。

Img660

 

  琴電志度駅1999年当時。

  駅舎は同じですが現在はきれいに塗装されているようです。

  琴電志度線の終着駅。

Img662

 

  山門(仁王門)。

  1670年(寛文10年)頃の建立で重要文化財。

Img610

Img611

 

  大わらじは奉納されたもの。

Img612

 

  琰魔堂と五重塔。

  五重塔は1973年に着工され1975年に落成しました。

Img617

 

  琰魔堂。

Img618

 

  本堂。

  1670年(寛文10年)建立で重要文化財。

Img621_2

Img622

Img663

Img625

 

  屋島駅あたりの踏切にて1999年当時の琴電志度行き。

Img665

  撮影 1999/02/25

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(61)2014年11月 - 安楽寺(長野県上田市)の八角三重塔

 

 

  安楽寺の国宝八角三重塔は長野県上田市の別所温泉にあります。

上田駅から上田電鉄別所線に乗ること約30分で終着駅の別所温泉駅に到着します。

駅から安楽寺門前までは徒歩で15分ほど。

別所線沿線の文化財散策は上田周辺の複数の観光地の中でひとつの楽しみ方とも言えます。

 

  別所温泉駅。

Dsc05988

 

  上田駅からは30分足らず。

Dsc06097

 

  階段を上がってアーチのある左右の道路のうち右側の道路を行きます。

Dsc05986

 

  道なりに行くと街並みの中、左手に北向観音への階段がある反対側を右手に行くとこの黒門があります。

Dsc06000

 

  川沿いに行くと門前に。

Dsc06004

 

  門前。

  駐車場が左手にあります。

  石段を上ると山門、左のスロープを行くと山門の内側へ。

Dsc06007

Dsc06063

 

  山門をくぐると正面に本堂があります。

  本尊は釈迦如来。

Dsc06020

 

  本堂の左手に八角三重塔の拝観入り口があります。

  拝観料は大人300円。

Dsc06023

 

  八角三重塔は小高いところにあります。

Dsc06054

 

  国宝八角三重塔は1290年代の建築とされています。

  禅宗様の建築。

Dsc06032

Dsc06046

Dsc06036

 

  石段を下り後にしました。

Dsc06051

  撮影 2014/11/09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

東小浜駅(福井県小浜市)にて 2015年7月 - 125系電車の到着

 

  東小浜駅から明通寺(みょうつうじ)を訪れた後小浜駅に向かう際の東小浜駅。

敦賀発東舞鶴行き普通125系電車の到着。

Dsc09846

Dsc09858

 

  小浜線では基本2両編成ですが125系は1両単行運転が可能な両運転台仕様。

Dsc09868

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(5) - 小浜城跡(3)本丸を半周

 

  小浜城本丸の西側に石垣と石垣に挟まれた狭い通路があります。

ここを西側の外に出て南側を半周してみました。

しかし周囲は住宅地と化していて石垣も時折顔を覗かせますが芳しいものではありませんでした。

結局もとの南東隅の櫓台石垣の下に戻ることに。

その後北側に行き多田川の河畔に出て北側の櫓台を見て引き返しました。

 

  この後、初代小浜藩主京極高次の室であるお初(常高院 浅井三姉妹の次女)の菩提寺である常高寺などを巡るつもりでした。

しかし暑さにやられ常高寺門前まで行きましたが体調を考えこれまでと駅に引き返しました。

帰途は小浜発16時過ぎの敦賀行き。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Obamatyo

 

  天守台から見下ろした本丸西側の石垣。

Dsc09908

 

  天守台から下ります、

Dsc09911

 

  手前の石垣は小天守跡とありました。

Dsc09914

 

  本丸内から見る天守台。

Dsc09916

 

  石垣と石垣に挟まれた細い通路。

Dsc09919

 

  外から。

  小浜神社社殿の背後にあたります。

Dsc09921

 

  外から見た天守台石垣。

Dsc09924

 

  通路北側の石垣。

Dsc09926

 

  同じく西に面した石垣。

Dsc09929

 

  下はWikipediaから拝借した写真。

  こちらに回れば良かったですね。

Obamacastle

 

  住宅の間から見える天守台の石垣。

  ここから南側に半周してみましたが住宅地で石垣がほぼ見えません。

Dsc09931

 

  ぐるっと南側を半周して元の南東隅の櫓台に戻ってきました。

Dsc09934_3

 

  再び北に歩いて小浜神社の前を通り過ぎ北東隅の櫓台へ。

  階段状になっているのは後世の改変だろうと言われています。

Dsc09936

 

  北東隅の櫓台を川沿いから。

  すぐ北側は川が流れています。

Dsc09938_2

 

  川沿いに西へ。

  本丸北側の櫓台石垣。

Dsc09940

 

  城址は北川と南川に挟まれていたと書きましたが現在は北川と城址の間に多田川が流れています。

  これは多田川。

  北側に平行して北川が流れています。

Dsc09943

 

  常高寺までは行きましたが不完全なので割愛。

  その後小浜駅に戻ってきました。

Dsc09960

 

  小浜駅にて。16時過ぎの電車で敦賀に向かいました。

  写真は東小浜駅から着いたばかりの東舞鶴行き125系電車。

Dsc09870

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(2)小浜神社と天守台

 

  小浜藩は京極高次が関ヶ原の戦功で若狭一国を与えられ後瀬山城(のちせやまじょう)を居城としたことに始まります。

しかし、後瀬山城(のちせやまじょう)は山城で屋敷地も手狭という理由で高次は新しく北川と南川の中州に築城を始め(1601年)、小浜城は京極家2代の後に入部した酒井忠勝が築城を引き継ぎ寛永19年(1641年)に完成しました。

酒井忠勝は幕府の要職である老中・大老を務めた初期江戸幕府の重鎮ともいうべき大名で、酒井家は明治まで14代にわたり若狭国を治めました(正確には若狭一国ではない)。

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Obamatyo

 

  南川に架かる大手橋を北に渡り、道路から西に坂を下ると小浜城本丸の南東隅の櫓台石垣の下に至ります。

Dsc09879

 

  そこから北に行くと小浜神社の前に。

Dsc09885

 

  小浜神社社殿。

  祭神は酒井家の藩祖である酒井忠勝。

Dsc09891

 

  絵馬殿。

Dsc09894

 

  絵馬殿の左奥に天守台があります。

  本丸の南西隅にあたります。

Dsc09895

 

  寛永12年(1635年)に三重三階の天守が完成し、この天守は明治時代まで存続しました。

Dsc09896

Dsc09899

Dsc09900

 

  天守台。

Dsc09901_2

 

  天守台の上。

Dsc09903

Dsc09904

Dsc09906

 

  本丸の西側石垣。

  北方向を望んで。

Dsc09908

 

  Wikipediaから写真を拝借。

  本丸西側の石垣。右端一段と高い石垣が天守台。

Obamacastle

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(4) - 小浜城跡(1)小浜駅から城跡、小浜神社へ

 

  明通寺(みょうつうじ)を訪れるために東小浜駅で下車したのが12時前、それから2時間後の14時過ぎの電車で小浜駅に向かいました。

小浜駅横の観光案内所にレンタサイクルがあります。

観光案内所での取り扱いが4時半までという事で2時間300円でレンタサイクルを借りることに。

私の当初の心積もりでは小浜城跡のみではなく小浜藩最初の藩主京極高次の夫人であるお初の方(常高院 浅井三姉妹の次女)の墓所である常高寺をも訪れるつもりでした。

しかし門前まで訪れることはできましたが熱中症の症状と思われる状態になったため墓所は訪れることなくここで断念して引き返しました。

 

  東小浜駅にて。

  東舞鶴行き125系電車の到着。

Dsc09867

 

  小浜駅にて。

Dsc09872

 

  小浜駅。

Dsc09961

 

  右が北の地図。

Dsc09888

 

  駅前通りを真っ直ぐ行くと南川の畔に出ます。

  小浜城は北川と南川に挟まれた中州にあります。

  木々の茂みが小浜神社(本丸跡)。

Dsc09873

 

  南川河口方向。

Dsc09875

 

  南川上流方向と大手橋。

Dsc09877

 

  いつもの「余湖くんのお城のページ」からの引用図。

Obamatyo

 

  大手橋を北側に渡り道路から西側に坂を下ると本丸南東隅の櫓台の石垣下に至ります。

  ここに自転車を置いて周囲を散策。

Dsc09878

 

  北側に行くと小浜神社正面。

Dsc09880

 

  神社内(本丸内)に入る車用通路。

Dsc09882

 

  小浜神社。

  祭神は京極家2代の後に小浜藩主となった酒井家藩祖酒井忠勝。

  以後酒井家が明治まで小浜藩を治めました。

Dsc09884

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

敦賀駅にて(福井県敦賀市) 2015年7月 - 521系車両

 

  北陸本線敦賀駅(福井県敦賀市)にて。

先頭車両が225系に準じたデザインの521系3次車。

一瞬新車両かと勘違いしましたが車両ナンバーを見ると521系。

先頭車両に転落防止幌の台座が装着されています。

Dsc09700

 

  後部から。

Dsc09702

 

  こちらが3次車以前の521系。

  こちらにも転落防止幌の台座が装着されています。

Dsc09703

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(3) - 明通寺(2)明通寺本堂と三重塔

 

  若狭地方が古くから京、奈良と関係が深かったのは若狭が畿内の日本海側の外港として機能していたことと、若狭に東大寺領の荘園が存在したことなどが関係しています。

東大寺のお水取りはその荘園に由来する祭であるそうです。

また小浜(遠敷郡(おにゅうぐん))には国府があったと推定されており、国分寺が現在も存在します。

 

  その中で明通寺は9世紀に創建された古刹で、私事から言えば国宝の三重塔が長い間の関心事でした。

やっと念願が叶い訪れることができましたがとにかく駅からは遠い。

レンタサイクルの電動アシスト自転車を利用してもたっぷり2時間は必要でしたが、もうこの機会を逃せば後悔すると他の見どころは一切念頭に置かず訪れました。

 

  拝観入口を入ると本堂が望めます。

Dsc09784

 

  本堂横から。

  こうしてみると山深いですね。

Dsc09813

Dsc09815_2

 

  国宝の本堂。

  正嘉2年(1258年)上棟、文永2年(1265年)落成だそうです。

Dsc09794

Dsc09798

 

  本堂の中に入りお坊さんによる寺の沿革、建築物、諸仏、諸像の説明を拝聴しました。

Dsc09788

 

  最後にお坊さんにお願いし許可を得て本尊等は写さないように本堂内を撮影。

Dsc09785

 

  三重塔の前にある社。

Dsc09801

 

  国宝三重塔。文永7年(1270年)。

Dsc09799

 

  三重塔の前から本堂を見下ろして。

Dsc09804

Dsc09806

Dsc09811

 

  拝観入口下の門から客殿の庭園に入り不動明王を拝顔します。

Dsc09824

Dsc09825

 

  振り返って客殿前中庭。右が客殿。

Dsc09830

 

  北側の門から外に出ます。

Dsc09831

 

  門脇には樹齢500年と言われるかやの木。

Dsc09833

 

  門前から松永川に沿って駅に戻ります。

Dsc09835

 

  東小浜駅の駅前通り。

  帰りは国道の東市場(といちば)交差点手前で裏道に入り安全に帰ることができました。

Dsc09839

  撮影 2015/07/11

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(2) - 明通寺(1)山門と金剛力士像

 

  明通寺(みょうつうじ)は坂上田村麻呂の創建(大同元年(806年))とされ現在は真言宗御室派の寺院。

本堂と三重塔が国宝。

また木造薬師如来坐像、木造降三世明王立像、木造深沙大将立像、木造不動明王立像が重文指定で何れも公開されており間近で拝見することができます。

 

  さて往きは危険な国道を走り東市場(といちば)の交差点を南に右折しました。

  目印は交差点の標識、もしくは広い駐車場を備えたコンビニ。

  東市場の交差点手前にて。

Dsc09757

 

  東市場の交差点から南に右折し県道23号線を道なりに行くこと2Km弱で松永川を反対側に渡ります。

  ここから門前まではさらに約1.5Km。

Dsc09759

 

  「明通寺駐車場はこちらと」いう大きな看板が見えてきました。

  県道はここで左に折れてさらに南へ。

Dsc09761

 

  右側の側道を直進します。

Dsc09763

 

  最後に坂を登ると狭いながらも駐車場スペースがあります。

  門前から振り返って。

Dsc09766

 

  上を見上げると明通寺山門。

Dsc09767

 

  山門は明和9年(1772年)(江戸時代)の再建。

Dsc09773

 

  そして金剛力士像はいずれも文永元年(1264年)(鎌倉時代)の造立。

Dsc09774

Dsc09777

 

  山門を入ると左手に鐘楼。

Dsc09780

 

  右手、門越しに客殿を見ながら拝観受付へ。

  拝観料は大人400円、中高生大学生360円、小人、小学生200円。

  本堂ではお坊さんによる明通寺の沿革や建築物、仏像等の解説を拝聴しました。

  客は私と男性の二人のみでした。

Dsc09822

 

  受付を入るとすぐに本堂が見えます。

Dsc09783

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

明通寺(みょうつうじ)、小浜城跡(福井県小浜市)を訪れる(1) - 若狭姫神社から明通寺へ

 

 

  福井県は旧越前国と旧若狭国から成っています。

越前を嶺北、若狭を嶺南と呼ぶこともあります。

その若狭の中心都市が小浜市で、古代から国府のあった場所と言われ、後の江戸時代には小浜城を政庁とした小浜藩が若狭一国を統治しました。

そして小浜市には文化財の豊富な社寺が多く、これらを巡るためにレンタサイクルが整備されています。

今回はそのレンタサイクルを利用して東小浜駅から国宝の三重塔がある明通寺を目指しました。

ちなみに明通寺をレンタサイクルで訪れる場合は電動アシスト自転車を強くお薦めします。

微妙に上り坂があり、しかも駅からは30分ほど、人によっては30分以上かかることもある距離にあり、google地図で調べてみたところ距離にして約5kmほどもあります。

それだけに明通寺を訪れるのみで約2時間は見積もっておかなければなりません。

 

  敦賀駅にて。

  敦賀駅から小浜線東舞鶴行きに乗車します。

  ワンマン運転の125系2両編成。

Dsc09722

 

  約1時間で東小浜駅に到着。

Dsc09728

 

  レンタサイクルは駅員さんに申し込みます。

  次は小浜駅です。

Dsc09730

 

  東小浜駅。

Dsc09732

 

  駅前通り。真っ直ぐ行くと国道27号線との交差点に出ます。

  明通寺へは国道を行くのが最も分かりやすいのですがかなり危ない。

  そこで駅員さんが教えてくれた裏道を行くことに。

  国道との交差点をさらに南へ過ぎて左折する道を選びます。

Dsc09840

 

  ところがその道路を行き過ぎたのか神社の前に。

  若狭一宮の若狭姫神社でした。駅からは500m。

  若狭姫神社をさらに1.5Km南に行くと若狭彦神社があります。

  前者が下社、後者が上社で総称としては若狭彦神社。

 

  若狭彦神社の祭神は火遠理命(ほおりのみこと)で「海幸山幸(うみさちやまさち)」神話に登場する山幸彦(やまさちひこ)で知られています。

  若狭姫神社の祭神は豊玉姫神(トヨタマヒメ)で「海幸山幸(うみさちやまさち)」の女神で火遠理命(ほおりのみこと)と結婚します。

  「海幸山幸(うみさちやまさち)」神話は【記紀】にある神話の一つで浦島太郎のもとともなっています。

Dsc09738

Dsc09740

Dsc09746

 

  若狭は古来京、奈良とのつながりが深い。

Dsc09748

Dsc09750

 

  国道の一本南の道路が裏道。

  国道と比べれば安全度が高い。

  若狭姫神社の前の道、遠敷(おにゅう)小学校の北を東に行くと若狭姫神社の鳥居がありそこを右へ行くと国道を避けられます。

 

  鳥居を振り返って。

  写真では左へ、若狭姫神社からは右へ道をとります。

  ただし私はここで迷い、往きは国道を行くことにしました。

Dsc09755

 

  国道を行くと東市場(といちば)の交差点。

  ここを南に右折。

  あとは道なりに行くと明通寺門前に行くことができます。

  ファミリーマートが目印。

Dsc09756

 

  裏道をとると東市場の交差点の南にでて、これも右折。

  後は道成りが基本。

  距離は結構あります。

  しかも微妙に上り坂なので電動アシスト自転車は必須と思います。

  撮影 2015/07/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(60)2013年3月 - 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の五重塔(3)

 

  法隆寺西院伽藍の五重塔は境内の各所から望むことができます。

そんな法隆寺五重塔の幾つか。

 

  五重塔のある西院伽藍から北東の方向に大宝蔵院(百済観音堂)があります。

  百済観音を中心に寺宝が集められています。

Dsc06992

Dsc06991

 

  大宝蔵院前からの五重塔。

Dsc06993

 

  中門と五重塔。

Dsc07040

 

  東へ歩いて行きます。

Dsc07039

 

  国宝東大門。

Dsc06997

 

  東大門から東院伽藍の方向。

Dsc07003

 

  東院伽藍の門前から北の方向。

  徒歩10数分で法輪寺に至ります。

Dsc07010

 

  東院伽藍の国宝夢殿。

Dsc07016

 

  西の西大門手前の坂を上がると西円堂があります。

Dsc07063

 

  西円堂も国宝。

Dsc07054

 

  西円堂前からの五重塔。

Dsc07057

  撮影 2013/03/03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(59)2013年3月 - 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の五重塔(2)西院伽藍の五重塔

 

  法隆寺は三カ所の見どころを中心に成り立っています。

五重塔や金堂を中心とした西院伽藍、夢殿を中心とした東院伽藍、そして百済観音を中心として寺宝を公開している大宝蔵院の三カ所です。

その他にも南大門、東大門、西円堂など多くの国宝、重文の建築物等が両伽藍の周辺にあり、いずれも見逃すことができません。

ちなみに拝観料金は上記の三カ所(西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通)で一般1500円、小学生750円(2015年現在)です。

 

  法隆寺伽藍配置図。

Dsc06932

 

  伽藍の南西部分から入ります。

Dsc07045

 

  入ると右手に金堂、左に五重塔の配置。

  寺院の写真の場合、ほぼ建築物だけの紹介になりますがこれはやむを得ません。

Dsc06941

 

  伽藍南側の中門。国宝。

Dsc06945

 

  中門越しに南大門。

Dsc06946

 

  五重塔は木造五重塔としては世界最古。

  以下西院伽藍の金堂、五重塔、中門、大講堂、回廊などは国宝。

Dsc06947

 

  金堂。

  金堂壁画は1949年に焼失。

  火災のあった1月26日は文化財防火デー。

Dsc06949

Dsc06953

 

  中門の反対側にある大講堂。

Dsc06956

Dsc06958

Dsc06960

  撮影 2013/03/03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(58)2013年3月 - 法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の五重塔(1)

 

  法隆寺はご存知の通り飛鳥時代に創建された古代寺院です。

それだけに国宝等の文化財の宝庫であり、それらを現在まで伝えてくれた先人には感謝するしかありません。

もうすでに2013年に記事にしてありますので今回はそれをなぞる形になります。

 

  公共交通機関の利用では奈良からのバスで直接法隆寺に至る方法とJR法隆寺駅からバスで門前に至る方法があります。

徒歩ですとJR法隆寺駅から20分ぐらい。

奈良交通 「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」

法隆寺駅バス停時刻表。2015年06月22日改正時刻

法隆寺門前バス停時刻表。

 

  法隆寺門前。

Dsc06919

 

  南大門。国宝。

  室町時代(1438年)。

Dsc06925

Dsc06926

 

  南大門から中門と五重塔。

Dsc06927

 

  南大門内側から外側。

Dsc06928

 

  西院伽藍の中門と五重塔。

Dsc06929

 

  ピンク色の部分が国宝。

  年代はまちまちです。

Dsc06932

 

  右手(東)には東大門。

  東大門は奈良時代の建築で国宝。

Dsc06933

 

  左手(西)には西大門。

Dsc06934

Dsc06939

 

  こちらが西院伽藍拝観入口。

Dsc07046

  撮影 2013/03/03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(57)2013年6月 - 法起寺(ほうきじ、ほっきじ 奈良県生駒郡斑鳩町)の三重塔

 

  法起寺は法輪寺の東に歩いて10分足らずの距離にあります。

日本最古の三重塔は法輪寺前からも見ることができます。

法隆寺、法輪寺、法起寺の三重塔は昔から斑鳩三塔と呼ばれていましたが1944年法輪寺の三重塔が落雷で焼失。

それでも1975年には法輪寺の三重塔が再建され再び斑鳩三塔が復活し現在に至っています。

ハイキングとしては手頃な距離で法隆寺も含めて古代の寺院風景を散策するのも良いでしょう。

JR法隆寺駅から法隆寺まではバスを利用すると便利です。

 

  法輪寺への途中の道路から見える法起寺の三重塔。

  705年ごろの完成とみられています。

Dsc07340

 

  2013年に訪れたのはもう夕方で暮れようとしている時刻でした。

Dsc07341

Dsc07344

 

  17時過ぎでもう門は閉じられていました。

Dsc07345

 

  1999年撮影の三重塔。

  下が切れてしまっていますが。

Img550

 

  北側に回り込んで。

Dsc07348

 

  東側の田圃の中から。

Dsc07350

 

  この後すぐに暗くなってしまいました。

  法隆寺駅には戻らず大和小泉駅に向かうも道に迷い散々な目に遭いました。

Dsc07355

  撮影 2013/03/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

【塔】 (五重塔、三重塔、多宝塔他)を巡る(56)1999年、2013年 - 法輪寺(ほうりんじ 奈良県生駒郡斑鳩町)の三重塔

 

  法輪寺は斑鳩町にある聖徳宗のお寺。

しかし、斑鳩にありながら三重塔が1975年の再建という理由から世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」には含まれていません。

惜しいことに7世紀ごろの建築とされていた三重塔は1944年に落雷により焼失してしまいました。

戦時中という事で避雷針が供出により無かったことが災いしました。

 

  私が初めて法輪寺を訪れた70年代初期には確かに三重塔は存在しませんでしたが、当時はそういう事情があったとは知りませんでした。

 

  法輪寺は法隆寺の夢殿、中宮寺前から北に徒歩で15分前後の距離にあります。

Img570

 

  文化財としては木造座像、立像を中心に12点が重要文化財に指定されています。

Dsc07327

Img565

Dsc07323

  撮影 1枚目と3枚目 1999/02/05
       2枚目と4枚目 2013/03/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »